釣りバカ日誌2

釣りバカ日誌2

1989年製作 日本 96分 1989年12月27日上映
rating 2.7 2.7
12 0

『釣りバカ日誌2』とは

作・やまさき十三と画・北見けんいち作の同名漫画『釣りバカ日誌』の実写映画シリーズ第2作目。1作目が人気だったことからシリーズ化を決定したので、1作目のラストとは繋がってはいない。前作に引き続き、監督は栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。そして今回、脚本には堀本卓が参加し、山田洋次と共同で執筆した第8回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞作品。 前作同様、主演は西田敏行が演じ、レギュラーキャストとして石田えり、三國連太郎、谷敬らが務める。ゲスト出演として、原美枝子を迎えた。

『釣りバカ日誌2』のあらすじ

鈴木建設で働く浜崎伝助こと「はまちゃん」は、社長である鈴木一之助こと「スーさん」とは内緒の釣り仲間である。ある日、会社の経営に悩んでいたスーさんは嫌気がさし、突然消息不明となった。そして、行きついた旅先で間宮弥生(原美枝子)と言う女性に出会い、想いを募らせていた。一方、心配したスーさんの妻である久江(丹阿弥谷津子)は、ハマちゃんに居場所を探してほしいと頼むのであった。 釣り好きの勘を働かせたハマちゃんは、釣りの聖地・愛知県伊良湖岬へと向ったのだ。到着したハマちゃんはスーさんと弥生が過ごしているのを目にする。そこで、怒るハマちゃんに困ったスーさんは弥生を娘だとはぐらかしたのだ。ところが、東京に戻ったハマちゃんは偶然弥生と再会し、スーさんの嘘に気付き再び激怒しひと悶着を起こしてしまい......。

『釣りバカ日誌2』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌2』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌2』に関連する作品