2017年3月13日更新 108,394view

実写映画『テラフォーマーズ』あらすじ・キャスト・公開日【原作のネタバレ紹介も!】

2013年版「このマンガがすごい!」オトコ編で1位を獲得した人気漫画『テラフォーマーズ』の実写映画が2016年ゴールデンウィークに公開されることが決定しました。実写映画『テラフォーマーズ』の最新情報を随時更新していきます。

大人気漫画『テラフォーマーズ』が実写映画化

週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画『テラフォーマーズ』の実写映画が、2016年4月29日に公開されることが決定しています。2011年に連載が開始された本作は、2013年に「このマンガがすごい!」オトコ編で1位を獲得し、人気が爆発。2015年11月現在15巻まで発売されており、累計発行部数1,100万部を超える大ヒット漫画になっています。

映画『テラフォーマーズ』あらすじ

テラフォーマーズ

出典: b-o-y.me

映画『テラフォーマーズ』は、原作の単行本1巻にあたる「バグズ2号編」をベースにしたストーリーとなっています。

時は、2599年。人口が爆発的に増えた人類は、火星への移住を検討していました。しかし、火星は平均気温マイナス58度と、人間が住める環境ではありません。そこで、火星を人間が住める環境にテラフォーミング(地球化)するため、火星に苔を植え、ゴキブリを放つ計画が持ち上がります。

火星の地中には二酸化炭素が大量に凍っているため、火星を一度温めてしまえば、二酸化炭素が溶け、地球の環境に近づくというものです。生存能力の高いゴキブリによって、地表を黒くすることで、太陽光を吸収しようという計画です。

テラフォーミング計画は半ばまで上手くいきかけますが、火星の厳しい環境下におかれたゴキブリが巨大化しており、人類移住のためには、ゴキブリを倒さなくてはならなくなったのです。

バグズ手術を秘密裏に受けさせられていたバグズ2号の乗組員たちは、自分たちの体を勝手に改造されていたことに憤怒しながらも、火星のゴキブリ(テラフォーマー)を倒すという使命のもと立ち向かいます。

しかしもうひとつ、新たな企みの影が忍び寄って…。

原作では、国際政治が重要なファクターになっていましたが、乗組員の名前がほぼ全員日本人に変更されていることから、国際政治的要素は削られたのではないかと予想されます。

バグズ手術とは

テラフォーマーズ

昆虫のDNAを組み込むことで、人間の骨肉細胞を強固な昆虫のものに変化させるという手術です。バグズ2号の乗組員たちは、それぞれ違った昆虫のDNAを組み込まれています。薬を使用すると、昆虫モードに変態することができます。

注意:記事の最後に原作のネタバレ紹介があります。

豪華キャストが集結!

小町小吉/伊藤英明

伊藤英明

テラフォーマーズ

出典: mdpr.jp

主人公小町小吉を伊藤英明が演じます。手術ベースはオオスズメバチで、変態すると腕が太くなり、手の甲に毒針が生えます。正義感が強く、気さくな性格で、バグズ2号のコミュニケーションの中心になっています。

秋田奈々緒/武井咲

武井咲

武井咲

ヒロイン秋田奈々緒を武井咲が演じます。手術のベースはクモイトカイコガで、鋼鉄の強度の糸を1000m紡ぐことができます。原作では、小町小吉と同い年の幼馴染という設定でしたが、伊藤英明と武井咲が同い年というのは無理があると思うので、設定変更がなされるのでしょう。

武藤仁 based-on ティン/山下智久

山下智久演じる武藤仁は、原作のティンがベースになっている登場人物です。手術ベースはサバクトビバッタで、変態すると脚力が増強されます。タイ出身でムエタイを習得しているという設定でしたが、映画では日本人に変更されているので、空手を習得しているというような設定になっているかもしれません。

蛭間一郎/山田孝之

山田孝之

山田孝之演じる蛭間一郎の手術ベースはネムリユスリカで、戦闘能力は高くありませんが、急激な温度変化や放射線、真空状態に耐えることができます。

本多晃/小栗旬

小栗旬

小栗旬演じる本多晃は、東工大の教授で、バグズ2号には乗船しません。「バグズ2号計画」に技術者として参加している他、独自の計画も秘密裏に進めています。

ゴッド・リー/ケイン・コスギ

ケイン・コスギ

ケイン・コスギ演じるゴッド・リーはイスラエル出身の元傭兵。手術ベースはミイデラゴミムシで、過酸化水素とハイドロキノンを体内で合成することで、超高温の爆炎を放出することができます。

森木明日香 based-on ヴィクトリア・ウッド/菊地凛子

菊池凜子

菊地凛子演じる森木明日香はヴィクトリア・ウッドがベースとなっている登場人物です。手術ベースはエメラルドゴキブリバチで、毒針となった両手の人差し指を指すことでテラフォーマー(火星のゴキブリ)を操ることができます。

堂島啓介 based-on ドナテロ・K・デイヴス/加藤雅也

加藤雅也

加藤雅也が演じる堂島啓介は、ドナテロ・K・デイヴスがベースとなっている登場人物。ドナテロ・K・デイヴスは、原作においてバグズ2号の艦長をつとめているため、映画でも堂島啓介が艦長をつとめることが予想されます。手術ベースはパラポネラ(サシハリアリ)で、変態することで頑強な体と怪力を持つことができます。単純な戦闘であれば、乗組員内で最強といえるでしょう。

大張美奈 based-on 張明明/小池栄子

小池栄子

小池栄子演じる大張美奈は張明明がベースとなっている登場人物で、手術ベースはハナカマキリです。変態することによって、腕が鋭利なカマキリの腕に変化します。

大迫空衣 based-on ジャイナ・エイゼンシュテイン/篠田麻里子

篠田麻里子

篠田麻里子演じる大迫空衣はジャイナ・エイゼンシュテインがベースとなっている登場人物で、手術ベースはクロカタゾウムシです。変態することで、銃弾も跳ね返す強固な腕を持ちます。

ジャイナは原作ではすぐに死んでしまうキャラクターですが、そのことについて問われると三池監督が以下のようにポロり…。

もうちょっと衝撃的かも。みんなを導いていくキャラだけど、これからだ!っていうところで……

一体全体、篠田麻里子の身に何が起こるのでしょうか?!

手塚俊治 based-on テジャス・ヴィジ/滝藤賢一

滝藤賢一

滝藤賢一演じる手塚俊治はテジャス・ヴィジがベースとなっている登場人物で、手術ベースはメダカハネカクシです。原作では、口からジェット噴射のようなガスを発射することで、テラフォーマーの集団から乗組員を逃がしました。

連城マリア based-on マリア・ビレン/太田莉菜

太田莉菜

太田莉菜演じる連城マリアはマリア・ビレンがベースとなっている登場人物で、手術ベースはニジイロクワガタです。原作のマリア・ビレンはロシア人という設定ですが、連城マリアという名前から、映画ではハーフという設定になっているのではないかと思われます。演じる太田莉菜も、父が日本人、母がロシア人のハーフですのでピッタリのキャスティングといえる気がします。

オリジナルキャラクター榊原/福島リラ

福島リラ

2015年7月現在発表されている登場人物のなかで、唯一のオリジナルキャラクターである榊原を福島リラが演じます。福島リラは生年月日も非公開という謎の女優で、『ウルヴァリン: SAMURAI』でハリウッドデビューも果たしています。登場人物も演じる役者も謎が多いということで、続報が待たれます。

吉兼丈二/渋川清彦

渋川清彦『アイキャッチ』

原作には登場しないヤクザ吉兼丈二を渋川清彦が演じます。取材では、変身する前に死ぬことを堂々とネタバレ。『テラフォーマーズ』と同じ月に公開される映画『蜜のあわれ』にもバーテンダー役でワンシーンのみ出演しており、抜群の存在感を示していました。

監督は三池崇史

三池崇史

監督は、日本エンターテインメント映画を牽引する三池崇史がつとめます。『クローズZERO』『ヤッターマン』『愛と誠』『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』など、近年は漫画、アニメ原作の実写化を多く経験しています。アクションとコメディを撮ることに定評があるだけに、原作『テラフォーマーズ』の魅力であるアクションシーン、ギャグシーンに期待ができます。

主演の伊藤英明は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『悪の教典』とこれまでに2本の三池作品で主演を演じており、ヒロインの武井咲は『愛と誠』でヒロインを演じています。息のあった盤石のキャスティングといえるでしょう。

実写映画『テラフォーマーズ』は2016年4月29日公開予定です。

アイスランドでロケを敢行!ハリウッド並みの力作?

テラフォーマーズ

火星という非日常な世界観を演出するために今回、邦画で初めてアイスランドでロケが行われました。

日本の土地では火星という壮大な画を撮ることは不可能でしょう。しかし邦画はハリウッドとは違い、予算的にもいろいろと妥協して撮影は行わなくてはいけないのが苦しいところ。しかし今回、その舞台の演出にはこだわり抜いてアイスランドまで足を伸ばしています。

海外の映画では『インターステラー』や『オブリビオン』などがアイスランドでロケを行いそのSF感を演出しています。どんなスケールの大きな映像に仕上がっているのか期待したいですね。

『テラフォーマーズ』原作1巻(バグズ2号編全編)をネタバレ紹介!

『テラフォーマーズ』1巻

人口が激増した2599年の地球では、火星をテラフォーミング(地球化)して移住する計画が進行していました。火星は気温が低く暖める必要があったため、ゴキブリと苔を火星に放ち地面を黒くすることで太陽熱を吸収し、結果として気温を上げるというものでした。小町小吉たち15名は火星に人間を移住させるため、バグズ2号という宇宙船に乗って、ゴキブリ駆除をしに行くことになります。

火星についたバグズ2号の乗組員たちは、火星で人並みの大きさに巨大化したゴキブリ(テラフォーマー)と遭遇します。小町小吉はテラフォーマーとコミュニケーションを取ろうとしますが、テラフォーマーに幼馴染の秋田奈々緒を殺されてしまいます。

体制を立て直すために、乗組員たちは宇宙船に戻ります。悲しみにくれる小吉たちを宇宙船に残し、戦闘に長けたゴッド・リーがゴキブリの駆除に向かいます。

バグズ手術によってミイデラゴミムシのDNAを取り込み、超高温の炎を手から放出することができるゴッド・リーでしたが、熱に強く進化を遂げていたテラフォーマーに殺されてしまいます。

ゴッド・リーを倒したテラフォーマーはバグズ2号内に進入。なんとか艦長のドナテロ・K・デイヴスが撃退しますが、バグズ2号は100匹以上のテラフォーマーに囲まれており、このままでは全滅してしまうという状況になっていました。

艦長のドナテロ・K・デイヴスは自分が囮になると宣言、日本人の蛭間一郎とふたりでバグズ2号内にとどまり、他の乗組員たちは逃げ出します。

一度は逃げることに成功した小吉たちでしたが、再びテラフォーマーに囲まれてしまいます。小吉はオオスズメバチの力を使い、テラフォーマーを撃退しますが、テラフォーマーたちを倒し終える頃には多くの乗組員が殺されており、生き残っているのは小吉とティンと副艦長の張明明の3人のみでした。

同じころ、バグズ2号に残ったドナテロ・K・デイヴスは、バグズ2号内の酸素をなくし、テラフォーマー約100匹を道連れにして息絶えました。バグズ2号内に生きているものはいないかと思われましたが、実はふたり生存者がいました。

蛭間一郎とヴィクトリア・ウッドです。蛭間一郎はネムリユスリカの能力を使い仮死状態になっており、ヴィクトリア・ウッドはテラフォーマーに擬態していたのです。ふたりはテラフォーマーの卵を地球に持って帰るという密命を受けていました。

小吉たちを残しバグズ2号は火星を飛び立ちます。任務を完了させたかに思えたふたりでしたが、テラフォーマーの卵が孵化。ヴィクトリア・ウッドはテラフォーマーに殺され、蛭間一郎も倒され、バグズ2号は墜落してしまいます。

小吉たちは墜落したバグズ2号に向かい、船内のテラフォーマーと戦闘になります。副艦長の張明明はテラフォーマーとの闘いに敗れ、ティンは昆虫の力を使うための薬を使い過ぎ昆虫の姿のまま死んでしまいます。

生き残った小吉と仮死状態から復活した蛭間一郎は船内に残されていた脱出用のカプセルで火星を脱出するのでした。

この記事はこちらの特集に含まれています。

少年漫画原作の実写映画特集
参考URL
wwws.warnerbros.co.jp

PAGE TOP

カテゴリー一覧