2017年3月13日更新 19,973view

映画『ラ・ラ・ランド』海外感想・評価まとめ【高評価続々】

アメリカで一足先に公開され大絶賛されているミュージカル映画がいよいよ日本でも2017年2月24日に公開されます!!エマ・ストーン、ライアン・ゴズリング、ダブル主演の『ラ・ラ・ランド』海外ではどのように評価されているのでしょうか?

2017年2月に公開『ラ・ラ・ランド』!海外で高評価を獲得のミュージカル映画!

2015年公開、世界中で旋風を巻き起こした音楽映画『セッション』のデミアン・チャゼルがメガホンをとりライアン・ゴズリングが主演の、期待のミュージカル映画が日本でも2017年2月24日に公開されます。

アメリカでは既に公開され、ゴールデングローブ賞7部門にノミネートされるなど、数々の賞にノミネートまたは受賞するなど大好評。また、海外の人気映画評価サイトIMDbでは8.9/10と大変高評価を得ています。

そこで、こちらでは『ラ・ラ・ランド』をご覧になった方々の海外の感想をいくつかご紹介!!

”6歳で『スター・ウォーズ』を観て以来、最も記憶に残る映画”など絶賛の声多数

前回同じような気持ちになったのは6歳の時に『スター・ウォーズ』を観た時だった。映画を観てまたこんな気持ちになれるとは思ってもいなかったなぁ。まるで別の世界にトリップしたような感覚になったんだ。

出だしで息をのんだきり、元に戻れなかったもんなぁ。エンディングになっても頭がクラクラしていたくらいだよ。美しくて、魂を揺さぶられたし、ウィットに富んでいて、チャーミングで、粋で、愛情のこもった映画だよ。とにかく素晴らしい!

大胆で素晴らしく、幻想的だよね。僕はストレートだけど、ライアン・ゴズリングに対する気持ちがこれを観てすっかり変わったよ。ライアンは悲しげで才能あふれるし、エマ・ストーンは僕らの女神だね。この映画はジャンルを超えてるね。最高傑作だよ。

引用:www.imdb.com
絶対に観るべきだよ。英国映画協会のロンドン映画祭で観られてとてもラッキーだったよ。『ラ・ラ・ランド』を観てから5日経ってもまだ映画のことが頭から離れないし、心の中で歌が流れて鳴りやまないんだ。まだそこにいるような感じなんだ。

音楽、大空を漂う音楽の中にね。まだ浮かんだいる気分。夢を見ている気分だよ。デミアン監督、ありがとう!!

引用:www.imdb.com

是非とも観て頂きたい素晴らしい映画

天文台も大通りも、ダウンタウンの路面電車も全て新作『ラ・ラ・ランド』のロケ撮影には欠かせない要素。どの場所も象徴となっているけれど、映画の中では無名のまま。そのすべてが合わさってLAの街を作り上げている。

どの作品にも言えることだけど、本作も全てのキャストが集まって初めて素晴らしい作品に仕上がっている。セバスチャン(ライアン・ゴズリング)とミア(エマ・ストーン)がいてこその『ラ・ラ・ランド』。

けれど、あまり有名ではないが常に出ている役者たちも街そのものと同じく作品になくてはならない存在である。この壮大なミュージカルの至る所で、LAの街が視覚的にもしくは歴史的な街灯を表現することで描かれている。

引用:www.imdb.com

過大広告を信じて

なんてすばらしい映画なんだ!オリジナルの映画ミュージカルを復活できるなんて誰も想像できなかったよね。この作品はやってのけたよ。文句なしだ。音楽は美しいメロディーでありきたりじゃないし、歌詞は知的でわかりやすい。脚本は面白くて感動的だけど感傷的になりすぎない。

主人公2人は演技派ってだけじゃなくて魅力たっぷり。正直アメリカの映画からこういう役者が消えつつあるなぁと思っていたとこなんだよなぁ…でも大丈夫、『ラ・ラ・ランド』ではライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが演技力も魅力もたぁっぷり出してくれてるから。

お決まりのダンスと、セットをほの暗く照らしている照明装置に頼りすぎてさえいなければ、本当に非の打ちどころがなかったと思う。その照明で主人公の女優さんを照らし出していたんだけど、不自然な感じがしちゃったなぁ。それ以外は完璧な作品!

引用:www.imdb.com

世界の夢見る人々とアーティストに捧げる素晴らしい愛情のこもった賛歌

『ラ・ラ・ランド』の予告編を初めて見た時、期待度は高かった。優れた俳優陣に素晴らしい音楽、新しい脚本家/作家に興奮して映画館に行くことを決めた。でも実はミュージカル映画を観に行くのはいつも少しためらってしまう。なんかわざとらしくって堅苦しくて変な感じがしません?

でもこの映画はそんなこと一切感じなかったの。デミアン・チャゼルは世界の夢見る人々とアーティストに捧げる愛情のこもった賛歌を映画の中に見事に作り上げているわ。LAに住んでいるおかげで、カメラのこちら側と向こう側の両方に働きかけることができる。

一方的に映画を見て感動するだけでなく、人々の心を引き付けるこの映画の見解や映画に出てくる特徴や苦労と自分を実際に重ねることができるの。でも無理かもって思えるものにあこがれたことのある人や真実の愛を求めたことのある人ならだれでも、この映画の壮大な愛情に触れられるわ。

引用:www.imdb.com
私はかなり映画にはうるさい人間で、観たものに簡単には満足しないけど、『ラ・ラ・ランド』には大満足だった。この映画はみんなにお勧めするわ。いわば後世に残すべき映画。全国上映されてまた観られる時が待ち遠しいわ。私の中に眠っているアーティストがまた目を覚ますわ。

引用:www.imdb.com

今日に再考されたハリウッド映画の黄金時代

2016年の映画祭は『ラ・ラ・ランド』で始まった。観ている者を虜にし、ハリウッド映画黄金の時代へと惹きこみつつも、作品には現代のLAライフがしっかりと組み込まれている。

エマ・ストーンとライアン・ゴズリングがハッとするほど奥深い演技をし、さまざまな感情に気持ちを乗せた素晴らしい演技をしてくれたおかげで、我々が散々見てきた陳腐なラブストーリーではなくなった。

監督力や撮影技術の質の高さ、力強い語り口と共に繰り広げられる歌と踊りの曲間の違和感のなさ、初めて見るような振り付け、ストーンとゴズリングがキャラクターに息を吹き込んだという点、歌やダンスで表現することで二人の愛が高まる、など多くの点で感動した。

引用:www.imdb.com
ジンジャー・ロジャース、フレッド・アステアの往年の映画ファンやこの手の映画の現代版を待ち望んでいた人は『ラ・ラ・ランド』必見ですよ!!
引用:www.imdb.com

思いがけず期待を超えちゃったよ!

TIFFで見ただけなんだけどほんと素晴らしい時間だったよ!それを見て、苦しくなったよ。デミアン・チャゼルの次回作、本当に楽しみにしてるよ。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのミュージカルっていうだけで観たくてたまんないんだけどね。

あぁ、僕はジャズが大好きっていうのもあるから、ほんと完璧すぎる。最高のチームだもん、どこまでも期待してっちゃったよ。予告編は色彩からサントラまで美しかった。音楽には度肝を抜かれるよ。ストーリーは衝撃的だしね。

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのダンスと歌には本当に感動した。僕はいつも二人の演技が自然だから大好きなんだけど、今回もその素晴らしい演技を見せてくれているよ。

引用:www.imdb.com
この主人公二人は時には悩むこともあるかもしれない。が、最後にはそれが二人が追いかけている夢となる。それは誰もが通る道だったり、今まさにそこにいる人かもしれない。この映画を見るとすぐにこの主人公のような人知ってる、って感じたり、彼らの気持ちに共感できたりする。

コメディーあり、ラブストーリーあり、ドラマあり、うっとりするサウンドトラックあり、まさに傑作。こういう作品は長いこと観てないよ。デミアン・チャゼルはほんとやってくれたよ。後世ずっと目を離せない人だね。

引用:www.imdb.com

この記事はこちらの特集に含まれています。

2017年春休み映画特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧