2016年10月10日更新 1,630view

ドミニク・クーパー、多くの名作に出演している人気俳優に迫る!

舞台役者として経歴を積み、近年ではメジャーな映画にも出演が多いイギリス人イケメン俳優ダニエル・クーパー。プロフィールから今まで出演作、恋人についてまで彼に関する情報を紹介します。

ドミニク・クーパーのプロフィール

ドミニク・クーパー

ドミニク・クーパーは1978年生まれ、イギリス出身の俳優です。保育士の母と競売人の父の間に生まれました。

クーパーの母親はかなりの演劇ファンだったようで、母方の祖父もまた、キネマトグラフ・ウィークリーという映画の業界紙を出版していたほどの映画好きでした。

二人の兄を持つ三人兄弟の末っ子ですが、ドミニク・クーパーが生まれる前に事故で亡くなってしまった姉がいます。また、異父兄弟となる姉と、父が再婚後に設けた弟にあたる存在がいます。

俳優への道は彼女の助言からだった

ドミニク・クーパー

ドミニク・クーパーはロンドンはキッドブルックにある高校に進学しますが、その後の進路については何も展望がなかったそうです。しかし当時付き合っていた彼女のアドバイスから、演劇学校に進むことを決意します。

そうしてロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アートに入学。演技を勉強したクーパーは、卒業間近に出演したサミュエル・ベケット作の舞台『ゴドーを待ちながら』を介してエージェントの目に留まり、芸能活動をスタートさせます。

2004年『The History Boys』に出演

ドミニク・クーパー

演劇学校卒業後、ドミニク・クーパーはテレビ番組や舞台の端役で経験を積んだ後、2004年に舞台『The History Boys』で大役を掴みます。

1980年代のイギリスの進学校を舞台に、8人の生徒と2人対照的な教師達の群像劇で、クーパーは初演から生徒の一人、デイキン役を好演。同作はは演劇賞としては最高であるローレンス・オリヴィエ賞をはじめとし、トニー賞最優秀作品賞など数々の賞を受賞し、2006年には映画化もされました。

映画版でもドミニク・クーパーは変わらずデイキンを演じています。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にも出演!

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

ドミニク・クーパーは、2011年公開の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にも出演しています。

アメリカの老舗コミック社、マーベルコミックのヒーローであるキャプテン・アメリカが主人公のこの作品で、ドミニク・クーパーが演じたのはアイアンマンの父親、ハワード・スタークです。

キャプテン・アメリカ誕生に関わった発明家の一人として、クーパーは若き日のハワード・スタークに扮しています。

実は『マンマ・ミーア』にも出ていた!

『マンマ・ミーア』

出典: www.uphe.com

パーカーは、2008年公開のミュージカル映画『マンマ・ミーア』にも出演していました。

『マンマ・ミーア』は、スウェーデンの伝説的ポップ・ミュージックグループABBAの楽曲を使用したイギリス発のミュージカル作品が原作です。ギリシャの小島を舞台に繰り広げられる母子の物語は、1999年にロンドンで初演されて以降、世界中で上演されているヒット作品です。

映画版でドミニク・クーパーは、主人公母子のうち娘の方であるソフィの婚約者、スカイ役を演じています。

ルース・ネッガとは今でもラブラブ!

ドミニク・クーパーとルース・ネッガ

クーパーは、女優のルース・ネッガと交際をしています。ネッガはエチオピア系アイルランド人で、2005年公開の『エイリアン パンデミック』や『プルートで朝食を』といった映画に出演している他、テレビドラマでも活躍しています。

ネッガの前にクーパーは、『マンマ・ミーア』での共演をきっかけに、女優のアマンダ・サイフリッドと交際していましたが2010年に破局し、以来ネッガのとの関係は続いているようです。二人の関係は順調のようで、2016年に公開し、二人が共演した映画『ウォークラフト』のプレミアでは共にレッドカーペットを歩く姿を披露しています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

次世代のハリウッド俳優まとめ

PAGE TOP

カテゴリー一覧