2016年9月29日更新 295view

松岡凛、水泳への熱い思いを秘めながら苦悩する遙のライバルを徹底紹介!

テレビアニメ『Free!』の七瀬遙のライバルで水泳強豪校鮫柄学園に通う松岡凛。オーストラリア留学の挫折から亡き父の夢を果たすため修練を欠かさない天才名スイマー松岡凛の水泳にかける情熱とライバルの遙に対する熱い思いを紹介していきます。

松岡凛のプロフィール

Free 01

松岡凛は水泳の強豪校の鮫柄学園に通う高校二年生です。身長177㎝、体重68kg、小豆色の髪にギザギザとした歯並びが特徴で、水泳の得意種目はバタフライとフリースタイル。水泳時に気合注入のため水中ゴーグルのゴムを伸ばして鳴らす癖があります。

中学時代に水泳の勉強のためオーストラリア留学した経験があり、帰国後は鮫柄学園に進学しました。主人公の七瀬遙とは良きライバル関係です。

家族構成は母親と1歳年下の妹の江で、父親は凛が幼いころに海難事故に遭いなくなっています。鮫柄学園の寮に入寮したため母親や妹とは別居です。

小学生時代は遙達のスイミングクラブの仲間だった

Free 02

松岡凛は小学6年生の時に七瀬遙が通う岩鳶小学校に転校してきました。そして岩鳶スイミングクラブで遙達と再会しスイミングクラブ仲間となります。

オーストラリア留学が決まった時に水泳のリレーを通して遙達に「見たことのない景色」を見せ、水泳のフリースタイルにしか興味がなかった遙にリレースタイルの競技に興味を持たせた張本人です。小学校卒業後は水泳の勉強のため、遙達と別れオーストラリアに留学しています。

オーストラリアに水泳留学に行くも…

Free 03

松岡凛は中学の時に水泳の勉強のためオーストラリアに留学しています。留学先では文化の違いや英会話に苦戦しながらも、心優しいホームステイ先のラッセル夫婦の元ですごしていました。しかし水泳のトレーニングで周囲の選手との大きな実力差を思い知り、大きな壁に突き当たってしまいます。

『日本でちょっと速かったからって…こっちじゃ大した事ねえ』

父の夢を悲願の夢を果たすために水泳トレーニングを続けていた凛ですが、このことがプレッシャーとなり能力に限界を感じ苦悩していました。やがて好きだった水泳をやめようと考えるところまで追い詰められてしまいます。

凛は自分の伸び悩みの原因を小学校時代に費やしたリレーにあると決めつけやさぐれていきます。水泳のスランプ状態のまま帰国となり、日本で再会を果たした七瀬遙達にやさぐれた態度で接していました。

Free 08

しかし、かつて研鑽を重ねたライバルたちのおかげで立ち直った凛。Free!2期12話の回想シーンにて遙にオーストラリアで辛い時や悩んでいる時に海に見て、自分に勝利した相手の七瀬遙のこと思い出して自分を鼓舞していたことを語っています。

遙達と見た「景色」が忘れられない

Free 04

松岡凛はオーストラリア留学のために日本を離れる直前に、天才的な水泳のセンスと能力を持ちながらフリースタイル(自由形)にしか興味のなかった七瀬遙に対して

「見たことのない景色見せてやる!」

と言って岩鳶スイミングクラブの仲間で橘真琴、葉月渚と共に泳ぎ、遙にリレーに対する興味を持たせ誘っています。

帰国後の凛は以前の明朗な性格とは一変し、再会した遙に冷徹で挑発的な態度で接しています。水泳の県大会では、得意種目のバタフライでベストタイムを叩き出しているのにもかかわらず、遙との勝負を優先しフリースタイルでのエントリーしかしていませんでした。

しかし遙との勝負を通じて、「遙に勝ちたいのではなく、遙たちともう一度一緒に泳ぎたかった。」という本当の自分の気持ちを気づかされてます。このことにより凛は以前の明朗な性格を取り戻しました。

亡き父の夢のために泳ぐ松岡凛

Free 05

出典: jin115.com

松岡凛の父親は岩鳶スイミングクラブの第一期生でクラブ中ではかなりの実力をもっており、将来はオリンピックを志した選手でした。しかしオリンピック選手の夢を諦め漁師になります。その後、凛と江が子供のころに海難事故に遭い死亡しました。

松岡凛は父親の夢を自身が受け継ぎオリンピック選抜を目指すように。ところが、オーストラリア留学にて周囲の水泳選手とのあまりの実力差に愕然とし、とても大きな壁にぶつかりました。水泳のトレーニングでも自分の能力が伸び悩んでいることを感じ、日本へ帰国したのです。

Free 09

帰国後の凛は、遙達に対して挑戦的で不遜な態度をとり混乱させています。しかし、後に遙との水泳勝負を通して遙に勝ちたいのではなく、かつて一緒に泳いだ仲間ともう一度泳ぎたかったという自分の気持ちに気が付き、父親の夢の柵から解放されました。

父親の夢の後を追いかけることをやめ、改めてオリンピックを目指すことが自分の夢になったのです。

松岡凛は実は妹思い!

Free 06-1

出典: prcm.jp

松岡凛には母親とともに暮らす1歳年下のかわいい妹の江(ごう)がいます。小さいころは兄弟仲良く遊んでいたようですが、オーストラリア留学から帰国して以降、凛が水泳強豪校の鮫柄学園の学生寮に入寮したため、疎遠となり連絡も取っていなかったようです。

しかし妹に対する思いはとても強いようで、水泳合宿の時に偶然出会った江をわざわざ離れた宿まで送り届けたり、江にひそかな思いを寄せる鮫柄学園の御子柴清十郎・御子柴百太郎兄弟に対し

「人の妹を勝手に名前で呼ばんでもらえないっすかね?」

と脅しともとれる牽制をして妹を陰ながら保護しています。その過保護すぎる妹への対応にファンからは江専用セコムと称されています。離れて暮らしていても妹に対する思いは人一倍強いようです。

松岡凛の声優は宮野真守

宮野真守

松岡凛は宮野真守(みやの・まもる)が担当しています。埼玉県出身で1983年6月8日生まれ。身長は182cm、血液型はB型です。劇団ひまわりとキングアミューズメントクリエイティブに所属する声優、俳優、ナレーターです。

小学生時代から劇団員として活躍し、俳優として『3年B組金八先生』などのテレビドラマにも出演しています。2000年代から声優活動を開始し、『キングダムハーツ』のリク役で注目されました。

2007年からは歌手活動も開始し、2013年には男性声優初の武道館公演を成功させています。また、容姿端麗でイケメン声優と称されている反面、物まねや変顔をするなど親しみやすい一面も持ちあわせています。

代表作として、『DEATH NOTE』の夜神月(やがみ・らいと)役や『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』の一ノ瀬トキヤ役などイケメンキャラを多く演じています。

PAGE TOP

カテゴリー一覧