2016年11月18日更新 1,946view

『魔法にかけられて』の続編『ディスエンチャンテッド(原題)』が2018年に公開!最新情報【ディズニーの大ヒットコメディ】

アニメーションで描かれたおとぎの国と現代のニューヨークが交錯する、ディズニーの人気ミュージカル映画『魔法にかけられて』の続編が、2018年に公開されます。こちらでは、1作目の写真と共に、様々な最新情報をお伝えしています。

ディズニー映画『魔法にかけられて』の続編製作がついに決定!

disenchanted_01

アニメーションと実写を融合させたディズニー映画『魔法にかけられて』の続編が、2018年の公開を目指して制作されることが決まりました。

今までプリンセスが登場するディズニー映画は全てアニメーション作品として制作されてきましたが、今作はアニメーションの世界に住んでいるプリンセスがひょんなことから現代のニューヨークにやってくるファンタジー・ラブコメディ映画。

価値観や生き方の違いに困惑しながらも決して自分の心情を曲げない主人公のジゼルの姿をチャーミングに描いています。

disenchanted_02

出典: collider.com

1作目のタイトルは『魔法にかけられて』でしたが、続編のタイトル『Disenchanted』はいわば『魔法からさめて』を意味します。一体どんなストーリーになるのでしょうか?

『魔法にかけられて』あらすじをおさらい

disenchanted_03

アンダレーシアというおとぎの国に住んでいるジゼルは、いつの日か素敵な王子様とめぐりあい、真実の愛のキスを交わすことを夢みていました。

そして、ある日エドワード王子と出会い物語はハッピーエンドを迎える…かと思いきや、そんな2人の結末をよく思わない人物がいたのです。王子の継母で悪い魔女ナリッサは、永遠の幸せなどがない現代のニューヨークへとジゼルを追放します。

disenchanted_04

突然現代のニューヨークへと追放されたジゼルでしたが、ニューヨークで弁護士を営んでいるロバートと娘のモーガンに出会うことに。突飛な言動を繰り返す彼女を訝しく思いながらも、2人は明るくていつでも前向きなプリンセスと仲良くなり、ロバートは次第に彼女に想いを寄せます。

disenchanted_005

一方、ジゼルを探していたエドワード王子は彼女の親友ピップと共に現代のニューヨークを訪れ、広い街中で彼女を懸命に探そうとしていました。

彼女を探し出そうと奮闘する王子エドワード、夢や愛などといった幻想的なものを否定しながらも彼女に心を寄せるロバート、真実の愛を求めながらも2人の間で気持ちが揺らぐジゼル。そんな3人の背後に、ナリッサの影が忍び寄ります。

『魔法にかけられて』の続編『Disenchanted(原題)』のストーリーは?

disenchanted_06

『魔法にかけられて』のおわりから10年後が舞台となる今作は、ニューヨークで幸せに暮らしていたジゼルが「しあわせとは何か」を考えるようになります。

そして、おとぎの国アンダレーシアと現代社会に住む人々を巻き込み騒動を巻き起こす、というストーリーラインを予定しているのだそうです。

ただ、現在制作開始段階であるため、具体的なストーリーのあらすじはまだ公にはされていません。

『魔法にかけられて』の続編を彩るキャストたち【噂】

アダム・シャンクマン

disenchanted_12

今作の監督は、映画監督でダンサー、振付師でもあるアダム・シャンクマンが担当することが決定したようです。

彼は、これまでに『ウェディング・プランナー』や『キャプテン・ウルフ 』、大人気ミュージカル映画『ヘアスプレー』など、コメディー映画を中心に作品監督を務めてきました。

その一方で、『ヘアスプレー』をはじめ、『アダムス・ファミリー2』や『キャスパー』、『ミッション・トゥ・マーズ』などでは振付師としても作品に携わっています。

今作でも、これまでの経験をもって監督としてはもちろん、ミュージカルシーンにも注力してくれるのではないでしょうか。

ジゼル役/エイミー・アダムス

disenchanted_07

天真爛漫で可憐なジゼルを女優エイミー・アダムスが引き続き演じることが決定しました。

『わたしが美しくなった100の秘密』で映画女優デビューした彼女は、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』等の出演を経て、『Junebug』でのアシュリー・ションスタイン役が高く評価され、第78回アカデミー賞助演女優賞ノミネート、また全米映画批評家協会賞助演女優賞をはじめとする数々の賞に輝きました。

他にも、『ダウト〜あるカトリック学校で〜』、『ザ・ファイター』、『ザ・マスター』、『アメリカン・ハッスル』でも、それぞれアカデミー賞助演女優賞にノミネートをされています。

『魔法にかけられて』ではゴールデングローブ賞ミュージカルコメディ部門主演女優賞にノミネートされた彼女は、長い下積み時代を経て、女優としての確かな地位を築きました。

ロバート・フィリップ役/パトリック・デンプシー

disenchanted_10

前作に引き続き、現代ニューヨークに住むジゼルの“プリンス”、ロバート役はパトリック・デンプシーが演じるとウワサされています。

『パニック・スクール/冒涜少年団』で映画俳優デビューしたパトリックは、最近では『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に出演するなど様々な映画作品に出演してきました。

知名度や俳優としてのキャリアを築いた作品が医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のデレク・シェパード役。彼が降板した際はその演出も相まって多くの人を悲しませたそうです。

エドワード王子役/ジェームズ・マースデン

disenchanted_11

プロレベルの歌唱力の持ち主でも知られ、前作でもその歌唱力を披露したジェームズ・マースデンが、続編でもエドワード王子役を演じる可能性が高いです。

『No Dessert, Dad, Till You Mow the Lawn』で映画デビューしたジェームズは、『X-メン』シリーズのサイクロップス役で広く知られています。

他にも、『ヘアスプレー』や『スーパーマンリターンズ』などにも出演し、スタジオジブリの映画『かぐや姫の物語』の英語版では石作皇子の吹き替えも担当しました。

パトリック・デンプシーとジェームズの出演はまだ確定はしていないようですが、出演の可能性が濃厚だと言われています。今から2人の姿を観られる瞬間が待ち遠しいですね。

『魔法にかけられて』続編に『アナ雪』の≪あの人≫はでるのか?

disenchanted_08

出典: collider.com

ディズニー映画には多くの人気作品がありますが、中でも大ヒットして記憶に新しい作品と言えば、『アナと雪の女王』ではないでしょうか。

そんな『アナ雪』で、主人公アナの姉であるエルサの声を演じたイディナ・メンゼルが1作目『魔法にかけられて』に出演しています。

disenchanted_09

彼女はロバートと5年交際していた、クールなキャリア・ウーマンな反面、ロマンチストでもあるナンシー・トレメイン役を演じています。イディナと言えば、その圧倒的な歌唱力が話題となりますが、なんとミュージカル映画でありながら、彼女の歌唱シーンはありません。

1作目ではアンダレーシアに行ったナンシーですが、現在伝えられている通り、アンダレーシアと現代社会の両方が登場するのなら、イディナが『魔法にかけられて』続編に出演する可能性は高いですし、彼女の歌声も聴けるかもしれません。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ディズニー映画特集
ディズニー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧