2017年4月6日更新 7,509view

攻殻ファン必見のARISE最終章!『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』

9月6日(土)2週間限定全国劇場上映、『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』。シリーズの中心人物・草薙素子の部隊結成までを描く攻殻機動隊ARISEシリーズもいよいよ最終章、そしてここから攻殻機動隊が始まります。ファン必見の今作も2週間限定公開、是非見逃さないようにしましょう!
※border:1,2はレンタル、有料配信にて公開中。border:3は有料配信のみ公開中でパッゲージ版は8/27からレンタル開始。本作に備えて予習復習してみては??

“第四の攻殻”最終章。『攻殻機動隊』創設。

【あらすじ】
戦後復興の兆しある2028年冬――。国外カルテルの利権を巡るデモ活動が激化するニューポートシティで起きた警備の機動隊による無差別発砲事件。全てはファイア・スターターによる電脳感染が引き金だった。
草薙素子率いる独立攻性部隊は己の正義を自らのゴーストに委ねて事態の制圧を図る。
事件の裏に潜む“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダJr.。
事件を追う草薙はその二つのゴーストが求めるものに迫る――。

今作の事件も一筋縄ではいかない謎多きストーリー。

素子が率いる独立攻性部隊に迫る新たな事件。「前代未聞の同時多発電脳ハック」・「有り得ないはずの、一つの義体に二つのゴースト」・「ブリキとカカシとは一体何者で何を目指しているのか」など謎多きストーリーや概念は難解だけれど、魅力的。あなたはしっかり話についていけるでしょうか?

お馴染みの迫力あるサイバーアクション!

ARISEシリーズではもはやお馴染みの壮絶な戦闘シーンや鮮烈な電脳戦。是非劇場のスクリーンで体験することをおすすめします。

前作から引き続き登場の「エマ」と新キャラクター「ブリンダジュニア」

人気声優の茅野愛衣が声を担当した「ツダ・エマ」、旬の若手実力派声優・小野賢章が担当する新キャラクター「ブリンダジュニア」。“ブリキの少女”と“カカシの男”は何を一体意味するのか?

全攻殻ファン必見のシリーズクライマックスをお見逃しなく!

【STAFF】
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督・絵コンテ:工藤進
総作画監督・サブキャラクターデザイン:新井浩一
メカニックデザイン:柳瀬敬之
3DCGI:オレンジ/3DCG監督:井野元英二/美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介・益城貴昌/美術設定・プロップ:荒川直樹/撮影監督:田中宏侍/音響監督:岩浪美和
編集:植松淳一
サウンドトラック:フライングドッグ
アニメーション制作:Production I.G/製作:「攻殻機動隊ARISE」製作委員会/配給:東宝映像事業部
【CAST】
草薙素子:坂本真綾
荒巻大輔:塾 一久
バトー:松田健一郎
トグサ:新垣樽助
イシカワ:咲野俊介
サイトー:中國卓郎
パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉
ロジコマ:沢城みゆき
エマ:茅野愛衣
ブリンダジュニア:小野賢章
クルツ:浅野まゆみ
ホヅミ:慶長佑香
サイード:久川綾
【公式サイト】
http://www.kokaku-a.jp/index.php

(c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会』

この記事はこちらの特集に含まれています。

攻殻機動隊特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧