2016年11月9日更新 2,438view

ドラマ『君に捧げるエンブレム』あらすじ・キャスト【櫻井翔主演】

2017年1月に放送される櫻井翔主演のドラマ『君に捧げるエンブレム』は車椅子バスケットボールで活躍する実在人物の活躍のストーリーです。長澤まさみ、市原隼人など注目の俳優陣の出演も見逃せません。この記事では『君に捧げるエンブレム』のあらすじ情報などをまとめています。

ドラマ『君に捧げるエンブレム』は必見ドラマ!

長澤まさみ

2017年1月に放送されるフジテレビのドラマ『君に捧げるエンブレム』。櫻井翔が主演、長澤まさみと夫婦役を演じることで話題となっています。

後天的な事故で障害を負い、車椅子バスケで世界を目指すことになった実在の元サッカー選手を櫻井翔が演じます。市原隼人、香川照之、安藤政信ら豪華俳優らが出演するとのことで、放送前から期待が高まるばかり。

この記事ではドラマ『君に捧げるエンブレム』のあらすじなどを紹介します。

『君に捧げるエンブレム』あらすじ

『君に捧げるエンブレム』

才能あふれるサッカー選手である鷹匠和也(櫻井翔)は婚約者である仲川未希(長澤まさみ)と共に希望あふれる人生を歩んでいました。しかし和也が事故に遭い脊髄を損傷する大怪我を負うのです。当然サッカーの道は断たれ絶望の淵に立たされますが、妻となった未希の支えもありリハビリに励みます。

ですが互いの家族に結婚を反対されたり、なにより自分が障害を持っていることを受け入れきれない和也は苦悩します。そんな時に出会ったのが車椅子バスケットボールでした。誘われた和也はどんどん惹かれていき、いつしかパラリンピックを目指すようになるのです。

新春スペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』のキャスト

鷹匠和也/櫻井翔

鷹匠和也(たかじょう・かずや)は、幼少時からその才能を発揮しJリーガーにもなった優秀なサッカー選手でしたが、ある日交通事故に遭い車椅子での生活を余儀なくされます。

サッカーから車椅子バスケットに転向する和也を演じるのは、東京都出身、1982年生まれの櫻井翔(さくらい・しょう)です。

アイドルグループ「嵐」のメンバーとして多忙な日々を送る中、慶應義塾大学に入学・卒業し、仕事と学業を見事に両立。また、NNN『NEWS ZERO』やオリンピック特別番組でキャスターを務めるなど、多方面での活躍も見せています。

仲川未希/長澤まさみ

長澤まさみ

和也の婚約者である仲川未希(なかがわ・みき)。和也が両脚の機能を失ったことにより計り知れないショックを受けますが、妻となり支えていくことを決心します。

強く優しい未希を演じるのは、静岡県出身、1987年生まれの長澤まさみ(ながさわ・まさみ)です。

東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で廣瀬亜紀を演じた際には、自らの申し出でスキンヘッドになり白血病に冒されたヒロインを熱演し、感動を呼びました。

向井大隼/市原隼人

市原隼人

出典: topicks.jp

向井大隼(むかい・ひろと)は、片足を失い車椅子バスケットチーム「Wings」の得点王として活躍する名選手。生まれつき病気持ちで、実は転移性のがんも患っています。

いつ選手生命を絶たれてもおかしくない向井大隼を務めるのは、神奈川県出身、1987年生まれの市原隼人(いちはら・はやと)です。

シンクロ男子を描いた『WATER BOYS2』で主人公を演じ注目され、『ROOKIES』のエースピッチャー・安仁屋恵壹役でブレイク。映画『ボックス!』でボクシングに長けた高校生役を務めた際には、その腕前を亀田興毅選手が絶賛したそうです。

鶴田仁志/田中哲司

田中哲司

市役所職員の鶴田仁志(つるた・ひとし)は、車椅子バスケットチーム『Wings』を主宰し、自身もプレイするベテラン選手。

演じるのは、三重県出身、1966年生まれの田中哲司(たなか・てつし)です。

舞台を中心に活動を重ねてきた実力派であり、近年ではドラマや映画などにも数多く出演し名バイプレーヤーとして活躍しています。ドラマ『ジョシデカ!-女子刑事-』で共演し交際が続けられていた仲間由紀恵と2014年に結婚しました。

仲川明生/小林薫

小林薫

出典: topicks.jp

未希の父・仲川明生(なかがわ・あきお)。両脚が不自由になってしまった和也との結婚を、父親の立場から心を鬼にして反対します。

仲川明生を務めるのは、京都府出身、1951年生まれの小林薫(こばやし・かおる)です。

唐十郎主宰の劇団で活躍後、映画『秘密』やドラマ『ナニワ金融道』など、多くの映像作品でも印象的な演技を見せる大ベテラン。主演を務めるドラマの劇場版『続・深夜食堂』が2016年11月5日に公開となっています。

鷹匠和歌/賠償美津子

賠償美津子

和也の母・鷹匠和歌(たかじょう・わか)は、一人息子の和也を慈しみ育てながら、工務店を営む夫を支えてきました。

息子を誇りに思い全力で応援する鷹匠和歌を演じるのは、茨城県出身、1946年生まれの倍賞美津子(ばいしょう・みつこ)です。

松竹の看板女優として『人生劇場』や『復讐するは我にあり』のほか、多くの作品に出演し圧倒的な存在感を示すトップ女優。ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』でのオカン役も好評を博しました。

向井史子/かたせ梨乃

かたせ梨乃

出典: mamanoko.jp

大隼の母親・向井史子(むかい・ふみこ)は、大隼を女手一つで育てた頑張り屋のシングルマザー。自身もがんを患っていますが、気丈にふるまいます。

そんな向井史子を務めるのは、東京都出身、1957年生まれのかたせ梨乃(かたせ・りの)です。

時代劇『大江戸捜査網』でドラマデビュー。映画『極道の妻たち』シリーズでの大胆できっぷのいい役柄でブレイクし、その人気を確立しました。歳を重ねても抜群のプロポーションと美貌を誇る美魔女優です。

神村錬/安藤政信

安藤政信

出典: thepage.jp

車椅子バスケット界で長年スターとして君臨する神村錬(かみむら・れん)。日本代表選手であり、不動のエースです。

和也と大隼にとって最大のライバルとなる神村は、神奈川県出身、1975年生まれの安藤政信(あんどう・まさのぶ)が演じます。

映画『キッズ・リターン』で各新人賞を総なめにし、衝撃のデビューを飾りました。その後、映画中心の活動となり、中国や台湾作品にも進出。2012『東野圭吾ミステリーズ』で13年ぶりにドラマ出演し、日本のドラマ界にかえってきています。

福本廣太郎/香川照之

香川照之

スポーツ紙の記者をしている福本廣太郎(ふくもと・こうたろう)は、和也が高校生の頃からその活躍を追い心から応援してきました。福本もまた、和也の事故に大きなショックを受けます。

演じるのは、東京都出身、1965年生まれの香川照之(かがわ・てるゆき)です。

NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』豊臣秀吉役で広く知られるようになり、以降も多くのドラマや映画でその実力をいかんなく発揮し大活躍。伝説となった『半沢直樹』での屈辱の土下座シーンは、膝を付くまでに5分以上かかっているそうです。

元Jリーガーの京谷和幸がモデル

京谷和幸

本作の主人公のモデルとなっている京谷和幸(きょうや・かずゆき)は、北海道出身、1971年生まれ。

サッカーを始めたのは小学2年生からで、全国高校サッカー選手権大会に3年連続で出場しています。高校2年でユース代表、3年時にはバルセロナオリンピック代表候補にもなりました。

その後、プロとしてジェフユナイテッド市原・千葉に入りますが、交通事故により脊髄を損傷し車椅子の生活に。婚約者との結婚式を2ヶ月後に控え、衣装合わせに行く途中の事故だったそうです。

京谷和幸 画像

車椅子バスケットを始めたきっかけは、当時車椅子バスケチーム・千葉ホークスで活躍していた小滝修との出会いでした。京谷は想像を絶する努力の末、千葉ホークスの中心選手に成長します。

全国車椅子バスケット選手権での優勝8回、シドニーからロンドンまで4大会連続でパラリンピックに出場するなど輝かしい経歴を残し、ロンドンパラリンピック後に引退。2016年現在は、車椅子バスケットの若手選手育成に力を注ぎながら、サッカー指導者としての勉強もしているそうで、挑戦者として輝き続けています。

主演・櫻井翔の意気込み

『謎解きはディナーのあとで』や『家族ゲーム』など、俳優としても活躍を続けてきた櫻井が2年ぶりにドラマ主演するのが本作です。

キャスター時代の櫻井は、パラリンピックや障がい者スポーツのレポートを務めたことがあり、その際にいろいろと伝えたい想いを抱いたそうで、今回のオファーを心から光栄に思い、出演に関して以下のように語りました。

「久しぶりのドラマということで非常に楽しみにしています。人間ドラマ、そして車椅子バスケの迫力と、骨太な力強い作品になると思いますので、年明け早々大きな希望の光をお伝えできたらいいなと思っております」

新春スペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』は、2017年1月3日(火)21時~23時30分、フジテレビ系にて放送です。

この記事はこちらの特集に含まれています。

2017年1月期冬ドラマ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧