2016年1月28日更新 20,917view

これがジョニー・デップ?人気俳優たちの新作映画での変貌ぶりがすごすぎる

俳優達は様々な役を演じるため、かつら、特殊メイク、衣装などで普段からは想像もできない姿へと変貌を遂げます。今後公開が待たれる作品の中でも、映画スターたちが別人のように変身しています。今回はこれから公開される映画で変貌を遂げたスター10人を紹介します。

1.”ジョニー・デップ”『ブラック・スキャンダル』

ジョニー・デップ

パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『ローン・レンジャー』など奇抜なメイク、衣装、キャラクターなどのイメージがすっかり定着してしまったジョニー・デップ!

今回もメイクはバッチリですが、ありがたいことに?テイストがいつもの奇抜なものとは一線を画しています。深いシワ、薄くなった髪はもちろん特殊メイクによって表現されたものです。

ジョニーはスコット・クーパー監督作品『ブラック・スキャンダル』で実在のギャング、ホワイティ・バルジャーを演じ、ケビン・ベーコンやシエナ・ミラーなどと共演します。

最近のジョニー・デップ作のテイストが合わなかった人にとっては朗報かもしれません。

2.”エディ・レッドメイン”『The Danish Girl』

エディ・レッドメイン

『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じ、アカデミー主演男優賞を獲得したエディ・レッドメインはハリウッドで熱い注目を浴びています。

彼の次なるビッグプロジェクトは『The Danish Girl』という作品で、世界で初めて性適合手術を受けたことで知られるリリー・エルベを演じます。監督はトム・フーパー(以前、映画『レ・ミゼラブル』で共に仕事をした経験あり)、アリシア・ヴィキャンデルなどが出演します。

彼はこの役で再びアカデミー賞の舞台(今度は主演女優賞で!?)に帰ってくるかもしれません。

3.”ヒュー・ジャックマン”『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

ヒュー・ジャックマン

映画『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン、映画『X-MEN』シリーズのウルヴァリンなどヒロイックなイメージのあるヒュー・ジャックマン!彼はピーターパン実写映画『PAN』に出演します。

ヒュー・ジャックマンが演じるのはピーターパンの悪役として知られるフック船長ではなく、世界的にも有名な海賊黒ひげを演じます。監督はジョー・ライト(『ハンナ』など)。ルーニー・マーラリーヴァイ・ミラーギャレット・ヘドランドアマンダ・セイフライド(アマンダ・サイフリッドとも)、カーラ・デルヴィーニュなどが出演します。

4.”シャーリーズ・セロン” 『マッド・マックス・怒りのデス・ロード』

シャーリーズ・セロン

『ハンコック』、『ヤング・アダルト』など数多くの話題作に出演しているシャーリーズ・セロン!『モンスター』で見せた、醜い姿への変貌ぶりは多くの人を驚かせました。

シャーリーズ・セロンの次の作品はマッドマックスシリーズの最新作『マッド・マックス・怒りのデス・ロード』です。刈り込まれた頭、フェイスペインティングなどまたしても変貌を遂げています。

『マッド・マックス』シリーズのジョン・ミラーが監督を務め、メル・ギブソンが演じたマックスはトム・ハーディが引き継ぎます。『マッド・マックス・怒りのデス・ロード』は2015年6月20日公開です。

5.”ジェイク・ギレンホール”『Southpaw』

ジェイク・ギレンホール

『ブロークバック・マウンテン』、『エンド・オブ・ウォッチ』など数々の話題作に出演してきたジェイク・ギレンホール

彼は『Southpaw』でボクサー役を演じるために5か月をかけ、体を作り上げました。その激しいトレーニングの代償かは定かではありませんが、この間に交際していたモデルのアリッサ・ミラーと別れてしまいました。

監督は『トレーニング・デイ』のアントワン・フークワン、フォレスト・ウィテカーなどが出演します。驚くことに、ジェイクの役はエミネムが演じる可能性があったと言います。

6.”ピアース・ブロスナン”『The Moon and the Sun(原題)』 

ピアース・ブロスナン

かつてジェームズ・ボンドも演じたピアース・ブロスナンは歴史ファンタジー『The Moon and the Sun(原題)』でルイ14世を演じます。歴史的な背景と不老不死などのファンタジー要素を織り交ぜた同名小説が原作です。

彼の年齢(61歳)を考えるとピアーズがルイ14世(38歳没)に選ばれたことはおかしなことではありますが、ピアースの演技は一見の価値がありそうです。

7.”マイケル・ファスベンダー”『Steve Jobs』

マイケルファスベンダー

『X-MEN』、『悪の法則』などで有名なマイケル・ファスベンダー

マイケル・ファスベンダーはスティーブ・ジョブズの自伝映画でスティーブ・ジョブズ役を演じます。この写真はリストの中では、まともな姿のように見えます。これはジョブズの若い頃を演じている写真のため、髪もまだボサボサです。おそらくこの後、よく知られているジョブズの姿へと変貌を遂げるはずです。

8.”ヴィン・ディーゼル” 『The Last Witch Hunter』

ヴィン・ディーゼル

『ワイルド・スピード』シリーズ、『リディック』などで有名なヴィン・ディーゼル

ヴィン・ディーゼルは『The Last Witch Hunter』で魔女のニューヨーク疫病拡散計画をを防ごうとする不死身の魔女ハンター”Kaulder”を演じます。編み込まれた髭、髪など他の俳優では滑稽にさえ見える姿も、ヴィン・ディーゼルは様になっています。

監督はブレック・アイズナー、イライジャ・ウッドなどが出演します。

9.”マイケル・シャノン”  『Elvis & Nixon(原題)』

マイケル・シャノン

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』などで知られる名バイプレイヤーのマイケル・シャノン!

ニクソン大統領とエルヴィス・プレスリーのホワイトハウスでの会談を描いた 『Elvis & Nixon(原題)』にマイケル・シャノンは出演します。彼が演じるのはアメリカ伝説のロックミュージシャンエルヴィス・プレスリー、ケヴィン・スペーシーがニクソン大統領を演じます。

10.”ジョゼフ・ゴードン=レヴィット”『The Walk(原題)』『Snowden(原題)』 

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

『500日のサマー』、『ドン・ジョン』などで有名なジョゼフ・ゴードン=レヴィット

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットは二つの作品で全く異なった姿を見せています。

ロバート・ゼメキス監督の『The Walk』ではフランスの綱渡りアーティストのフィリップ・ペティットを青白い肌とおかしな髪型で表現しています。

オリバー・ストーン監督の『Snowden』では元CIAでアメリカの機密を暴露したエドワード・スノーデンを演じます。

参考URL
whatculture.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧