2016年11月21日更新 7,247view

『シャーロック・ホームズ』第3弾が製作!気になるキャスト・あらすじは?【ロバート・ダウニー・Jr主演】

ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニー・Jr主演による大ヒットシリーズ『シャーロック・ホームズ』第3弾がとうとう製作開始!最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件が戻ってきます!!

ロバート・ダウニー・Jr主演映画『シャーロック・ホームズ』第3弾!

シャーロックホームズ

『アイアンマン』シリーズでおなじみのロバート・ダウニー・Jr主演の人気映画シリーズ『シャーロック・ホームズ』。

ガイ・リッチーがメガホンをとってきた、これまでの『シャーロック・ホームズ』(2009年)と第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』(2011年)に続き、第3弾の製作決定発表後、なかなか動きが見られませんでしたが とうとう撮影がスタートした模様です!

今回はそんな気になる本作のキャスト、あらすじをご紹介!

いまさら言えないけど、シャーロック・ホームズって?そして映画『シャーロック・ホームズ』とは?

言わずと知れたシャーロック・ホームズって?

シャーロック・ホームズ ドイル

小説家アーサー・コナン・ドイルの人気推理小説「シャーロック・ホームズ シリーズ」の主人公シャーロック・ホームズは人なみ外れた観察眼と推理力を持つ顧問探偵です。

ジョン・H・ワトスン医師と共にベイカー街にあるハドスン夫人所有のアパートで、生活をしていたため、2人はたまにゲイカップルに間違えられることもあったとか。

物語は大抵の場合事件の当事者や捜査に行き詰まった警察がホームズに助けを求め訪ねて来ることで始まります。そして彼が現場に調査へ行き、警察の見過ごした証拠を発見し推理を働かせて事件を解決というパターン。その一部始終をワトスンによる事件記録という形で書かれています。

映画『シャーロック・ホームズ』とは

シャーロック1

映画『シャーロック・ホームズ』とはこの小説のおなじみのキャラクターを基に、『スナッチ』のガイ・リッチー監督がメガホンをとり、ホームズをロバート・ダウニー・Jr、ワトソン医師をジュード・ロウが演じた大ヒットシリーズです。

大ヒットシリーズ『シャーロック・ホームズ』のあらすじ

第1作:『シャーロック・ホームズ』(2009)

5人の女性を儀式で殺害し警察に捕まったブラックウッド卿。死んでも蘇られるという彼は、絞首刑後また生き返るのでした。彼の真の目的はイギリス政府転覆と世界征服ということに気づいたホームズとワトソンはブラックウッド卿に立ち向かいます。

そこにかつての敵であるアイリーン・アドラーも登場。そしてアドラーの雇い主、ロンドンに暗躍する悪党一味の統領である天才元数学教授のモリアーティという邪悪な存在が明らかに。

第2作:『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』(2011)

ヨーロッパで連続爆破事件が発生。 男達に尾行されているアイリーン・アドラーにホームズが接近するところから物語は始まります。

モリアーティ教授の手先として働いていたアイリーンは失策からモリアーティによって毒殺。連続爆破事件の謎を解くため社交クラブに潜入したホームズは、鍵を握るジプシーの占い師シムザと出会います。

シムザは事件の手掛かりを知り事件の首謀者モリアーティに狙われてしまうことに。この事件の背後にはさらに大きな陰謀が隠されていたのです。

ホームズ、ワトソン、シムの3人は様々な場所で捜査を進め、邪悪な陰謀に立ちむかいます。

そしてホームズは教授との決闘の末、身を呈してモリアーティを抱え込み滝へと落下してしまうのでした。
シャーロックホームズ2エンド

後日、ワトソンがこの『最後の事件』 をタイプし終わり、席を外したところでたホームズが現れ、『最後の事件』の最終行、「The End」の後ろに「?」をタイプ。シャーロック・ホームズは死んでいなかったのです!

新作『シャーロック・ホームズ』のあらすじは?

最後の事件

前作『シャドウゲーム』はアーサー・コナン・ドイルによる「シャーロック・ホームズ」の「最後の事件」と言われており、小説でも映画同様にホームズがモリアーティ教授と決闘の末滝に落ちるラストとなっています。

空き家の冒険

シャーロック・ホームズ3のあらすじですが、ストーリーはまだ公表されていません。しかし、シャドウゲームの原作「最後の事件」の続編ということで、「空き家の冒険」が原作になるというのが有力です。

「空き家の冒険」は、「最後の事件」で死亡したとされていたシャーロック・ホームズが帰還し、公私共々華々しく蘇った作品。

ホームズがモリアーティ教授とともに滝に姿を消してから3年。ワトスンは妻と離別をし、孤独な日々を送っていました。

一方ロンドンは伯爵の次男ロナルド・アデアの殺人事件にまつわる噂で持ちきり。警察の捜査は暗礁に乗り上げていました。事件のあったアデアの屋敷に調査に出かけたワトスンは老人とぶつかります。なんとその老人は変装していたホームズだったのでした。

2人は再び手を組み新たな事件に臨みます。

シャーロック・ホームズ 最後の事件・空き家の冒険2

今までももちろん何回も映像化されたこの物語。もし「空き家の冒険」が今作の元になるとしたら、リッチー監督を始めとする製作陣がどのような映画に仕上げるのか楽しみです。

3作目も前作に引き続きおなじみのキャスト陣!

シャーロック・ホームズを演じるのは、もちろん『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jr!

シャーロック・ホームズ ホームズ

天才的な観察眼と推理力を持ち、武道にも長ける無敵の名探偵シャーロック・ホームズを演じるのは『アイアンマン』トニー・スターク役として知られるロバート・ダウニーJr。

前作『シャドウゲーム』で滝つぼに落ち姿を消したホームズ。いかにして生き延びたか、復活までの経緯も興味深い所です。

ロバート・ダウニー・Jrは今年公開の『シビル・ウォ〜/キャプテン・アメリカ』に続き、2017年夏の公開要諦のスパイダーマン最新作『スパイダーマン/ホームカミング』にも出演が決定。そして2018年公開予定の『アベンジャーズ』シリーズ最新作『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題)』の撮影も控えており、その忙しい合間を縫っての撮影になったよう。

彼は『シャーロック・ホームズ』の3作目の撮影の進行状況についてこう言っています。

僕たちは今まさにそのことについて話してるんだよ!待ちきれないよ。僕たちは準備はできている。もしSkype上で撮影することができたら一週間で撮影を終えることができるくらいだよ。
引用:mirror.co.uk
『シャーロック・ホームズ』の撮影をするのは最高だよ。今年中には撮影を始めようとしてる。本作の撮影は特別なんだ。撮影はいつも疲れてしまうけど、とてもワクワクしてるよ。
引用:mirror.co.uk

原作とは懸け離れたボヘミアンでエキセントリックな彼のシャーロック・ホームズが観れるのもまた楽しみです。

ジョン・H・ワトソン医師を演じるのは『アルフィー』のジュード・ロウ!

シャーロック・ホームズ ワトスン

ホームズの相棒、伝記作家で医師のジョン・H・ワトソン。前作『シャドウゲーム』ではメアリーと結婚しますが、その後が気になるところ。

そのワトソンを演じるのは引き続き『コールドマウンテン』、『ホリデー』などで知られるジュード・ロウ。以前3作目についてこう語っています。

僕たちは前2作より良いものにしたいんだ。同じ領域内でも確実により洗練された賢いものしたい。
引用:nme.com

彼の今作に対する思い入れが感じられます。

アイリーン・アドラーを演じる『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス!

シャーロック・ホームズ アイリーン・アドラー

ホームズが“The Woman(あの女性)”と呼び、彼を出し抜いたただ一人の女性であるアイリーン。前作『シャドウゲーム』でモリアーティ教授に毒殺されたはずでしたが…。

今回の出演リストにアイリーン役のレイチェル・マクアダムスがの名前があります。彼女は死んでいなかったのでしょうか?この謎もまた気になるところです!

なんとあの『インセプション』『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディがカメオ出演するとの噂!

トム・ハーディ

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』マックス役、『レヴェナント:蘇えりし者』フィッツジェラルド役など、勢いに乗っている実力派俳優トム・ハーディがカメオ出演するとの有力な噂が流れています。本当に出演するのか楽しみです!

メガホンと取るのはまたもやガイ・リッチー監督!

Sherlock Holmes

出典: collider.com

今回メガホンを取るのも、もちろんおなじみガイ・リッチー監督。

主演のロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウに増さぬとも劣らぬ忙しさの彼はワトソン役のジュード・ロウも出演している『キング・アーサー:レジェント・オブ・ソード』の公開が2017年控えています。

脚本陣に才能ある脚本家の面々を投入!

ニコール・パールマン

出典: www.cbr.com

シリーズ2作の大ヒットの後、映画製作会社ワーナー・ブラザースはとうとうシャーロック・ホームズ3の脚本チームを結成。撮影をスタートさせたいスタジオ側は、脚本を調整するのに何人かの最も才能のある脚本家達の協力を得ることにしたのです。

ゲイリー・ウィッタ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の脚本家、ニコール・パールマン、映画版『ベイ・ウォッチ』のジャスティン・マレン、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のゲイリー・ウィッタ、新作『トゥームレイダー』のジェニーヴァ・ロバートソン・ドウォレット、『スノーデン』のキーラン・フィッツジェラルドらが参加し、共に脚本を書き上げていくのだそう。

最強の脚本チームを迎え、どんな脚本になるのか期待大です!

少し気が早いけど、第3弾以降も続編は?

ジュード・ロウ&ロバート・ダウニー・Jr

長い期間を経てやっと撮影にこぎつけた『シャーロック・ホームズ』の第3弾ですが、早くも次作の話が。

今作が3部作の最終章になるのでは、という質問に、前2作と同様今作も製作を担当するジョエル・シルバーはこう語っています。

これが最後じゃないことを祈るよ。ぼくは最後じゃないと思う。幾つのボンド映画が作られたと思う?

キャラクターが存在する限り、僕たちは作ることができるんだ。終わりのある物語じゃないからね。僕たちは皆が求める限り続けていくことができるんだ。役者次第だよ。彼らが「オーケー、準備はできたよ。」って言わなきゃ始まらないんだ。

ぼくは彼らが作りたいものを読み取ってもう一つのバッドボーイ達の物語を作るんだ。もし彼らがしたいのなら、それを完成させるように全力を尽くす。

今作の第3弾はもちろん、今後が楽しみな『シャーロック・ホームズ』シリーズからますます目が離せません!

この記事はこちらの特集に含まれています。

『シャーロック・ホームズ』シリーズ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧