2016年11月13日更新 802view

伊藤蘭、水谷豊を夫に持つ元キャンディーズ女優に迫る

1970年代の大人気アイドルグループ、キャンディーズのランちゃんこと伊藤蘭。突然の解散後は、普通の女の子ではなく魅力的な女優として活躍しています。ドラマなどで活躍する女優・伊藤蘭を紹介します。

ドラマや映画で活躍中の美人女優・伊藤蘭とは?

伊藤蘭

伊藤蘭は、1955年生まれの東京都出身。元キャンディーズのランちゃんとして一世を風靡し、現在女優として活躍しています。

スクールメイツのメンバーに選抜された後、1972年にキャンディーズが結成されましたが、人気絶頂の1978年に惜しまれながら解散しました。

1980年に芸能界に復帰後、結婚・出産を経て、現在は女優として映画やドラマ、舞台に数多く出演しています。さらに、多数の番組のナレーターとして活躍中です。

伝説となったキャンディーズ時代!!

キャンディーズ

キャンディーズは、スクールメイツのメンバーだった伊藤蘭・田中好子・藤本美樹の3人で結成されました。伊藤蘭はソプラノパートを担当し、5曲目のシングル『年下の男の子』以降は、ほとんどの曲でメインボーカルを担当しました。

『春一番』など数々の大ヒット曲を連発するなか、1977年7月17日、突然解散を宣言し、伊藤が悲痛な声で叫んだ「普通の女の子に戻りたい!」は、当時流行語にもなりました。解散発表後にリリースしたラストシングル『微笑がえし』は、100万枚以上の驚異的な売り上げを記録し、キャンディーズ初めてのオリコン1位となりました。

1978年4月4日に後楽園球場で行われたキャンディーズ解散コンサートには、5万5千人のファンが集まり、当時のマスコミからは歌謡界史上最大のショーと呼ばれました。

女優復帰作!ラストが悲しい映画『ヒポクラテスたち』【1980年】

伊藤蘭映画『ヒポクラテスたち』

キャンデーズ解散後、芸能界から一時身を引いていた伊藤蘭の復帰は、1980年に公開された映画『ヒポクラテスたち』でした。監督は大森一樹で、紅一点のヒロインを伊藤蘭が務め、優秀であるがゆえに切ない結末を迎えてしまう主人公木内みどりを演じました。

映画『ヒポクラテスたち』は、医大卒の大森監督が自らの実体験をもとに、大学病院を舞台にした医者の卵である医大生たちの悩める日々を描いています。

蘭さん大好き!愛妻家の水谷豊

伊藤蘭・水谷豊

伊藤蘭は、1989年に俳優の水谷豊と結婚しました。

水谷豊は、劇団ひまわり出身の子役として活動後、1970年に映画でデビューしました。デビュー後しばらくは、『傷だらけの天使』などチンピラ役が多かったようですが、1978年のドラマ『熱中時代』の主人公・北野広大が当たり役となり、大ブレイクしました。2000年に放送スタートしたテレビ朝日系のドラマ『相棒』の大ヒットは説明するまでもありません。

伊藤蘭とは『あんちゃん』(1982年)、『事件記者チャボ!』(1983年)などドラマ共演がきっかけで交際が始まったようです。水谷豊はキャンディーズの大ファンだったらしく、『事件記者チャボ!』の共演の際も、水谷が伊藤を指名したようです。

一人娘・趣里も女優として活躍中!

趣里

伊藤蘭と水谷豊の一人娘・趣里も女優として活動しています。趣里は、1990年9月21日生まれ。幼い頃からクラッシクバレーを習い、バレリーナになるためにイギリス留学も経験しましたが、怪我に悩まされバレリーナになる夢を断念しました。

その後、母である伊藤蘭と同じ道である女優を目指し、2011年『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優デビューしました。

数多くのドラマや映画で女優としての経験を重ね、2016年にはNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん 』に 藤ヶ谷(大塚)寿美子 役で出演しています。今後の活躍が期待されます。

夫婦共演の大ヒット映画『少年H』【2013年】

Yamanaka__Akira
これを観ると日本人て流されやすい民族なのかなぁ~と感じてしまいました。しかし生きていくのに自分の価値観を信じて貫き通す姿に感動です。
himitsudan
「お父ちゃんはいつだって正しかったやないか!」
良いお父ちゃんだった。

男の子の坊主頭はいつだって可愛い。

2013年には伊藤蘭と水谷豊が夫婦役で共演した映画『少年H』が大ヒットし、数多くの映画賞を受賞しました。本作は、テレビ朝日開局55周年記念作品として制作され、監督は『鉄道員(ぽっぽや)』『憑神』の降旗康男です。

原作は妹尾河童のベストセラー小説で、戦前戦後の時代を懸命に生きる家族を、主人公の少年の目を通して描いた感動あふれる物語です。

伊藤蘭がかっこいい女医で出演!ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』【2016年】

ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』

出典: dorama9.com

伊藤蘭は、2016年10月放送スタートしたフジテレビ系のドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』に出演しています。

女性医師ばかりで結成された大学病院の解析診断部が、診断が難しい病気の原因解明に奮闘する医療ドラマです。主人公・橘志帆を連ドラ初主演となる吉田羊が務め、解析診断部の部長・岩倉葉子を伊藤蘭が演じています。そのほか、相武紗季、滝沢沙織、笛木優子、吉岡里帆ら豪華な女性俳優がキャスティングされています。

伊藤が演じる岩倉葉子は、人一倍熱心な橘志帆の暴走を止めつつ、いざという時には助言や味方をし、チームをまとめるという役どころです。白衣姿は、映画『ヒポクラテスたち』(1980年)やドラマ『DOCTORS〜最強の名医』(2011年)などでも披露していますが、本作における貫禄のあるカッコイイ女医の存在感はさすがです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

日本の美人女優・若手女優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧