2017年4月7日更新 24,043view

映画『シンゴジラ』にこっそり出演していたキャストまとめ【総勢328人から厳選】

2016年の国内映画興行収入第3位となった大ヒット作『シン・ゴジラ』。あの「ゴジラ」が久々に邦画へ復活しただけでなく、総勢328人というキャストの多さも話題に。誰がどのシーンに登場したのか、328人のキャストから厳選してまとめました。

実はあの人も?密かに『シンゴジラ』に出演していた俳優たち

約12年ぶりに邦画で製作されるゴジラ映画、『新世紀エヴァンゲリオン』で多くのファンを持つ庵野秀明が総監督・脚本を担当、2016年度興行収入第3位、など、様々な話題を振りまいた『シンゴジラ』。

『シンゴジラ』は、実はキャスティングが328人と驚く程の人数が映画に関わっていた作品でもあります。いつもは主演で活躍する俳優から、ベテランの個性派俳優まで、「この人も?」と思う出演者が目白押しの『シンゴジラ』。今回はその中から印象的な28人を厳選して選びました。

池田/斎藤工

斎藤工

多摩川を防衛線として、自衛隊員が2度目のゴジラの上陸を食い止めようとした通称「タバ作戦」。斎藤工は、「タバ作戦」に参加した自衛隊員で第1戦車中隊長の池田役で出演。戦車に乗ってゴジラと激戦を繰り広げますが、結局多摩川を越えたゴジラに戦車ごと踏みつぶされるという衝撃の結末になってしまいました。

演じる斎藤工は1981年8月22日東京都生まれ。フジテレビ系ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で、上戸彩と不倫の恋に落ちる北野役で人気が出ました。近年は主役級の役が多く、『シン・ゴジラ』の池田役は気づかない方も多かったとか。2017年も映画版『昼顔』の公開が6月に控えています。

西郷/ピエール瀧

ピエール瀧、電気グルーヴ

多摩川でゴジラを食い止めようと実施された「タバ作戦」。西郷は作戦を指揮する隊長として多摩川浅間神社の前線指揮所へ待機します。作戦は失敗し自衛隊側に甚大な被害が出ますが、それでも落胆する部下達を励ます頼もしい上官です。

演じたピエール瀧は1967年4月8日静岡県出身。テクノバンドの電気グルーヴのメンバーとして、1989年から音楽活動をしていますが、近年はNHKドラマ『64(ロクヨン)』、映画『アナと雪の女王』、『海賊とよばれた男』など、俳優から声優まで幅広く活動する機会が増えています。

村崎/KREVA

KREVA演じる村崎は第2戦車中隊長。多摩川河川敷でゴジラ上陸を食い止めるために実施された「タバ作戦」に参加しますが、結果として失敗に終わります。

演じるKREVAは1976年6月18日東京都出身。ヒップホップグループKICK THE CAN CREWの元メンバーで、活動休止後はソロ活動をしています。2005年に俳優として『ローレライ』でデビュー。『シン・ゴジラ』は記念すべき4作目の出演作品になります。

消防隊隊長/小出恵介

小出恵介

ゴジラ上陸のパニックで混乱する北品川。小出恵介はこの消防隊の隊長役を演じています。逃げまどう人々を誘導しながら、市民がさらに安全な避難ができるように無線で指示を仰ぐなど、正義感を感じる役です。

演じる小出恵介は1984年2月20日東京都出身。2005年の映画『パッチギ!』、2006年のフジテレビ系ドラマ『のだめカンタービレ』の個性的な役柄で注目を集めます。これまで様々なTV・映画に出演していますが、2017年も妻夫木聡主演のミステリー『愚行録』や青春ドラマ『ハルチカ』など、話題作への出演が相次いでいます。

芦田/石垣佑磨

石垣佑磨

芦田は自衛隊の第2飛行隊第1小隊長。蒲田から北品川へと移動したゴジラですが、その変形を遂げた姿を見て芦田は「目標が報告と違う!」と連呼します。さらに攻撃前に逃げ遅れた住民の存在が確認されたため、人命の安全のためにゴジラ攻撃は中止されました。

演じる石垣佑磨は1982年8月28日岐阜県出身。日本テレビ系ドラマ『ごくせん』で知名度が上がり、映画やTVドラマに出演します。2008年に暴行事件を起こして逮捕されたため、一時芸能界を自粛しましたが、その後は復帰し、本作にも出演。「目標が報告と違う!」は作中の名ゼリフとしても有名です。

避難する女性/前田敦子

冒頭、ゴジラが原因で崩落事故が発生した東京湾アクアライン。前田敦子の役は、アクアライン走行中に事故に巻き込まれた女性です。ネットの動画サイトさながらの画面で撮影された東京湾アクアラインの混乱状態の中で、不安そうな表情の彼女が一瞬映ります。

演じた前田敦子は1991年7月10日千葉県出身。AKB48のメンバーとして絶大な人気を誇り、2013年からはソロで女優や歌手活動を行っています。2017年も日本テレビ系ドラマ『銭形警部』や映画『武曲 MOUKOU』に出演するなど、女優としてのキャリアを着実に積んでいるようです。

広田静子/片桐はいり

片桐はいり

広田静子はベテランの官邸の清掃担当職員。連日ゴジラ対策のために官邸に寝泊まりしている人々のために、おにぎりを作って振る舞う、とても世話好きな性格です。

演じる片桐はいりは1963年1月18日東京都生まれ。大学在学中に、劇団ブリキの自発団に入団して女優活動を開始します。芸名は『アルプスの少女ハイジ』に由来するとの事。1980年代から多くの映画・テレビドラマに出演し、安定感のある演技で知名度を上げました。2017年は1月公開の『僕らのごはんは明日で待ってる』に出演しています。

三木幕僚長/橋本じゅん

橋本じゅん

朝霞を拠点にし、関東方面を防衛する東部方面総監。三木は朝霞駐屯地を補佐する幕僚長であり、同駐屯地の戦闘指揮所でゴジラ対策の現場指揮を担当します。

演じる橋本じゅんは1964年2月25日兵庫県生まれ。大学在学中から劇団☆新感線に参加して看板俳優として名を上げると同時に、TVドラマにも進出して全国的にも知名度を高めます。2017年もすでにNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演中。4月からは波瑠主演の『あなたのことはそれほど』に出演予定です。

安田龍彥/高橋一生

『3月のライオン』林田高志(高橋一生)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

文部科学省に勤める男性。ゴジラ対策のため政府が設立した「巨大不明生物特設災害対策本部(略して”巨災対”)」メンバーに抜擢され、「オタク」として紹介されます。当初は自分の能力に自信ありげですが、尾頭(市川実日子)と意見が食い違った時、にらまれたら及び腰になるなど、ちょっと憎めないキャラクターです。

演じる高橋一生は1980年12月9日東京都出身。90年代から俳優活動を開始し、1995年のスタジオジブリ製作のアニメ映画『耳をすませば』で声の出演、特撮映画、時代劇など幅広く出演をしています。2017年は1月クールのTBSドラマ『カルテット』で人気を集めました。同時に『おんな城主 直虎』にも出演中です。

間邦夫/塚本晋也

鉄男

安田と同じく巨災対に抜擢された国立城北大学の准教授。「学会の異端児」と紹介されます。巨災対では、生物学者としてゴジラの生態を分析を担当します。

演じる塚本晋也は1960年1月1日東京都出身。映画監督として1979年に『蓮の花飛べ』でデビューします。その後1989年の映画『鉄男』や、1999年には江戸川乱歩原作の『双生児 -GEMINI-』などを公開します。その一方で俳優として映画に出演することもあり、今回は特撮ファンとして『シン・ゴジラ』の出演を楽しんでいたようです。

立川始/野間口徹

巨災対に「変わり者」として抜擢された資源エネルギー庁の電力・ガス事業部原子力政策課長。ゴジラのエネルギー源に対して常に疑問を持ち、それが生態解明へとつながっていきます。それがヤシオリ作戦への重要な糸口へとつながっていくため、ある意味キーパーソン的な存在です。

演じる野間口徹は1973年10月11日福岡県出身。コントユニット「親族代表」で芸能活動を開始し、2007年に出演したフジテレビ系ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』で注目されます。2017年も出演作は多く、阿部サダオ主演のTBSドラマ『下剋上受験』放送後、フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』に出演予定です。

志賀/犬童一心

ジョゼと虎と魚たち

古代生物学者ですが、どうやら「志賀」という名前は仮名のようです。ゴジラが初めて東京に上陸した時に緊急に開かれた有識者懇談会のメンバーとして総理官邸に呼ばれます。しかし、「映像だけでは判断できない」と未知の生物に対して見解を述べることはありませんでした。

演じる犬童一心は1960年6月24日東京都出身。2003年公開の『ジョゼと虎と魚たち』を監督し、高く評価されて一躍知名度を上げます。監督・脚本が本業ですが、実は映画出演は2015年の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』に続いて二度目の出演です。

柳/緒方明

いつか読書する日

柳は仮名のようですが、彼もまたゴジラが蒲田に初めて上陸した時に有識者懇談会に参加を要請された海洋学者です。しかし、結局は「見ないとわからない」と言ってまったく役に立ちませんでした。

演じる緒方明は1959年佐賀県出身。1980年に『東京白菜関K者』で監督デビューを果たします。2005年に公開した田中裕子主演の映画『いつか読書する日』ではモントリオール世界映画祭、日本映画プロフェッショナル大賞で受賞を果たすなど、国内外で高い評価を受けました。俳優としては本作がデビュー作品です。

塙/原一男

ゆきゆきて、神軍

ゴジラが上陸したばかりの時に有識者懇談会に招かれた生物学教授。塙は仮名のようです。東京湾から蒲田に上陸したゴジラについて、意見を全く述べず、他の学者同様頼りなさを感じる役です。

演じる原一男は1945年6月8日山口県出身。映画監督としてドキュメンタリーを多く製作し、中でも1987年の『ゆきゆきて、神軍』や、1994年の『全身小説家』は異色ドキュメンタリーとして公開後に多くの議論をよびました。本作を含めて映画にも4作ほど出演しています。

早船達也/松尾スズキ

クワイエットルームにようこそ

ゴジラの取材をしているフリージャーナリストの早船。矢口の右腕である志村(高良健吾)から政府のゴジラ情報を報酬に、東京湾で消息を絶った牧元教授の行方を捜しています。

演じる松尾スズキは1962年12月15日福岡県出身。1988年に劇団大人計画を主宰し、役者として活動します。2004ンからは監督としても活動し、デビュー作の『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品され、2007年には自身の小説『クワイエットルームにようこそ』を内田有紀主演で映画化しました。

ジャーナリスト/川瀬陽太

首都圏の防衛を優先し、地方については後回しの姿勢をとる日本政府。新人記者(三浦貴大)もそんな政府の姿に批判的なジャーナリストの一人ですが、川瀬陽太演じるベテランのジャーナリストは日本政府の姿勢を皮肉を交えて後輩の記者に語ります。

演じる川瀬陽太は1969年12月28日神奈川県出身。1995年から俳優活動を始め、TVドラマや一般の映画に出演するかたわらピンク映画にも出演するなど異色の経歴があります。2017年は亀梨和也・土屋太鳳主演の映画『PとJK』に出演しています。

新人記者/三浦貴大

三浦貴大

壊滅した東京の現状に、首都防衛を優先させる日本政府。地方をないがしろにしているその姿に憤りを感じるジャーナリストもその一人。彼は政府の姿勢に批判的です。

演じた三浦貴大は1985年11月10日東京都出身。俳優の三浦友和と元アイドルの山口百恵の息子です。2010年に中井貴一主演の『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューし、高い評価を受けます。2016年は本作と共に妻夫木聡主演の『怒り』にも出演。2017年は複数のTVドラマに出演しています。

泉修一/松尾諭

進撃の巨人

ゴジラの進撃によって千代田区が破壊されたため、立川へ対策本部を移動した日本政府。泉修一は、内閣総理大臣臨時代理補佐官に就任し、ゴジラ対策に奔走する矢口(長谷川博己)へ軽口を叩きながらも、外交や「ヤシオリ作戦」のバックアップなど巨災対の活動を支援します。

演じる松尾諭は、1975年12月7日兵庫県出身。新聞社勤務を経て俳優を志し、2000年の映画『忘れられぬ人々』で俳優デビューします。多くの映画など幅広く作品への出演を重ね、2017年も朝ドラ『ひよっこ』に出演中。主演の長谷川博己とは、フジテレビ系ドラマ『デート』や映画『進撃の巨人』など共演する機会が多いです。

沢口/古田新太

古田新太

警察庁長官官房長で、矢口とは父親の代から知り合いのようです。東京を破壊した謎の怪物「ゴジラ」を牧元教授が研究していたと知った矢口。彼からゴジラに何らかの関係があるらしき牧元教授の調査を頼まれて引き受けますが、それは矢口の父親への恩義からの行動です。

演じた古田新太は1965年12月3日兵庫県生まれ。劇団☆新感線の看板俳優として人気を集め、1990年代からTVドラマや映画に出演します。今や多くの話題作に引っ張りだこですが、2016年のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の沼田頼綱役は、漫画原作者も影響を受けてしまったとコメントするほどのハマリ役でした。

小塚/光石研

光石研

小塚は現東京都知事。ゴジラが最初に上陸した時には日本政府の対策に不満を持っていました。その不満は、公安委員会にゴジラを有害鳥獣駆除のために自衛隊の出動要請した行動力に表れています。

演じる光石研は1961年9月26日福岡県出身。1978年に映画『博多っ子純情』で主演でデビューします。名脇役として多くの映画やTVドラマに出演していますが、その活動は日本国内だけにとどまらず、1998年にはアメリカの寡作の名匠テレンス・マリック監督の『シン・デッド・ライン』にも出演しました。

柳原邦彦/矢島健一

ソナチネ

柳原邦彦は国土交通大臣です。東京湾に出現し、アクアトンネルを崩落させたゴジラの駆除を推進し、自衛隊による駆除活動の成功をもくろむなど、楽観的な性格です。しかし、皮肉にも内閣官僚と共にヘリに乗り込んだ際、ゴジラによってヘリが撃墜され、帰らぬ人になります。

演じる矢島健一は1956年3月1日岐阜県出身。1980年から俳優活動を開始し、NHKの朝ドラや大河ドラマ、北野武監督の映画『ソナチネ』など、多くの作品に出演します。現在は大作や話題作には欠かせない俳優の一人で、2016年には『海賊と呼ばれた男』にも出演しました。

矢島/鶴見辰吾

鶴見辰吾

矢島は防衛省の特別機関統合幕僚監部で副長を務める男性です。「礼は要りません。仕事ですから」の名ゼリフを残した財前(國村隼)の部下でもあります。作中では市ヶ谷の戦闘指揮所でゴジラを倒すための現場指揮を担当します。特に見せ場はありませんが、自衛隊関係者として落ち着いた物腰が印象的です。

演じる鶴見辰吾は1964年12月29日東京都出身。1977年に俳優としてデビューし、1980年の初主演映画『翔んだカップル』では薬師丸ひろ子と共演して人気を集めます。2017年は木村拓哉主演で話題を集めたTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』に出演しました。

本部/モロ師岡

警察庁刑事局長の本部は、ゴジラ対応に右往左往する最中に、突如浮かび上がった行方不明の牧元教授について、実は国際手配されているのではないかと考える人物です。

演じるモロ師岡は1959年2月20日千葉県出身。アマチュアの劇団経験を経て1990年に芸能活動を開始します。1996年に出演した北野武監督の『キッズ・リターン』の中年ボクサー役は高く評価されました。2017年には映画『あゝ、荒野』が公開予定です。

町田一晃/吉田ウーロン太

経済産業省製造産業局長の町田は、途中から巨災対に参加します。ゴジラの動きを止めるための血液凝固剤を作るために奔走したり、原子力の研究が進んでいるフランスを外交相手にすることを提案するなど、映画の中で重要な役割を果たします。

演じる吉田ウーロン太は1978年2月9日東京都出身。お笑いトリオ・フラミンゴのメンバーとして2002年にデビューします。フラミンゴのメンバーとして活動しながらも、個人としてTVドラマや映画に多く出演しており、2017年もフジテレビ系ドラマ『きみはペット』に出演しました。

郡山肇/渡辺哲

乱

郡山肇は内閣危機管理監。ゴジラが二度目に出現した時は、大河内首相(大杉漣)と共に首相官邸を脱出し、ヘリに乗りますが、ゴジラにヘリごと撃墜されて死亡しました。

演じる渡辺哲は1950年3月11日愛知県出身。1985年に黒澤明の名作『乱』で俳優としてデビューします。その後アルバイトをしながら俳優活動を行い、40歳で俳優業に専念するようになりました。近年では2014年の映画『神さまの言うとおり』で声の出演もしています。

牧悟郎/岡本喜八

日本の一番長い日

元城南大学に在籍した生物学の教授ですが、日本の学会から追放されたために渡米し、アメリカでエネルギー省に務めます。映画では写真のみの登場し、冒頭では彼が乗っていたらしきボートが東京湾で発見され、それが物語の発端となります。

岡本喜八は1924年2月17日に鳥取県に生まれ、2005年2月に死去した映画監督です。1963年公開の『江分利満氏の優雅な生活』や1967年の『日本のいちばん長い日』など、邦画史に残る作品を次々に発表しました。総監督である庵野秀明は彼の大ファンとして有名で、彼へのリスペクトを込めて写真出演をしたようです。

里見祐介/平泉成

あまちゃん

里見祐介は当初、農林水産大臣でした。その後、総理大臣らが乗ったヘリがゴジラに撃墜されたのがきっかけで、擦り付けられたかのように内閣総理大臣臨時代理になります。お昼のラーメンがのびてしまった事を嘆いたり、総理の立場に文句を言いますが、政治家としてしたたかな一面も持っています。結果として里見がフランスを説得したことでヤシオリ作戦は成功しました。

演じる平泉成は1944年6月2日愛知県出身。1966年に大映から映画デビューし、脇役を中心に俳優活動を行います。大映倒産後はTVに活動をシフトし、『あまちゃん』など絶妙な存在感で印象に残る脇役を務めています。2017年にはTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』にもゲスト出演しました。

ゴジラ/野村萬斎

東京湾から蒲田へ上陸し、東京都民を混乱の渦に叩きこんだゴジラ。背中と長い尻尾のみあらわれた第1形態、蒲田の街を蛇のように這い、エラから体液をまき散らす第2形態、ゴジラの原型が感じられる第3形態、放射線をまき散らす強力な第4形態と、4度の変化を経て強力化していく姿が描かれます。

ゴジラと言えば、歴代ゴジラは着ぐるみで表現されていましたが、今回はCGで作られたゴジラをモーションキャプチャーで動かす手法で撮影しています。キャプチャーを担当したのは、なんと狂言師の野村萬斎。人間ではなく、まるで「神」や「幽霊」のような動きを考えて演技を工夫したそうです。

演じた野村萬斎は1966年4月5日東京都出身。狂言方和泉流の能楽師の家元に生まれ、4歳で初舞台に出演します。90年代からは狂言だけでなく、舞台やTVドラマに多く出演し、特に朝ドラ『あぐり』で演じた主人公の夫役は人気を集めました。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ゴジラ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧