2017年3月17日更新 2,839view

M・ナイト・シャマランって正直どうなの?傑作も駄作もまとめて紹介

『シックス・センス』(1999)で一躍有名になったものの、新作を発表するたびに賛否両論を巻き起こすM・ナイト・シャマラン監督。ファンもアンチも多い監督ですね。そんな彼の作品を、観客の率直な感想とともにまとめてみました。

M・ナイト・シャマランの評判についてまとめました!

51KXE6J014L

M・ナイト・シャマランは1970年生まれ、インド出身アメリカ育ちの映画監督です。少年の頃からスティーヴン・スピルバーグに憧れ映画監督を夢見ていた彼は、ニューヨーク大学卒業後に映画製作の道へ進みます。

やがて脚本と監督を務めた『シックス・センス』(1999)が世界的な大ヒットとなり、アカデミー賞の作品、監督、脚本部門にノミネートされるなど一躍有名人に。その後も多くの作品を発表し続けているシャマラン監督ですが、興行的に失敗した作品や、映画ファンや批評家からの評価が別れる作品が多いのも事実です。

賛否両論の多いシャマラン監督の作品を、Ciatrユーザーの率直な感想も含めてご紹介します!

シャマランの名を世に知らしめた『シックス・センス』【1999】

シックス・センス Blu-ray

YU66
何度観ても…名作としか言えません、涙なくしては観れません。

ホラー映画のジャンルとしているレンタル屋やWikipediaに腹が立ちます。

キャスティングも素晴らしい。主人公のコールとマルコムはもちろん申し分がありませんが、アンナの美しくいつまでも愛情深い姿と一番はコールの母親 トニ コレットの演技がめちゃくちゃ良い。彼女の作品の中で一番美しく強く愛情深くまさに適役です。

M ナイト シャラマン監督は天才です。

Fukumi__Hagihara
シャマランの奇跡の1本。シックスセンスが良すぎたから後の作品も期待に期待をしちゃってえらいめに。。。最後のオチなんて意識せずにフラットに観たもんだから最後泣きに泣いた。まぁ、ハーレイ君の天才ぶりがヤバいね!!!!おかんとの車の最後のシーンが好きすぎます。もう二人とも絶品の演技だわ!!!!

ブルース・ウィリス演じる小児精神科医と、ハーレイ・ジョエル・オスメント演じる死者を見ることのできる少年の交流を描いた本作。世界的に大ヒットしM・ナイト・シャマランの名を世に知らしめました。

「まだ映画を見ていない人には決して話さないで下さい」という冒頭の前置きと衝撃的なラストが非常に話題になったため、「シャマラン監督といえばどんでん返し」というイメージを持っている人も多いでしょう。たしかに、この衝撃の結末を超えるシナリオを作るのはハードルが高そうです。

エイリアン襲撃を小規模に描いた『サイン』【2002】

『サイン』

mayo0401
これをエイリアン映画だと思って観ると最低の駄作だが、もし襲来者を、絶望の淵からの糸口を示すもの、だと仮定して観るとまったく感想が変わってくる。ここから少しネタバレ。襲来者の攻撃から生じる事象を神からのサインと捉え世界に意味を見出す登場人物と、襲来者を地下室に閉じ込めそこから逃げ出す登場人物との対比。襲来者の目的は最後まで明かされない。つまり登場人物は襲撃の意味を主観的に判断できるのだ。二項対立のよくできた構成をしており、れっきとしたヒューマンドラマの様相を呈している。これをただの超C級エイリアン映画だとしてしか観られないというのは流石にもったいない。
Pit7775Pit
妻の死により牧師を辞め弟と子供2人で暮らしていたが突然ミステリーサークルが出現し、地球外生命体がやってくる。そんな中、家で身を守る話。
兄妹がしっかりしていて見応えがある。
宇宙人とかになるとド派手に演出したり次々と人が死んで地球滅亡寸前までになるがサインは情報がラジオやテレビのみ。
さらに子供の豆知識がプラスされ本当かどうか信じがたい。
カット割りがとても良かった。
懐中電灯中心のカットで状況が音でしか分からない。ラストの子供を救う所は画と台詞をずらしていた。
伏線も効いていました。

事故で妻を亡くし、人生の意味を失った牧師(メル・ギブソン)。元野球選手の弟(ホアキン・フェニックス)と子どもたちと共に暮らす彼の畑にミステリーサークルが出現し、世界中で宇宙人の目撃情報が。果たして主人公は宇宙人の侵略から家族を守ることができるのでしょうか…というストーリー。

本作もまた、妻の最期の言葉や子どもたちの行動など、ラストへの伏線が効いたシナリオです。意外性のある結末は賛否両論がありましたが、宇宙人の侵略を通して、失意のどん底にいる一人の男が再生し、人生の意味を見つけ直す姿を描いたヒューマンドラマといえるでしょう。

外界から孤立した不気味な村『ヴィレッジ』【2004】

『ヴィレッジ』

nikubo
森の奥深く、人里から隔絶された村には奇妙な風習があって…続きは映画をw
終わってみるとなんてことない話だったけど
緊張感があって飽きずに楽しめました!
シャマラン監督お得意の意味不明系映画じゃないのもよかった
[WOWOW]
whentheycry
豪華キャストにビックリ。
外界から隔離された人里離れた所にある村という設定はミステリーにうってつけでやっぱり好きな雰囲気だった。

この映画で重要な大切な人との繋がりというものが薄く感じられてしまうので最後のオチも残念。
“不吉な色”や化け物の出し方は素晴らしいです。

外界から孤立し、数十人の村人が自給自足で暮らす小さな村。そこで生まれ育った盲目の少女アイヴィー(ブライス・ダラス・ハワード)は、恋人を助けるための薬を買うために生まれて初めて外の世界へ。

村を囲う森には怪物がいると教えられてきたアイヴィーでしたが、その「怪物」の正体とは…。そして彼らが暮らす「村」とは一体何なのか…。シャマラン監督らしいオチを、目の見えないアイヴィーにかわり観客が目撃することになります。

ファンタジーに挑戦したものの…『レディ・イン・ザ・ウォーター』【2006】

『レディ・イン・ザ・ウォーター』

igagurichan
映画館で観た後に沈黙になった苦い記憶が…
シャマランだけにドンデン返し来ると期待した私も悪いんですけどね…。
シャマランは映画に出てきちゃダメです。
ちょっとカッコ良くしてるのも腹が立ちました(笑)
ファンタジーも撮っちゃだめ!
tanaka
この監督の映画は
予告だけみて結果知らない方が
いいパターンが多い

アパートの管理人(ポール・ジアマッティ)の前に現れた謎の女性(ブライス・ダラス・ハワード)の正体は、なんと水の精。彼女を元の世界に戻すために、アパートの住人たちが力を合わせます。

シャマラン監督が、自身の幼い子どもたちのために毎晩寝る前に即興で作って語ったおとぎ話を実写化したという本作。ファンタジー作品で新境地開拓かと思いきや、批評家からの評価は低く、その年の最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞の全4部門にノミネートされてしまうなど、興行的にも大コケしてしまったようです。

理由はシャマラン監督らしい独創性のあるストーリー展開とどんでん返しがなかったから。子どもを寝かしつけるためのおとぎ話にオチなんか無いと言われたらそれまでなのですが…。

連続自殺の謎に迫る『ハプニング』【2008】

『ハプニング』

Pit7775Pit
逃げられない恐怖。グロい所は無かったがパニック映画の恐ろしい部分が沢山含まれておりとても面白かった。最後の終わり方も好きです。
HMworldtraveller
理由不明なまま人が次々と自殺するという衝撃的な始まりでつかみは良かったと思う。が、発想倒れというか投げっ放しでオチの無いまま終わってしまって唖然としました。うーん、期待し過ぎた私がバカだったのか、いやいや、でも監督はシックス・センスのシャラマンだし、どうしても期待するでしょう⁈ 観客が知りたいことが明らかにされず、お茶を濁されたようなモヤモヤ感が残りました。唯一良かったのは、目に見えないものから逃げ回る恐怖の描写、ですかねー。それも何だか脱線気味でしたが。もちろん、すべてを明らかにする必要の無い映画や必要性を全く感じない映画もありますが、この展開のパニックものなら、やっぱり現象の根本原因を明らかにしてしっかりとしたオチがほしいです。

人々が突然自殺し始めるという衝撃的なシーンで幕を開ける本作。『テッド』(2012)のマーク・ウォールバーグ演じる高校教師と『(500)日のサマー』(2012)のズーイー・デシャネル演じる妻は、最近ミツバチが突然姿を消したことと関連があるのではないかと考えますが…。

ストーリーを聞く限りはスリリングで面白そうに思いますが、2011年に米ハリウッド・リポーター誌が発表した「全然怖くないホラー映画10選」に選ばれ、主演のマーク・ウォールバーグにまで失敗作と言われてしまった本作。そこまで言われると、逆に怖いもの見たさで鑑賞したくなりますね。

一方で「シャマラン監督=どんでん返し」というイメージを持たずに見た人からは、純粋にパニック・ホラー作品として面白いという評価も受けています。

人気アニメの実写化『エアベンダー』【2010】

『エアベンダー』

leoninomae
最後に主人公が街を守るためにとんでもない事をする。本当にかっこよかった。
sparkleeer
気になるサスペンスはシャマラン監督なんて個人的には引き合わせの多い作品の中、
ファンタジーアドベンチャーなど異色な作品に挑戦見事に落とされる。
アクションシーンのまったり感はなんでしょうね…なめまわすようなカメラワーク、盛り上がらないストーリー…
そしてお馴染みながら作品中監督を探してしまう性w
凄い酷評だったんですねw当たり外れむしろ外れが多いと言われる中、挫けず作品を作っておられますがこれはひどい言われようw
がんばれシャマランー!負けるなシャマランー!次はサスペンスにしてー!

日本でも放映されたアニメ『アバター 伝説の少年アン』の実写化作品。シャマラン監督初の、原作のある作品です。

気、水、土、火の4つの国によって均衡が保たれている世界を舞台に、超能力を持った主人公アンが世界平和のために修行を積む姿を描いたアニメは、子供から大人まで多くのファンを惹きつけ大ヒットとなりました。

しかし映画版では、重要なシーンや登場人物がカットされている点、アジア系のキャラクターが白人へ変更されている点などが原作ファンからの批判を浴び、またもやゴールデンラズベリー賞の5部門を総嘗めにする結果に。

シャマラン監督自身はあくまで子ども向けに作った作品だと語っており、実際に子どもたちからの評判は悪くはないようなのですが。

続編があることをにおわせる内容でしたが、2017年現在まだ2は製作されていません。

ウィル・スミス親子共演のSF『アフター・アース』【2013】

ウィル・スミス『アフター・アース』

Hiroshi_Yoshida
父と息子のやりとりと、SFアドベンチャーのミックス!
ウィル・スミスのアクションほぼ見れずで残念。しかしながら、ドキドキハラハラな展開good!息子がんばれー的な感情移入good!
もう少し父と息子の感動劇を期待してたけど、ややdry…でも楽しかったです!
恐怖のフェロモンを感知するというモンスターの設定には感心!恐怖を克服し、平常心を保つと劇的に強くなるというまさに自分に勝つ武道に通ずるものを感じたわけです。
面白かった。
maru_707
いつの間にか父親目線になって、
あーもうバカ!とか偉いぞとか
考えてしまってる。
親子の愛情が感じられるやり取りや
人間のいない地球の環境がキレイで楽しめた。
その分ストーリー展開の少なさは仕方がないのかな。
息子の成長するきっかけがもう少し自然かつ明確だと良かったかも。

舞台は西暦3072年、地球を離れた人類は遠く離れた惑星に移住しています。レンジャー部隊の伝説的な最高司令官である父(ウィル・スミス)と13歳の息子キタイ(ジェイデン・スミス)は、軍事演習の途中で地球に不時着。人間の恐怖心を察知し襲いかかる怪物アーサとの死闘を繰り広げます。

ウィル・スミスとその息子ジェイデン・スミスの親子共演が話題となったSF作品。SF映画としては設定につっこみどころが多いという批判はあるものの、親子の愛情と少年の成長を描いたドラマとしては概ね高評価を得ているようです。

シャマラン完全復活!?『ヴィジット』【2015】

『ヴィジット』

himitsudan
シャラマンと言われれば観るしかない。
予告編の先入観があったけど、想像と違って面白かった。私は最後の音楽が流れるシーンが好きかな〜!

生まれて初めて対面する祖父母の家に1周間滞在することになった15歳と13歳の姉弟。優しい祖父母に美味しい手料理でもてなされて喜んでいたのも束の間、夜になると不気味な音が家中に響き渡り、祖父母の様子もどこかおかしい。年齢的に軽い認知症状が出ているのか、それとも…というホラー作品。

アメリカでは公開直後から「老夫婦の奇行が怖すぎる!」と若者の間で評判を呼び「シャマラン完全復活!」とファンを歓喜させた本作。祖父母の正体に関するどんでん返しも衝撃的で、監督の本領が発揮されたようです。

それにしても「復活」とは、またすごい言われ方ですね。過去の作品を全否定されていますが、シャマラン監督自身はどんな気分なのでしょうか。

そして気になる最新作は…『スプリット』【2017】

そんなシャマラン監督の最新作がこちら。見知らぬ男に拉致され密室に監禁された3人の女子高生。次第に犯人は23人もの人格を持つ多重人格者であることが判明していくなかで、犯人と被害者の密室での攻防を描きます。

犯人を演じるのは『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』(2005)のタムナス役や『つぐない』(2007)で知られるイギリス人俳優ジェームズ・マカヴォイ。

日本では2017年5月12日に公開予定です。果たしてシャマラン監督は本当に「完全復活」を果たしたのでしょうか。是非劇場に足を運んで確かめてください。

PAGE TOP

カテゴリー一覧