2016年10月20日更新 5,577view

斎藤工出演のオススメ映画6選

近年は目覚ましい躍進を遂げ、端正な顔立ちとその色気で女性を魅了する、”セクシー俳優”・斎藤工。ブレイク以前に出演していた作品、一風変わった役柄やコスプレを披露したものなど、斎藤工の魅力を堪能できるオススメ映画をご紹介します。

斎藤工のプロフィール

斎藤工

斎藤工は、1981年8月21日生まれの東京都出身、俳優・映画監督・映画評論家として活動しています。「ブルーベアハウス」に所属しており、身長は184cmと抜群のスタイルの持ち主で血液型はA型です。

高校生の頃からモデルとして活動し、“TAKUMI”という名前で雑誌『MEN’S NON-NO』で活躍。パリコレなどに参加したこともあるのです。2001年公開の映画『時の香り~リメンバーミー』で俳優デビューした後、『スキトモ』やドラマ『オトコマエ!』、『最上の命医』などで主演を務めました。

近年では、2017年に映画化される予定の人気ドラマ、『昼顔~午後3時の恋人たち~』で北野裕一郎役を演じ一躍有名に。現在は”セクシー俳優”と称され、2016年は9月から放送のドラマ『運命に、似た恋』に主演するほか、約10作の映画に出演する人気ぶりです。

1.盲目の三味線奏者と奉公人の男の純愛ドラマ【2008年】

iii_beta
谷崎潤一郎原作、何度も映画化されている作品。
かなり古い話なのでだらだらとするのかと思いきや、「マゾヒズムを超越した本質的な耽美主義を描く」というWikipediaの通りの世界で、どんどん話にのめり込んでしまった。

名作と言われ長い間親しまれているのにはやっぱり理由があるんやな。昔の作品も毛嫌いせずに触れて行きたいと思った。

奉公人の少女の序盤の棒読みはぐっと我慢して、ぜひ最後まで観てみてほしい!
でもエンディングテーマは蛇足でしかないので切っちゃっていいです…。

文豪・谷崎潤一郎の同名小説を、『愛の言霊』などの金田敬監督が映画化し現代に蘇らせた作品です。本作は過去に何回か映画化されている名作です。盲目の三味線奏者・春琴と、献身的に仕える丁稚・佐助の究極の純愛を描きました。

明治初期の大阪、三味線の師匠で薬種商の娘・春琴を観音様と崇め、弟子兼奉公人として献身的に仕えていた佐助。ある日、春琴の美貌を当てに名家の利太郎が弟子入りし口説くも、春琴は袖にしたあげく怪我をさせてしまいます。数日後、何者かに熱湯をかけられた春琴は、顔に大やけどをおってしまい・・・・・・。

作品を通して台詞は少ないですが、佐助の春琴へ向ける視線、唇に紅を差す手つき一つ一つが美しく繊細。自らを犠牲にして春琴を愛する男を演じた、美しく艶かしい斎藤工に注目です。

2.エレベーターに閉じ込められた男女4人のサスペンスコメディ【2009年】

iamyouare_jinch
監督の言う通り、何度も(最低2回は)見直してみるべき映画。展開が早くはないけど綺麗に3、4部に分かれているのでいちいち頭の中で整理し易いのも良かった。グロテスクなシーンをはっきり描いているのはやっぱ好感をもてる。生きている以上死ぬんやから、人生においての体への傷や死を疎かに描くのは自分的にナンセンスだと思ってるんだと改めて感じた映画でした。ナイスミステリー

シリーズ合計40万部を突破した、木下半太の「悪夢」シリーズ第1弾を基に、俳優・放送作家としても知られる堀部圭亮が映画化。エレベーターに閉じ込められた男女4人が、脱出方法を模索しながら思いもよらない事態に発展していく様を、ミステリアスかつコミカルに描きます。

産気づいた妻から連絡を受け、あるマンションから自宅へ向かっていた小川順は、エレベーターが急停止した際に気を失ってしまいます。目覚めると、自分以外にも3人の男女が閉じ込められており、外部との連絡は断たれた状態に。互いに不信感を募らせますが、扉の向こうではさらなる悪夢が待ちうけていて・・・・・・。

この4人の内、出産立ち会いに急ぐ小川順を斎藤工、元空き巣で出所したばかりのヤクザを内野聖陽。人の心が読める超能力者をモト冬樹、自殺を考えるゴスロリ少女を佐津川愛美が演じました。

3.ゲームの実写映画化ならではの演出と衣装に注目!【2012年】

m_s_n_R
三池監督作品なんでゲームの先入観無しで楽しめた映画です。内容はバッチリ逆転裁判のゲームのまま進みますが、とにかく配役と衣装が凄すぎる!!
まあ、特筆したものはないですが、

「異議あり!」シーンを見るだけでも必見かとw

te_po777
ゲームをやった事がない人はまず、ゲームをやるべし。
この映画はゲーム丸々一本詰め込んでます。
なので、少し省かれているとはいえ、展開が速いです。
何も分からない状態だと確実についていけない…。
逆裁ファンには嬉しい小ネタが盛り込まれてるので、ファン同士で見たら盛り上がりそう。

また、キャラの再現率が高くて、山野星雄のシーンは何回か巻き戻して観てしまいました笑

カプコンによる同名の人気ゲームを実写映画化。『十三人の刺客』などの三池崇史監督作品です。近未来の法廷を舞台に、熱血漢の新米弁護士が難事件に挑む姿を、ゲームの世界観そのままに再現しました。

20××年、日本政府は増え続ける悪質な犯罪に対応すべく、弁護士と検事の3日による直接対決で結審する“序審裁判”制度を導入。そんなある日、新米弁護士・成歩堂龍一の上司が、重要事件のヒントを残し殺害されてしまいます。容疑者の弁護を引き受けた成歩堂は、幼なじみの天才検事・御剣怜侍と法廷バトルを繰り広げますが・・・・・・。

主演は成宮寛貴、斎藤工は準主役である御剣怜侍を演じており、ゲームの実写化ならではの衣装が魅力的!貴族のようなベルベット調のジャケットや首元のクラバット、白髪姿は非常に貴重ですね。

4.ヒロインに一途な思いを寄せる振り切れた役を熱演【2012年】

Ai_Tsuyoshi
三池崇史監督。
最初ミュージカル、真ん中ケンカ、最後は愛。
斉藤工がサイコー。
岩清水弘の早乙女愛への思いが一番愛と誠だった。

梶原一騎原作、ながやす巧作画による漫画『愛と誠』を、昭和歌謡とミュージカル・シーンを取り入れ映画化した純愛物語。主演は妻夫木聡と武井咲が務め、斎藤工や加藤清史郎、市村正親らが共演しました。

舞台は1972年の新宿。良家の令嬢である早乙女愛は、幼い頃に危機を救われた少年・太賀誠と再会します。素行の悪い誠を更正させようと、後を追って不良の集まる花園実業高校に転入した愛。さらに愛を追ってきた石清水弘や高原由紀などの思いが交錯し、学校全体を巻き込む大乱闘へ発展していきます。

斎藤演じる石清水は、思いを寄せる愛をこっそりと見守る、眼鏡をかけた生真面目な優等生です。作中では異彩を放っており、「君のためなら死ねる!」や「眼鏡は体の一部だ!」というイタイ名台詞も。斎藤が低く響く良い声で歌う、名曲『空に太陽がある限り』の歌唱シーンにも注目です。

5.学生運動が盛んだった時代に生きた若者たちの恋愛模様【2016年】

mataro_mince
日本中が時代に酔った昭和40年代。仙台の街で若さに退屈し焦燥感ばかりの響子。高校粉砕デモで憂晴らしの日常の中、年上のニヒルな青年と出会う。そこは名曲喫茶「無伴奏」ステーションシネマ6。彼の親友の視線を感じながらも初めての恋に酔いしれる。とある青春の埋葬。指の間より落つ砂のごとし。2016年4月5日 誰にでもある退屈な毎日の無駄のない台詞とそれを演じる俳優陣がとてもよかった。主演の成海璃子は大きな目に感情をうっすらと乗せて観るものを引き込む。親友役の斎藤工も凄まじく良い意味で怪優になってしまった。Dropsが演奏する主題歌「どこかへ」が映画を観終わった背中をそっと押してくれる。北の歌姫、中野ミホの声はギフトだから。長丁場だったけど観てよかった。映画「無伴奏」、成海璃子とカメラは「美しさ」を演じ、撮ったのでなく、主人公響子が持つ少女の頃だけ放つことのできる美しさを演じ、撮って見せてくれたというのに今気づいた。そんなことできるのかって考えたけどだってそうなんだもん。

主演に成海璃子、共演に池松壮亮と斎藤工らを迎え、直木賞作家・小池真理子による半自叙伝的恋愛小説を映画化した作品です。学生運動が盛んな1969年の仙台を舞台に、多感な女子高校生・野間響子が大恋愛を経験し、大人へと成長していく様をセクシャルに描き出しました。

音楽をリクエストできる喫茶店「無伴奏」を訪れた響子は、大学生の堂本渉とその仲間に出会います。2人は恋に落ちるのですが、渉には道ならぬ愛を育んでいる関祐之介という幼なじみの存在が。祐之介にもまた、高宮エマという恋人がいるため、関祐之介を演じた斎藤工は男性相手と女性相手の濡れ場に挑戦しました。

ドラマ『昼顔』での、禁断の愛に苦悩するセクシーな演技が好評だった斎藤。主演映画『スキトモ』を始め、ボーイズラブ作品への出演経験も多いため、今作の触れ場も雰囲気充分に演じています。

6.妄想好きなOLとテレパシー能力を持つ名家の長男によるラブコメディ【2016年】

EMCOM
期待していなかったからなのか、途中からオリジナル街道進んでいたからか、大変ほっこりいたしました。

みんなキャラクターがハマっていてすごく良い。

『ごくせん』、『デカワンコ』などの森本梢子による同名人気漫画を、綾瀬はるかと斎藤工の共演で映画化。妄想が趣味のOLと、人の心が読めるイケメンを軸にしたラブコメディが描かれます。

趣味と特技が”妄想”の地味系OL・平野木絵は、勤務先に転勤してきた名家・高台寺家の長男の光正と出会うことに。光正にはテレパシー能力があり、馬鹿馬鹿しく楽しい妄想を覗き見る内に、木絵に惹かれていきます。順調な交際を続ける2人でしたが、その前に”高台寺家”の存在が立ちはだかって・・・・・・。

斎藤工演じる光正は、祖母がイギリス人という設定なので、青のカラーコンタクトを付けた外国人風の姿が見られるのがポイント。胸キュン必至な木絵の妄想も全て実写化され、斎藤は王子様・探偵・騎馬兵など、10パターン以上のコスプレを披露しているのも見所の一つです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

俳優別おすすめ映画・ドラマ特集
日本のイケメン俳優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧