2017年4月3日更新 2,438view

『攻殻機動隊』の荒巻大輔が渋かっこいい!

日本でも『攻殻機動隊』はアニメシリーズ化され、大ヒットとなりました。また今年2017年3月21日には全米で実写版が公開され、ビートたけしが荒巻大輔を演じます。今回は公安9課の重要な人物である荒巻大輔に注目し、魅力をまとめてご紹介します。

荒巻大輔が出演する、『攻殻機動隊』とは?

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX シーズン1+2 コンプリートDVDBOX フランス版 [Import]

技術が発展し、多くの人間が電脳を介することによってインターネットに直接接続することが可能になった近未来が舞台。そんな時代の中で、テロや暗殺などが起きていました。内務省直下の公安9課は、犯罪を事前に察知して、事件を最小限に防ぎ、市民たちの平和を守っていく物語です。

主人公の草薙素子は、マイクロマシン技術と呼ばれるもので脳の神経ネットに直接接続しており、脳と脊髄だけはそのままで、ほとんどの部分を義体化した女性型サイボーグです。他にも出演するキャラクターの中には、義足や義手だったり、一部を機械にしているサイボーグ化が普及した世界観となっています。

公安9課の部長を務めている

攻殻機動隊 ARISE 漢 (おとこ) の湯のみ 荒巻

荒巻大輔は、内務省直下の公安9課の部長を務めています。また、公安9課に所属する前は、陸上自衛隊の情報部に所属していました。そのため自衛隊には太いパイプを持っています。

自衛隊に所属していた頃は優秀な人材と称され、「赤鬼一等陸佐」の異名を持つ殿田大佐の愛弟子、”殿田塾三羽烏”の一人でした。今でも優れた手腕と、多くの政治家や権力者との人脈を持ち、公安9課を支えています。9課にいるメンバーの多くは義体化していますが、荒巻大輔は生身の人間で義体化は行っていません。

荒巻大輔の性格は、クールでリーダーらしい器をもっている

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男 Sleepless Eye~(6) (ヤングマガジンコミックス)

常に冷静沈着で、先読みが得意です。もともと所属していた情報部時代の経験を生かした戦術など、軍事的な知識や指揮能力にも長けています。また、自身の持つ人脈を生かして、公安9課を支えています。

彼は主に現場には出ず、オペレーションルームでメンバーたちの行動を把握し、指示しています。ですが、大事な場面では直接指揮を取るため、現場の第一線に出ることもあります。

荒巻大輔は公安9課からの信頼も厚い!

攻殻機動隊

私情で動くことはせず、自分が信じている社会正義に力を注いでいる正義感の強さが魅力です。自分の心情を曲げない男らしい性格に、公安9課内でも信頼の厚い人物です。公安9課のメンバーには、親しみをこめて”オヤジ”や、”猿オヤジ”などと呼ばれる一面もあります。

また「我々の間には、チームプレーなどという都合の良い言い訳は存在せん。あるとすれば、スタンドプレーから生じる、チームワークだけだ」など、度々アニメ内で放つ荒巻大輔の言葉が名言だと称され、荒巻大輔の言葉に胸を動かされたファンも多くいるようです。

草薙素子との関係は?

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~(3) (ヤングマガジンコミックス)

公安9課の重要なメンバーである草薙素子は、度々荒巻大輔と共にいるシーンが描かれています。ですが、実質的な公安9課のリーダーを務めている為、荒巻大輔から直接指示を受け、メンバーに指示を出しているのです。また、”エスパーより貴重な存在”と呼ぶほど、草薙素子の能力を高く評価しています。その為、お互いの信頼関係は厚く、仕事上ではお互い最高のパートナーなのかもしれません。

『攻殻機動隊』シリーズにて草薙素子が失踪したあとは、覇気をなくしてしまい、以前の活き活きと働いていた時とは真逆の、椅子に座った姿しか見せなくなりました。

荒巻大輔には、実の弟がいる!?

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG コンプリートBOX[DVD] [Import]

攻殻機動隊シリーズの中でも、人気の高い『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』では、”荒巻洋輔”という、荒巻大輔の実の兄が登場します。双子の設定で、行方知らずとなっていた存在です。今でも見た目は髪型が違うだけで、荒巻大輔とそっくりな特徴をもっています。また荒巻大輔とは違い、左腕のみ義体化しています。

とある島でミサイルが打ち込まれた際、船に人々を誘導し避難させていました。正義感が強い部分は、兄弟そろってのようです。

実写版『攻殻機動隊』で荒巻大輔を務めるのは、ビートたけし

『ゴースト・イン・ザ・シェル』北野武

(c) 2017 Paramount Pictures. All rights Reserved. 4月7日(金)より全国公開

今年2017年3月31日に全米で『攻殻機動隊』が公開されます。実写化に伴い、主人公の草薙素子はスカーレット・ヨハンソンが演じますが、荒巻大輔役にはビートたけしが抜擢されました。特徴的な髪型も似せ、本物の荒巻大輔に近い仕上がりとなっています。

また、予告映像内では荒巻大輔が銃を撃つシーンも公開されています。劇中では多くのセリフを日本語で話していると話していましたが、彼の優しくもあたたかい口調と、いざという時の指揮官能力を発揮した演技に注目です。

この記事はこちらの特集に含まれています。

攻殻機動隊特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧