2017年3月3日更新 56,365view

どの作品が楽しみ?今後公開予定のディズニー・ピクサー映画まとめ!

ウォルトディズニースタジオ配給、ディズニー・ア二メーション(『アナと雪の女王』など)、ディズニーピクチャーズ(『マレフィセント』など)、ピクサー(『トイストーリー』など)から今後公開されう映画は話題作ばかり!ディズニーファンにとって忙しい年になりそうです。

『モアナと伝説の海』(ディズニー・アニメーション)

2017年3月10日公開予定

2000年前の太平洋が舞台、14歳の少女モアナが海の怪物たちと遭遇しながら、伝説の島を探す航海へと出るストーリー!監督は『アラジン』のジョン・マスカー、ロン・クレメンツの2人が務めます。

実写映画『美女と野獣』(ディズニー・ピクチャーズ)

2017年4月21日公開予定

1991年のディズニーアニメーション『美女と野獣』を『ドリーム・ガールズ』を手掛けた監督ビル・コンドンが実写化します。ベル役をエマ・ワトソンが務めるということで話題になっています。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(ディズニー・ピクチャーズ)

2017年7月1日公開予定

パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第5作目!監督ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリの二人が務め、もちろんジョニー・デップがキャプテン・ジャック・スパロウを演じます。

『ココ(原題)』(ピクサー)

2017年11月22日公開予定

『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督の最新作が、2017年11月に公開されます!

主人公は音楽が大好きな少年ミゲル。しかし、彼の家では‟音楽に呪われている”という考えが蔓延していました。ひそかに歌手に憧れているミゲルは、ある日偶然死者の国へと訪れてしまい、そこで亡くなったはずの高祖母と出会います。

実写版『ムーラン(仮題)』(ディズニー・ピクチャーズ)

2018年11月2日公開予定

『ムーラン』

父親を助けるために、戦士と偽って戦った中国人少女の物語が徳望の実写化です!

実写版『ムーラン』の脚本を担当するのは、2009年の『アバター』でもタッグを組んだ、リック・ジャファとアマンダ・シルバーです。監督はまだ決定していませんが、ジェイソン・リードやクリス・ベンダーがプロデューサーとして参加するようです。

実写版は、すべて中国人キャストにより制作されるようですが、まだヒロインのムーランを含めて配役は発表されていません。制作陣は範囲を全世界に広げてキャスティング作業を続けているようです。

『Mr.インクレディブル2(仮題)』(ピクサー)

2018年8月15日公開予定

Mr.インクレディブル

2004年に公開されたピクサーのフルCGアニメーションの第二弾が2018年8月に公開予定です!

続編の脚本を担当するのは、第一弾の『Mr.インクレディブル』を監督したブラッド・バードであることが本人からの発表で判明しました。続編の監督もバードが行うかはまだ発表されていませんが、少なくともストーリーは期待できそうです。第一弾から14年後のお話なので、スーパーヒーロー一家があれからどんな変化を遂げたのかが楽しみですね。

ストーリーがどのようになるのかはまだ不明ですが、第一弾に登場し、サミュエル・L・ジャクソンが声を演じたフロゾンは再登場の可能性が高いようです。ジャクソン本人がバードから、続編にフロゾンが登場すると聞いているとコメントしているので、こちらの噂は真実である可能性が高そうですね。

『アナと雪の女王2』(ディズニー・アニメーション)

2018年公開予定

アナと雪の女王

2014年、公開されると世界中で空前の大ヒットとなった『アナと雪の女王』!『アナと雪の女王』の続編が製作されることがディズニーによって正式に発表されました。公開日、詳しいストーリーなどはまだ明らかになっていません。

実写『くるみ割り人形』(ディズニー・ピクチャーズ)

2018年公開予定

くるみ割り人形

チャイコフスキー作のバレエとして有名な『くるみ割り人形』をベースにした実写映画が2018年に公開予定です!クリスマスイブの日に女の子が人形達の世界へと引き込まれてしまうという原作をもとに、脚本家のアシュレイ・ポウェルが丸2年かけてどの様に構想を練ったのか楽しみですね。

主演は『 パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られるキーラ・ナイトレイ、監督は1993年の『ギルバート・グレイブ』などで知られるラッセ・ハルストレムです。

『トイストーリー4(原題)』(ピクサー)

2019年公開予定

トイストーリー

2010年『トイ・ストーリー3』で完璧なエンディングを迎えたトイ・ストーリーシリーズのまさかの続編!?

ジョン・ラセター自ら監督を務める意欲作です。ウッディとボー・ピープのラブコメディになるという噂が広まっています。

実写版『ライオン・キング(仮)』(ディズニー・ピクチャーズ)

公開日未定

ライオンキング

『美女と野獣』とともにディズニーのミュージカルアニメの歴史を作った『ライオン・キング』の実写版の制作が発表されました!

ディズニー・ピクチャーズが監督としてパートナーに選んだのは、『ジャングル・ブック』の実写版で成功を収めたジョン・ファヴローです。

伝説のミュージカルアニメを新時代に向けてリメイクするとのことで、期待できそうです。

『ドン・キホーテ』(ディズニー・ピクチャーズ)

公開日未定

ドンキホーテ

小説の読みすぎで自らを騎士と思い込み、やせた馬に乗って旅に出かけるスペインの小説『ドン・キホーテ』をベースにした映画の製作が発表されています。

制作人にラインナップされているのは、ともにディズニー作品ではヒットを飛ばしてきたゴードン・グレーとビリー・レイです。

映画は、古典をもとにしつつ、ディズニーらしいファンタジー要素がたくさん盛り込まれたものになりそうです。

『プリンス・チャーミング』(ディズニー・ピクチャーズ)

公開日未定

シンデレラ

ディズニープリンセスが登場するアニメーションではお馴染みの王子様、プリンス・チャーミングを主人公にした実写映画が制作予定です。

2009年公開の『くもりときどきミートボール』の脚本家のアシスタントしていたマット・フォーゲルが、チャーミング王子の原点に迫る脚本を書き、ディズニーが採用したそうです。

『ジーニーズ(genies)』(ディズニー・ピクチャーズ)

公開日未定

アラジン

ディズニーファンにはおなじみの、青い体をしたランプの魔人、ジーニーが登場する『アラジン』シリーズの実写化が進行中です。

スタジオは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで有名なガイ・リッチーを監督候補として定めて、現在交渉中とのこと。実写版も、ジーニーによる楽しいミュージカルシーンがたくさんのものになりそうです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

おすすめ洋画特集
ディズニー映画特集
ディズニー特集
ピクサー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧