2016年10月19日更新 377view

大山真志、『真田丸』に出演する舞台・ミュージカル俳優が気になる!

数々のミュージカルや舞台において目覚ましい活躍をしている大山真志。現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』への出演により、さらなる飛躍が期待できそうです。大山真志の魅力と活躍ぶりに迫ります。

大山真志のプロフィールとデビューのきっかけ

大山真志

大山真志は1989年8月17日生まれ、東京都出身です。血液型はB型で星座はしし座。事務所はスペースクラフトに所属しています。趣味はゲームとシルバーアクセサリー集めで、水泳とスキーを得意としています。

たまたま知り合いからオーディションの応募用紙をもらったことがきっかけで、ミュージカルの世界を目指すようになります。2000年大山真志11歳のとき、小椋佳企画のジュニアミュージカル「アルゴミュージカル」の『あんず~心の扉を開けて~』の翔太役でデビューしました。

その後も「アルゴミュージカル」の数作品に出演し、2005年の『かぐやの浦島モモタロウ』では堂々と主人公を演じています。

「テニミュ」の千歳千里役で本格デビュー

テニスの王子様

2009年には、略して「テニミュ」で知られる人気ミュージカル『テニスの王子様』の千歳千里役で本格デビューを果たします。許斐剛の同名漫画をミュージカルとして舞台化した本作は2003年に初演され、2014年には観客動員数170万人を突破するなど、とりわけ女性の間で絶大なる人気を誇っています。

大山真志は2009年2月の「The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝」から 2010年5月の「Dream Live 7th」まで出演を続け、一躍人気と知名度をアップさせました。

舞台・ミュージカル俳優として目覚ましい活躍!

大山真志

2010年には『ソラオの世界』のソラオ役で主演するなど、その後たくさんのミュージカルに出演し目覚ましい活躍を続けます。これまで延べ100本を超える作品に出演しました。

2015年には三上真史と共に人気シリーズ『晦日明治座納め・る祭~あんまり歌うと攻められちゃうよ~』のW座長をつとめ好評を博しました。複数の人気俳優が集まって二部仕立ての芝居を演じるという年末の恒例公演です。

代表作のひとつが『弱虫ペダル』

弱虫ペダル

出典: sumabo.jp

自転車のロードレースに青春をかける高校生たちの姿を描いた渡辺航の人気漫画を原作とした舞台版に、大山真志は総北高校3年生のスプリンター・田所迅役で出演しました。

2012年の初演から2014年のインターハイ編まで登場。そのシュールな世界ともども、大山真志のユニークな存在感と圧巻の表現力が評判を呼びました。

大山真志とモンゴルの関係とは?

モンゴル

舞台での活躍の他、2011年9月にはTOKYO MXの旅番組『テリー伊藤の世界のタビセツ』に出演し、芝居やミュージカルのときとは一味違う新たな一面を披露しました。

実際にモンゴルに飛び、現地の人々と気軽に交流したり、モンゴル相撲にチャレンジしたりと社交的で好奇心旺盛な素顔を見せました。2016年には東名阪ネット6製作の旅番組『俺旅。』で、今度は香港を訪ねています。

大山真志の変顔が話題に!

大山真志は一部で「平成の変顔王子」と呼ばれているらしく、あちらこちらで変顔を披露しているようです。豊富な舞台経験で培った表現力にあわせてどうやらサービス精神旺盛さゆえ、というのがもっぱらの噂です。

写真集『志 –kokorozashi-』をリリース

志

2010年にはなんと初の単独写真集『志 –kokorozashi-』をリリースしています。見ての通りのイケメンで人気ミュージカルでの華やかな存在感からファンの要望も多かったのかもしれません。

この他にも『イケメン×コスプレビジュアルブックULTIMATE PLAYER』やグリーン軍団写真集『緑魂』など複数の写真誌に登場しているようです。

高畑裕太の代役でNHK大河ドラマ『真田丸』出演!

真田丸

戦国時代の名将・真田幸村の波乱の生涯を描き、現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』。大山真志は、大泉洋演じる真田信之と吉田羊演じる稲の間に生まれた次男・真田信政役で出演します。大坂の陣に出陣し、後に第2代松代藩主となる武将です。

この役はもともと高畑裕太が演じる予定でした。ところが例の事件が原因で降板し、大山真志が代役として抜擢されたという事情があります。

果たして時代劇ではどんな演技をみせてくれるのか楽しみです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

日本のイケメン俳優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧