2016年12月25日更新 2,677view

キャロルの性格が変わりすぎ!嫌われ役もかって出る生き様を紹介【ウォーキング・デッド】

アメリカの大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の登場キャラクターのキャロルについて紹介します。ゾンビこと”ウォーカー”に怯える平凡な主婦から、勇敢なサバイバーへの変貌ぶりに驚き!嫌われ者なの?その変貌ぶりを紹介します!

ドラマ『ウォーキング・デッド』とは?

The-Walking-Dead

『ウォーキング・デッド』は2010年放送開始から2016年現在まで全シーズン7まで続く、アメリカの人気連続ドラマです。

人々は“ウォーカー”と呼ばれるゾンビに変貌し、全米はウォーカーが蔓延る恐ろしい世の中になっていました。主人公の元保安官リックを始めとする、“人間”として生き残った仲間たちが、生存をかけて様々な困難と戦っていくというサバイバル・サスペンスホラー。

キャロル・ペルティエってどんな人物?

キャロル

シーズン1からの登場人物。夫エドと娘ソフィアと一緒に生存者キャンプで過ごしていました。キャロルは夫エドから暴力を受け、エドの言いなりに生きている主婦でもあります。

他の生存者の前でエドに暴力を振るわれたり、ウォーカーが襲ってきたときは、声を震わせて怯えてしまう気弱な性格の持ち主です。

夫エドと最愛の娘ソフィアとの別れ【ネタバレ注意】

キャロルとソフィア1

夫エドはウォーカーに襲撃され死亡。キャロルはソフィアと他の生存者と共に安全な場所を求めて移動します。

その最中、ウォーカーの襲撃により、ソフィアが行方不明になります。捜索の結果ウォーカーに変貌したソフィアと対面し、ソフィアは射殺されるのでした。

キャロルを支えるダリル【ネタバレ注意】

母親の涙の元に咲く「チェロキーローズ」

キャロルとチェロキーローズ

キャロルの娘ソフィアが行方不明になった時、必死に捜査にあたったのは、ボウガンの達人のダリルでした。

ソフィアの帰りを待つキャロルに、ダリルはチェロキーローズを贈ったのです。チェロキーローズの由来を話し、「この花はソフィアのために咲いている花」と言って彼女を励ましまします。

この時のダリルの行動は視聴者の胸キュンを誘い、ダリルファンが急増したのです。

命がけの捜索に感動するキャロル

キャロルとダリル

ソフィアの捜索中に大怪我をしたダリル。そして大怪我の中、ダリルは必死に、捜索中に見つけたソフィアのぬいぐるみを持ち帰りました。ダリルの命がけの捜索と一生懸命さに感動したキャロルはベッドで寝込むダリルの額に、キスをします。こうしてキャロルとダリルは絆を深めて行きました。

いつも一人で行動し、今まで冷たい態度をとってきたダリルは、キャロルにはとても優しく献身的。ダリルの不器用ながらも彼女にだけに見せる優しさに視聴者を魅了されました。

ファンからは「なんでキャロルにばかり優しいの?」「キャロル羨ましい!」という声が続々と。これも彼女が嫌われてしまう要因の一つなのでは?

キャロルは気弱な性格から最強の女に!!【ネタバレあり】

キャロル1

当初、キャロルは暴力夫とウォーカーの襲撃に怯え、他の生存者に守ってもらうような気弱な人物でした。しかし、夫と愛娘を亡くし一人になり、シーズン3では自ら武器を持ち、子供達にナイフの使い方を教え、ウォーカーと戦うまでになりました。

シーズン4では、インフルエンザのように空気感染し死亡するという謎の感染症が蔓延。キャロルはその感染症かかった仲間2人を、助かる見込みがないと勝手な判断で殺害。リックに「そんなやつとは共に行動できない」と言われ、一時的にファミリーからの離脱を余儀なくされてしまいます。

そしてそんななかでも移動中に怪しい行動をとる仲間(子供も)まで殺害してしまったりと、異様な残酷さを増していくキャロル。シーズン5にしてようやく、監禁され処刑される直前のリックたちを機転を利かし見事救出させたことで再び仲間として迎えられました。

戦うキャロル2

守ってもらう側から、仲間を守る側へと成長したキャロル。命を守る為には仲間に手をかけてしまうという、生きることに貪欲な性格へと変貌しました。

非常に残酷な面を持つようになったキャロルですが、彼女の残酷さの裏には、「世界の厳しさや過酷さや人間の闇の部分と対峙しながらも、自分の一番大切なものを守って生きる」という強い意志があるということを強調しておきます。
 

キャロルは最後まで生き残る!?

戦うキャロル

2016年12月現在、『ウォーキング・デッド』はシーズン7まで放送されています。彼女は全7シーズン出演中です。シーズンを増すごとに、最強のサバイバーに成長をとげ、リックや他の男性陣と肩を並べてウォーカーや行く手を阻む人間たちを倒しているのです。

キャロルを演じたのは?

Melissa-McBride

出典: dodoodad.com

キャロルを演じたのはメリッサ・マクブライド、1965年アメリカ生まれ。女優、キャスティングディレクターとして活躍してます。代表作は、2005年ジョディーフォスターが出演・プロデューサーを務めた話題作の映画『イノセント・ボーイズ』、2007年SFホラー映画『ミスト』など。

『ウォーキング・デッド』で気弱な主婦から貪欲なサバイバーへ変貌を遂げるキャロルを好演し、世界的に注目を集めています。

PAGE TOP

カテゴリー一覧