2016年3月1日更新 5,420view

竹野内豊のおすすめ出演映画、ドラマまとめ【倉科カナとの結婚まで秒読み?】

『ロングバケーション』で注目を集め、『ビーチボーイズ』で、トップ俳優になり、現在大人の魅力をさらに増している俳優、竹野内豊。若いころからもちろんかっこよかったですが、最近はさらに深みを増してセクシーな雰囲気が出てきましたね。いつまでたっても、女性の心を引き付ける彼をご紹介します。

イケメン実力派俳優 竹野内豊とは

22

1971年1月2日東京都生まれ。芸能界デビューしたのは、彼が高校生の時に母親と姉が雑誌にモデルとして履歴書を送ったのがきっかけだそうです。

1994年にテレビドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー。その後、『星の金貨』(95年)では主演の大沢たかおと女性ファンの人気を二分するほどに注目され、『ロングバケーション』(96年)で一気に注目度が上がり、『ビーチボーイズ』(97年)でその人気はトップクラスに躍り出ました。

竹野内豊と言えば、ドラマ『ビーチボーイズ』

ビーチボーイズ 竹野内豊 反町隆史

竹野内豊ビーチボーイズ

反町隆史と竹野内豊がダブル主演した夏の月9ドラマ『ビーチボーイズ』。20年近く経った現在でも、夕方に再放送されるなどファンを増やし続けています。

月9ドラマとしては珍しく、恋愛ではなく男の友情を中心に描いたドラマで、反町隆史とのワイルドかつ海が似合うイイ男コンビは、世の女性を夢中にしました。

主題歌は、反町隆史 with Richie Sambora「Forever」。「民宿ダイヤモンドヘッド」の建物は復元され、現在はカフェとなっています。

その後は、先生役、父親役など役どころが広がり、今や日本を代表とする日本人俳優となり、数々のドラマ・映画・CMなどで活躍しています。

竹野内豊の性格は?知られざる事実!

竹野内豊

普段はとっても温厚で、前へ前へと出るのではなく、控えめで相手を立てるタイプな竹野内豊。

それでも、俳優としても必要な根っこの部分で自分の主張を曲げない頑固さはあるらしく、どうしても引けない部分もあるそうです。

バラエティー番組で度々登場しては、優しさとウィットに富んだ彼から見て取れるように、ドラマの撮影現場での気配りも素晴らしく、スタッフ全員に真摯にふるまう態度にスタッフ好感度は抜群です。

竹野内豊

出典: prtimes.jp

そんな竹野内豊ですが実は、「セリフ覚え」が苦手だそうで、セリフを頭ではなく体で覚えるため、役をしている間は私生活にも影響が出てしまうとか。

不器用なところもあるようですが、それが俳優としての深みを出しているのかもしれません。

竹野内豊の主なドラマ出演作

『星の銀貨』(1995)

星の銀貨

出典: hotakky.com

医者で永井秀一(大沢たかお)と腹違いの弟永井拓巳役を演じました。耳と口が不自由な孤児役の倉本彩役には酒井法子。
1996年 第33回ゴールデン・アロー賞・放送新人賞(『星の金貨』)

『ロングバケーション』(1996)

ロングバケーション 竹野内豊 松たか子

キャストは木村拓哉、山口智子、稲森いずみ、松たか子、りょう、豊原功補、森本レオ。「月曜日はOLが街から消える」と週刊誌などで言われ、このドラマの影響でピアノを習い始める男性が増えるなど「ロンバケ現象」なる社会現象を巻き起こした作品です。木村拓哉は、本作で連続ドラマ初主演。主題歌の久保田利伸 withNaomi Campbell「LA・LA・LA LOVE SONG」は大ヒット。

竹野内豊は、南(山口智子)の弟で、氷室(りょう)と交際しているオーナー兼バーテンダー葉山 真二役を演じました。

『輪舞曲』(2006)

輪舞曲 竹野内豊 チェ・ジウ

当時話題となったチェ・ジウとの豪華共演。ある事件の捜査に立ち会う日本の刑事・ショウ(竹野内豊)と、日本で韓国料理店を営んでいるユナ(チェ・ジウ)の純愛模様を中心に、事件を取り巻く人間模様をサスペンスドラマです。

『素敵な選TAXI』(2014)

素敵な選TAXI

乗客自らが望む過去まで連れていくことができる「選TAXI(せんタクシー)」の運転手・枝分(えだわかれ)役を演じた、バカリズム脚本のファンタジーヒューマンドラマ。乗客は毎回、仲村トオルや小西真奈美などの豪華俳優が登場しました。

竹野内豊の主な映画出演作

『あの空をおぼえてる』(2008)

ジャネット・リー・ケアリー著の児童文学が原作で舞台を日本に変えて映画化。家族が再生していく姿を、息子で長男の英治の目線から描かれています。竹野内豊は写真館を営む父深沢雅仁役を演じました。

『ニシノユキヒコの恋と物語』(2014)

芥川賞作家の川上博美原作を映画化。主人公はかっこよく、仕事もできて、女に優しいとまさに竹野内豊そのものといえる“真の男前”。なのに、なぜかうまく行かない恋を描いた彼と女性たちの物語。

『at Home』(2015)

血縁関係のない寄せ集めの家族が、自分たちの幸せとは何かを考え守ろうとするヒューマンドラマ。竹野内豊が演じるのは、なんと空き巣を生業とした泥棒でその妻には結婚詐欺師役で松雪泰子が演じています。

最新出演映画『人生の約束』では江口洋介と共演

2016年1月9日には、富山県新湊を舞台に石橋冠監督が初めて作品を手がけ、江口洋介、松坂桃李、ビートたけし、西田敏行ら豪華キャストによるヒューマンドラマを描いた映画『人生の約束』が公開しました。

竹野内豊が演じるのはIT企業のCEOの中原祐馬。旧友、塩谷航平の郷里・富山県新湊を訪ねることから物語が始まります。

竹野内豊は今回の作品に出演して、自身の俳優人生についてこんなコメントを残しています。

「20年、30年たっても見えてくるものってないと思う。正しい答えがないのが俳優の世界。若い頃はがむしゃらにやっていた部分もありますが、今はちゃんと情熱を注いで、そこにしっかりと心が持てるかが大切。一つ一つ丁寧にやっていきたいですね」

竹野内豊の恋人は、倉科カナ。結婚までも秒読み?

2011.06.09_kurashina_03

竹野内豊のハートを鷲掴みにしたのは、爽やかな笑顔で、視聴者のハートをも揺さぶる朝ドラ『ウェルかめ』のヒロイン、倉科カナ。2012年のドラマ『もう一度君に、プロポーズ』で共演して以来、交際スタート。

2人とも犬好きという共通点もあり、17歳の年の差を感じさせない美男美女カップル誕生です。

また、彼女の実家・熊本での目撃情報などから両親に挨拶済み味だという噂や、倉科の家の近くの高級住宅街に豪邸を購入するなど、結婚までは秒読みと、各紙でも報じられています。

竹野内豊

そんな竹野内豊は以前、雑誌『non-no』でモデルをしていた後藤エミと同じくモデルのブレンダとの交際が報じられていました。二人とも結婚を前提としていた交際のようで、両親にも挨拶を済ませていたそうです。しかし結局数年の交際の末、破局しています。今回はとうとう結婚まで発展するのか…。倉科との関係に注目が集まります。

髪型がかっこいい!画像で紹介

竹野内豊

竹野内豊

竹野内豊

竹野内豊

ナチュラル、エアリーなゆるふわヘアからカチッとオールバックに固めたヘアまで、様々なヘアスタイルは竹野内豊の魅力の一つとなっています。イケメンに似合う清潔感のあるスタイルから、ワイルド系まで自由自在です!

英語力の高さには定評有り。ジャパンプレミアでは英語でスピーチを披露

ドラマ『不毛地帯』の中で英語での演技をすることが多々あった竹野内豊は、ドラマの撮影の伴い、一日12時間以上の撮影に加えて一日3時間以上英語を猛特訓。

そのかいあってか、英語力のある帰国子女や留学経験者からも太鼓判を押される程の実力が身に付いた様です。

動画はシドニー日本映画祭で英語でのスピーチを披露している竹野内豊です。

『素敵な選TAXI』がスペシャルドラマになって帰ってくる!

素敵な選TAXIスペシャル

2014年に放送したドラマ『素敵な選TAXI』。本作は芸人のバカリズムが脚本を書いたことでも話題になったドラマです。

好きな過去に戻ることのできるタクシーの運転手・枝分を演じた竹野内豊は、スペシャルドラマでも引き続き枝分を演じ、乗客としてドラマ『BOSS』以来5年ぶりの共演となる玉山鉄二や、多方面で活躍する女優・瀧本美織、朝ドラ『まれ』で一躍その名を世に知らしめた清水富美加などが出演します。

放送は2016年4月5日です。

新作ゴジラ『シン・ゴジラ』に竹野内豊が出演!

シン・ゴジラ キャスト

東宝による12年ぶりの製作となる新作ゴジラのメインキャストとして出演することが決まりました。

本作『シン・ゴジラ』は脚本・総監督をアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明、監督・特技監督(兼任)を樋口真嗣。タイトルの“シン”には、「復活」でも「再生」でもない、新、真、神などの意味が込められているそうです。

同メインキャストには俳優の長谷川博己石原さとみ。以下、竹野内豊のコメント。

61年前に製作された第1作目から長い時を経て、29作目に当たる本作は、数々のゴジラシリーズのなかでも最強の仕上がりとなり、多くのファンのみならず、世界の観客の心に、そして社会に、深いメッセージを与える作品になると思います。
引用:oricon.co.jp

シン・ゴジラ』は2016年夏公開予定です。

ますます色気が増す、魅惑的かつ暖かさを併せ持つ竹野内豊。結婚の噂もあり女性陣としては悲鳴を上げる方も少なく無いですが、今後も女性のみならず、老若男女と幅広い人々の心を鷲掴みにしてほしいですね。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ゴジラ特集
日本のイケメン俳優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧