2017年1月7日更新 2,215view

冬ドラマ『嫌われる勇気』あらすじ・キャスト、そして「アドラー心理学」まとめ【主演香里奈】

冬ドラマ『嫌われる勇気』が来年一月スタートします。近年スポットライトを浴びているアドラー心理学を対話形式で紹介する大ベストセラー『嫌われる勇気』を刑事ドラマに大胆にアレンジされます。主演に香里奈を迎えることも決定した本作から目が離せません!

人として一段上へ!冬ドラマ『嫌われる勇気』が来年一月スタート!

img_main

来年の一月からドラマ『嫌われる勇気』が放送されます。原作は近年スポットライトを浴びているアドラー心理学を対話形式でわかりやすく解説した大ベストセラー『嫌われる勇気』。そんな原作を刑事ドラマとして大胆にアレンジしたものがドラマ『嫌われる勇気』です。

ドラマ『嫌われる勇気』のあらすじ

51sPGsTuF0L._SX350_BO1,204,203,200_

32歳にして警視庁刑事部捜査一課8係の刑事である庵堂蘭子は断固たる自分を持ったいわゆる「アドラー女子」です。そんな彼女とコンビを組むことになる真逆の性格の青山年雄は彼女の身勝手さに振り回され、彼女のことをよく思っていません。

そんな中、青山に心理学科教授である大文字哲人は「アドラー心理学」を教えます。そして青山は蘭子と行動を共にしているうちにアドラー心理学を理解し、彼も成長していく、という話になっています。

ドラマ『嫌われる勇気』のキャスト

主演はフジテレビで5年ぶりの主演・香里奈

karina

主演を務めるのはフジテレビではなんと『私が恋愛できない理由』以来5年ぶりの主演になる女優・香里奈。強い大人の女の演技を得意とする香里奈が他人を気にせず、組織や人に反目することも厭わない孤高の女刑事・庵堂蘭子を演じます。

本作に向けて、

今回の蘭子という役は原作にない役ですが、原作の教授と青年の話を元に、アドラー心理学を地で体現する女の子として、原作の話をドラマでうまく表現できればと思っています。この作品を見て、普段悩んでいることに対して、少しでも気が楽になったり、前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです。

との意気込みを見せています。

パートナー青山を演じるのは加藤シゲアキ(NEWS)

庵堂蘭子と行動を共にすることになる青山年雄を演じるのはアイドルグループNEWSの加藤シゲアキです。『ピンクとグレー』で小説家としてデビューを果たし、近年ドラマへの出演も増えてきた加藤シゲアキですが、今回で刑事役は初めてとなり、彼の演技も本作の見どころの一つです。

加藤シゲアキは、

2017年、新年のスタートですので、僕自身、気持ちを新たにこのドラマに臨み、一生懸命演じるなかで成長できればと思っています。庵堂とバディを組んでいくうちに青山がどのように変化していくのか、楽しみにしてほしいです。

とコメントしています。

椎名桔平が変わり者の心理学科教授・大文字哲人を熱演

Cinemacafe_11836

『SPEC』シリーズや『暗殺教室』で見せたミステリアスで二枚目なキャラクターや、『64』や『悼む人』で見せたハードボイルドなキャラクターまで多彩に演じ分け、演技力に定評のある椎名桔平。彼が青山にアドラー心理学を説く心理学科教授・大文字哲人を演じます。

大文字というキャラクターに対しては、

変人なのか、普通なのか、つかみづらい人物ですが、心理学を通して“人間”の持つ謎を、最大限に追求しようとしている人だと思いました。

とコメントしており、演技力に定評のある椎名がどのように大文字を演じるのか楽しみですね。

戸次重幸は何よりも出世第一!小宮山正明役

xl_talent05

(C) CREATIVE OFFICE CUE.

バラエティでも活躍する戸次重幸は、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』や『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』に出演し、どんな役でもこなす演技力を披露しています。ドラマ内では真面目な役柄を演じることが多いですが、コメディドラマでは明るい陽気な役も演じています。

真面目な演技もコミカルな演技も出来る、幅の広い実力派俳優です。今回は捜査現場で、皆を率いるリーダー的存在の小宮山刑事を演じます。

武闘派の浦部義孝役には丸山智己が抜擢!

丸山智己

ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』や『Chef〜三ツ星の給食〜』に出演し、今後大ブレイクが期待されている丸山智己。モデルと俳優業をこなしています。最近では重要な鍵となる人物として、ドラマの最終回直前にゲスト出演する事も増えてきました。

今回の浦部役では、なにかと蘭子と対立する場面や、間違った推理を自前のプロファイリングで自信げに披露するような役なので、普段より少しコメディ要素を含んだ丸山の演技が見れるかもしれません。

桜田通がネットオタクで陰気な三宅隆俊役に抜擢!

photo_01

© AMUSE INC.

映画『BECK』や、ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』に出演していた桜田通は、初めは舞台を中心に活動をしていました。舞台で培った演技の実力は本物です。また、最近では仮面ライダーシリーズに出演し、奥様方のハートをがっつり掴みました。

今回の役について、

「少し個性的ではあるのですが、あくまでも刑事という仕事をしているので、現実的な範囲で存分に個性を作りたいなと思っています」
引用:mdpr.jp

と語っています。初めての根暗なオタク役に注目です!

帝都大学医学部法医学講座の助教授・相馬めい子役には相楽樹!

510ME-feksL._SX385_

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にて注目を浴び、今年大ブレイクの相楽樹は、見た目の昭和顔が大人っぽさを引き出しています。今回の役では解剖医として、事件の見解にも携わる相馬めい子を演じます。

まだ21歳の新人女優の彼女ですが、今回の演じる役でどのような演技をするのか注目です。

『嫌われる勇気』原作は近年脚光を浴びているアドラー心理学

アドラー心理学とは

9784478025819pop1 (1)

アドラー心理学とはアルフレッド・アドラーが創始した心理学であり、対人関係が人間の悩みのすべてである、と考えます。

例えば「いじめられたから社会に出たくなくなり引きこもりになる」のではなく、アドラーは「社会に出たくなく引きこもるためにいじめられた記憶を持ち出す」のだと考え、人間は過去という原因ではなく、現実という目的のために生きているとしました。

このように、アドラーは私たちが行動を起こす際に妨げとなる過去の経験である「トラウマ」を否定します。これからの生き方には過去は関係なく、人は変われないのではなく変わらないという意思を自分で持っているに過ぎない。幸せになれないのは勇気がないからだと、彼は説きます。

このアドラーの考えは「勇気の心理学」と呼ばれ、実現したい夢を持っている人などに影響を大きく与えてきました。本作中で主人公の蘭子はその勇気を持っていますが、アドラー心理学を知らない青山の目にはただの我が儘で人のことを考えない女性にしか見えません。

「人に嫌われるのが怖い」これは私たち人間のだれにでも共通してある感情であり、その点視聴者は青山と視点を共有しています。ドラマ『嫌われる勇気』は青山を通して私たち視聴者も成長していけるドラマになっています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

2017年1月期冬ドラマ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧