2016年12月21日更新 80,059view

キム・ヒョンジュン出演おすすめドラマ5選

2015年より入隊が発表された韓国のアイドルグループSS501のリーダーとして知られるキム・ヒョンジュン。歌手活躍の傍ら俳優としても活躍するキム・ヒョンジュンの出演ドラマをまとめます。

キム・ヒョンジュンのプロフィール

キム・ヒョンジュン

キム・ヒョンジュンは1986年生まれの韓国の歌手・俳優です。アイドルグループSS501のリーダーであることでも知られています。

2005年にSS501のリーダーとしてデビューを果たしたのち、ドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers』に出演。F4の1人であるユン・ジフ(日本版では花沢類にあたります)を演じ、注目を浴びました。

その後も歌手活動と並行しながらドラマ『イタズラなKiss〜Playful Kiss』や『感激時代』など俳優としても活躍。

2015年より入隊が発表され、2017年2月11日に除隊予定であることが報じられています。

1:『愛もリフィルできますか?』(2006年)

『愛もリフィルできますか?』

出典: ameblo.jp

2006年放送のドラマ『愛もリフィルできますか?』

ソムリエの資格を持つバツイチ長女と、専業主婦の次女、スポーツ会社に務める三女の三姉妹が繰り広げる恋愛模様を描いたこの作品で、キム・ヒョンジュンは、三女と恋に落ちる英国生まれの天才わがままプロゴルファー・ウィリアムを演じました。

ピョン・ジョンスやキム・テヨン、チョン・チャヌ、ハン・ミンらと共演しました。

2:『スポットライト』(2008年)

『スポットライト』

韓国MBCテレビ報道局が全面協力して製作されたということで話題を呼んだ2008年放送のドラマ『スポットライト』

報道番組に携わる社会部記者たちの姿をリアルに描いたこの作品でキム・ヒョンジュンは第1話に少しだけ出演しています。

3:『花より男子〜Boys Over Flowers』(2009年)

『花より男子〜Boys Over Flowers』

『花より男子』 キム・ヒョンジュン

出典: ameblo.jp

神尾葉子による日本の少女漫画原作の2009年放送のドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers』

貧しいながらも名門学校に入学したク・ヘソン演じる主人公クム・ジャンディ(日本版では牧野つくしにあたります)が、学校を牛耳る財閥子息の4人組・F4に手を焼きながらも心を揺さぶられていく姿を描いたこの作品で、キム・ヒョンジュンは日本では花沢類にあたる役、ユン・ジフを演じました。元大統領の孫であるF4きってのイケメンを演じたキム・ヒョンジュンをはじめイ・ミンホやキム・ボム、キム・ジュンらがF4のメンバーに抜擢されています。

4:『イタズラなKiss〜Playful Kiss』(2010年)

『イタズラなKiss〜Playful Kiss』

多田かおるによる日本の少女漫画が原作の2010年放送のドラマ『イタズラなKiss〜Playful Kiss』

IQ200のクールな天才と、そんな彼に想いを寄せる落ちこぼれ女子高生2人の恋愛模様を描いたこの作品で、キム・ヒョンジュンはIQ200もある頭脳明晰な美少年ペク・スンジョを演じ、チョン・ソミンやチョン・ソミン、ユン・スンアらと共演しました。

5:『感激時代』(2014年)

『感激時代』

出典: datv.jp

壮大なスケールと華やかなアクションが話題を呼んだキム・ヒョンジュン主演のドラマ『感激時代』

上海と韓国を舞台に犯罪者や闇社会をテーマに取り上げたこの作品で、キム・ヒョンジュンは密輸業に携わる最強のファイター、シン・ジョンテを演じ、見事なアクションシーンを披露しました。

ヒロインのカヤを演じるイム・スヒャンはじめ、少林寺拳法の達人モ・イルファ役にソン・ジェリム、朝鮮出身のヤクザ演じるキム・ソンオらが出演しています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

イタズラなkiss
俳優別おすすめ映画・ドラマ特集
韓国ドラマ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧