2016年12月14日更新 3,053view

映画『パージ』が怖い。その魅力をネタバレ紹介

イーサン・ホーク主演の2013年公開のホラー映画『パージ』 。「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という法律が導入された世界を描いた本作の、あらすじ、キャスト、魅力などをまとめてご紹介します。

イーサン・ホーク主演のエクストリーム・ホラー映画『パージ』

『パージ』(原題:The Purge)は2015年に日本で公開されたアメリカのホラー映画。イーサン・ホーク主演、ジェームズ・デモナコ監督がメガホンを取り、『バッドボーイズ』(1995)や『アルマゲドン』(1998)などの大作で知られる映画監督マイケル・ベイが製作に参加しています。

続編の『パージ:アナーキー』(2014)と2016年夏にアメリカで公開された『パージ:エレクション・イヤー』を含めた世界興行収入は、シリーズ累計200億円を突破する大ヒットを記録しました。

映画『パージ』あらすじ【ネタバレ注意】

テレビ

舞台は、1年に一晩(12時間)だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律「パージ法」が制定された2022年のアメリカ。

ジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)が勤務するセキュリティシステム会社は、パージ法のおかげで大繁盛。妻・メアリー(レナ・ヘディ)、娘・ゾーイ、息子・チャーリーとともに裕福な暮らしをしていました。サンディン家は商売柄パージ法には賛成であるものの、自宅には最新のセキュリティーシステムを用意し、パージの一夜が過ぎるのを家の中から一歩も出ずにやり過ごす予定です。

娘

ジェームズは以前から娘ゾーイとボーイフレンドのヘンリーの交際に反対していました。ヘンリーは今日こそ二人の仲を認めてもらいたいと思いサンディン家に侵入。ヘンリーはジェームズへの脅しとして、使う気のない銃を持ってきていました。

隠れる

息子チャーリーは監視カメラのモニターに映る人影を発見。見知らぬホームレス風の黒人男性(エドウィン・ホッジ)が「助けてくれ」「奴らが来る、入れてくれ」と懇願していました。同情したチャーリーは、シャッターを解除し男性を家の中に入れてしまいます。ジェームズが慌ててシャッターを閉じようとしますが時すでに遅し。男は家の中へ。

銃撃

出典: tristrum.com

パニックになり銃を取り出したジェームズとヘンリーが鉢合わせて撃ち合いになり、ヘンリーは死亡。混乱に乗じてホームレスの黒人男性は家の中のどこかへ隠れ姿を消しました。見つかると追い出されるか撃たれてしまうからです。その後チャーリーはクローゼットに隠れる男性を発見しますが、家族には内緒にすることに。

暴徒

不気味なマスクを被った集団が訪れ「家に入れた男を1時間以内に引き渡せ」と要求します。引き渡さなければサンディ家を攻撃すると宣言し、家の中を停電にしました。

ジェームズは必死に男性を探しますが見つかりません。チャーリーがカメラを搭載した人形を使い、男性を誘導していたからです。外では苛ついたマスク集団のリーダー(リース・ウェイクフィールド)が仲間を射殺。「見つからない」と告げるジェームズと押し問答を繰り広げます。

人質

出典: i.ytimg.com

外に出されたくなくて必死の黒人男性はゾーイを人質に取りますが、メアリーとジェームズが応戦。腹を撃たれ負傷した男性を縛り上げます。

その後、家族内では男性をマスク集団に引き渡すかどうか意見が別れます。家族を守るために男性を引き渡すという苦渋の決断を下すジェームズ。縛られた男性も「俺を外に出して子どもたちを救え」と言います。

侵入

マスク集団が家を破壊し侵入してくる物音が。ジェームズはとうとう、男性をかばい集団に立ち向かう決意をしました。しかし人数的に圧倒的に不利なサンディン家。ジェームズはリーダー格の男に刺され、メアリーも集団に捕らわれてしまいます。

窓

出典: i1.wp.com

そこへ武装した男女二人組が現れ、敵を撃退しメアリーを助けます。

刺されて瀕死となったジェームズに駆け寄る家族。とどめを刺そうとあらわれたリーダー格の男をゾーイが倒し、父に今までのことを侘びました。それを聞いたジェームズは、息を引き取ります。

近所

マスク集団を撃退しサンディン家を救ったのは、パージ推進派の近隣の人々でした。感謝するメアリーでしたが、彼らは「あなたたちは私たちのもの」と言うなりゾーイとチャーリーを捕えます。

実は以前から、グレースを筆頭とする近隣の住民たちは、裕福な生活を送るサンディ家のことを妬ましく思っていたのです。

裏切り

絶体絶命のピンチとなったメアリーを、ホームレスの黒人男性が救います。ナイフを突きつけられておとなしくなったグレースら。メアリーが残りの夜を平和に過ごすことを希望したため、全員がテーブルを囲み膠着状態で朝を迎えることに。

パージ終了5分前にグレースが銃に手を伸ばしましたが、メアリーは彼女の顔面を銃で殴り血まみれにします。

テーブル

パージ終了のサイレンが鳴り、近所の人々は家に帰っていきました。立ち去ろうとした黒人男性を呼び止め、メアリーは礼を言います。「お元気で」と言い残して去る男性。

ニュース番組では、昨夜のパージで史上最高の死者数が記録されたこと、より安全な国家を作るために一層のパージが推進されることが報道されていました。

『パージ』出演のキャスト

ジェームズ・サンディン役/イーサン・ホーク

父

セキュリティシステム会社に勤務するエリートサラリーマンのジェームズ。妻子とともに最先端のセキュリティシステムを導入した豪華な家に暮らし、何不自由ない幸せな暮らしを送ってきましたが…。

イーサン・ホークは1970年テキサス州出身。1985年にSF映画『エクスプロラーズ』でデビュー。ロビン・ウィリアムズ主演の『いまを生きる』(1989)やアンドリュー・ニコル監督の『ガタカ』(1997)などの出演で俳優としてのキャリアを積み、『トレーニング デイ』(2001)と『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)でアカデミー助演男優賞に2度ノミネートされました。

2002年には『チェルシーホテル』で監督デビューを果たすなど、マルチな才能を発揮しています。

私生活では1998年に『ガタカ』で共演した女優ユマ・サーマンと結婚しましたが、その後離婚したとのことです。

メアリー・サンディン役/レナ・ヘディ

母

表向きはパージ法に賛成しつつも争いごとは嫌いな、ジェームズの妻メアリー。終盤では隣人のグレースに対しパワフルな一撃をお見舞いしていましたね。

演じるレナ・ヘディは1973年イギリス出身の女優。テレビシリーズ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』ではサラ・コナー役を演じました。日本でも人気のファンタジードラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』では主要キャラクターの一人サーセイ・ラ二スターを演じています。

暴徒のリーダー役/リース・ウェイクフィールド

リーダー

出典: unisci24.com

ホームレスの男性を引き渡すようジェームズに迫るマスク集団のリーダー格の男性。メンバーの中で彼だけがマスクを被らず素顔を晒しているのがかえって不気味です。慇懃無礼な態度で笑みを浮かべながら脅迫する姿は鳥肌ものでしたね。

リース・ウェイクフィールドは1988年オーストラリア出身。ジェームズ・キャメロンが製作総指揮を務めたアクション映画『サンクタム』(2011)や『エンドレス・ラブ〜17歳の止められない純愛』(2014)などに出演する若手俳優です。

ホームレスの男性役/エドウィン・ホッジ

ホームレス

サンディン家に匿われるホームレスの男性。素性は謎に包まれていますが、外に一歩でも出れば暴徒化したパージ推進派になぶり殺されてしまうのは目に見えています。

演じるエドウィン・ホッジは1985年ノースカロライナ州出身。『メンタル:癒しのカルテ』や『クーガータウン』などのテレビドラマを中心に活躍している俳優です。

実は彼は本作の出演者の中で唯一、シリーズ2作目の『パージ:アナーキー』(2014)にも出演している俳優。本作から1年後のパージの日に起こるドラマを描いた『パージ:アナーキー』ですが、ホームレスだった彼はその後どうなっているのでしょうか…。

『パージ』監督

ジェームズ・デモナコ

監督

出典: i.ytimg.com

ジェームズ・デモナコは1969年ニューヨーク州出身。ニューヨーク大学卒業後は脚本家としてキャリアを積み、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ジャック』(1996)の脚本に参加。2005年、ジャン=フランソワ・リシェ監督イーサン・ホーク主演のアクション映画『アサルト13 要塞警察』の脚本を担当しました。

やはりイーサン・ホーク主演のオムニバス・サスペンス映画『ニューヨーク、狼たちの野望』(2009)で監督デビュー。本作とその続編に当たる『パージ:アナーキー』(2014)と『パージ:エレクション・イヤー』(2016)のシリーズ3作品すべての脚本・監督を手がけています。

「パージ」の意味とは…

法

パージとは「浄化」や「一掃する」という意味。ストーリーの核となるパージ法とは、「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という法律です。

国民はこの夜、1年の間に心に溜まった「怒り、憎しみ、暴力」すべてを解き放ち、その間、警察・消防・医療などのサービスは全て停止となり、無法地帯と化します。

たしかにこんな法律が施行されたら、誰もが日頃から他人の恨みを買わないようおとなしく振る舞うことでしょう。また誰かに恨みを抱いても、その年のパージの日が来るまでは何も手出しせずにおくでしょう。結果治安は非常に良くなりそうですね。1年のうち364日は…。

排他的な格差社会の到来を予測…?

斧

本作の舞台は、「パージ」の導入により犯罪率と失業率は1%にまで低下し、経済状況も改善したとされる2022年のアメリカ。「パージ法」なんて映画の中だけの大げさな設定に過ぎないと多くの観客が感じたことでしょう。

日常

しかし想像してみてください。「パージ」の夜を生き延びれるのは、頑丈な家や高度なセキュリティを導入できる裕福な人々のみです。サンディン家に助けを求めたホームレスの男性のように、家も武器も持てない貧しい人々は、身を守る術もないまま暴徒たちの日頃の憂さ晴らしの標的となってしまいます。

アメリカ全土が弱肉強食の無法地帯と化す一夜を描いた本作。ふと現実世界に目を向けてみると、これに近い事象は起こりつつあるのかもしれませんね。

『パージ』のCiatrユーザーの感想・評価を紹介!【ネタバレ注意】

マスクが怖い!

Yoshie_Ito
もっとバンバン殺し合いが起きると思ってたけど、案外思ったよりきちんとした内容で面白かった^o^
一夜のパージだけで翌朝には大量の死体があるっていう状況考えるとゾッとする

マスク印象に残るし、ハロウィンでパージコスチュームされたら面白そう

笑顔の裏の人間の真意とは…。

skr_icj
求めていたもの、それ以上でもそれ以下でもなく。という名の殺人が合法な一晩。設定につっこみどころが多すぎるものの、わかりやすくて楽しめる。お化け屋敷みたいね。笑った顔に隠された人間の真意。恐ろしい。

自分がこの世界にいたら…。

TORABISU777
父親の気持ちもわかるし、息子の気持ちもわかる。自分がパージの世界に入ったらどう判断するんだろうか…
何にせよパージという浄化制度は反対です…
作品としてはなかなか面白かった。

続編も期待できる!

Ayano_Jinnouchi
年に1度だけ殺人を含むすべての犯罪が許される法律が施行されているアメリカが舞台のサイコスリラー。
ホラー的な要素が苦手なので何度もドキリとしました。心臓が弱い方は注意が必要。コンセプトが最高なので個人的にはもっとそれを活かしたストーリーが良かったなとも感じたけれども、低予算ながらおもしろかったです。
それにしても息子の行動には最後までモヤモヤ感が消えず。続編も期待!

PAGE TOP

カテゴリー一覧