2015年9月14日更新 15,239view

2016年以降公開のピクサー映画まとめ

『トイ・ストーリー』や『カーズ』などのメガヒット作品の続編から、『アーロと少年』のような新作が今後も、目白押しな作品がいっぱいのピクサー映画。いったいどんなストーリーが見られるのか気になりますよね!2016年以降に公開するピクサー映画をまとめてみました。

ピクサー映画を作っているピクサー・アニメーション・スタジオとは?

ピクサー

モンスターズ・インク』や『トイ・ストーリー』などの数々の名作を生み出しているアニメーション会社で、ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社でもあるピクサー・アニメーション・スタジオ。

コンピューターグラフィックスを用いたアニメーションが得意ですね。脚本を12人で分業し2~3年かけて練りこまれるハートフルな脚本や、個性的なキャラクター、そして職人技でもあるキャラの表情づくりなど、世界トップクラスのアニメーション技術をもっています。

エンドロールにNGシーンを入れたり、サービス精神もあり、「ピクサー映画にハズレなし」とまで言われています。

そんなピクサーが2016年以降に発表する映画をまとめてみました。

アーロと少年

隕石が衝突しないで、恐竜が絶滅せずに生き残っていたという設定で作られた16作品目の長編作。臆病の大きな恐竜と、一人ぼっちの少年の出会いから始まるアドベンチャーストーリーです。

冒頭のコミカルシーンも面白いですが、木々や川などの壮大な自然がリアルに描写されていてとても美しいですね。

アーロと少年』は、2015年11月25日全米公開予定、2016年3月12日に日本公開予定です。

Sanjay’s Super Team

sanjays-super-team-pixar

こちらは『アーロと少年』と同時上映されるサンジェイ・パテル監督ショーとアニメーション作品。インドの神話とスーパーヒーローを組み合わせたファンタジックな世界で、作品は監督自身の子供時代を基に描かれています。

The Incredibles 2(Mr.インクレディブル 2)

スーパーヒーローの能力を持つ一家が織りなす勇気と感動のアドベンチャー映画『Mr.インクレディブル』の続編を、『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』や『トゥモローランド』などのブラッド・バード監督が正式に就任することに決定しました。

現在は脚本を執筆中。前作にいれることのできなかったアイディアも盛り込み、作成しているようで、楽しみですね。

ファインディング・ドリー

『ファインディング・ニモ』の続編となる『ファインディング・ドリー』。2016年6月17日に全米公開、7月1日に日本公開されることが予定されています。

前作から半年後、自らの両親を探すためにニモと共に旅に出るというストーリー。タコやイカ、アシカなど新しいキャラクターたちも登場します。

トイ・ストーリー4

前作のラストのエンディングに満足している人も多いため、『トイ・ストーリー4』は前3部作の続編ではなく、ロマンチックコメディーになるようです。

おもちゃと子供たちの交流ではなく、ラブストーリーを中心に盛り込まれるようです。

全米公開予定日は2017年6月16日、日本公開予定日は7月15日です。

ココ

Coco

出典: twitter.com

メキシコの「死者の日」という祝日を題材にした本作『ココ』はミュージカル作品になる可能性が高いと言われています。詳細はまだ明らかになっていませんが、少年を主人公とした家族の再生を描くストーリーとのことです。

2017年11月全米公開予定です。

カーズ 3

様々な車が自分たちの意思で動き回るアニメーション映画としてメガヒットになった『カーズ』の第3弾となる作品。

2018年6月に全米公開予定になっています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ピクサー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧