バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

1989年製作 アメリカ 108分 1989年12月9日上映
rating 4.1 4.1
779 15

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とは

いったんは未来に行った高校生が、書き換えられた現在を戻すために再び過去へワープするSF映画。シリーズ3部作の第2弾。監督は、『ロジャー・ラビット』のロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグが務める。主演のマイケル・J・フォックスは本作で1人3役、敵役のトーマス・F・ウィルソンは1人2役に挑戦している。共演者は『カッコーの巣の上で』のクリストファー・ロイド、『リービング・ラスベガス』のエリザベス・シューらだ。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のあらすじ

1985年に帰ってきたマーティだが、ドクはマーティの息子が未来で問題を起こしたと告げる。マーティ達は2015年に向かう。マーティは息子が起こすはずだった問題を食い止め、骨董屋で1950~2000年までのスポーツ年鑑を買う。結果を知っていれば、儲けられると考えたからだ。しかし、ドクにたしなめられたため、マーティは年鑑を捨てることに。だが、その様子をマクフライ家と因縁があるビフに見られてしまう。ビフは、スポーツ年鑑を手に、デロリアンで1955年にワープ。若かりし日の自分に年鑑を渡す。これによって歴史は書き換えられ、マーティの父は殺され、母はビフの女になるという、恐ろしい歴史が生まれてしまう。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のスタッフ・キャスト

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    未来の世界にまたワクワク! 今度の舞台は未来で2015年っていう身近な時代設定、夢の車とか服が登場して実際はそこまで追いつかなかったな~なんて楽しみながら観れる。過去をいじると未来が変わる原理がとっても分かりやすい。

  • Minori

    公開時から計算すると35年後にあたる2015年の未来が舞台。つい3年前にその未来を経験したから、35年がどれほど先のことなのか実感しづらいけど、2053年と言われるとものすごく途方も無い話に感じる でも、空飛ぶ車や自動で靴紐が締まる靴とか、2053年にも存在しなさそうだな 前作と全く同じシーンを、今作では違うアングルから撮影していたり、頭がこんがらがちな時空の話を理解しやすく書いたりと、製作者の頭脳の緻密さにただただ感嘆しっぱなしの2時間

  • エミデブ
    エミデブ 4 2018年1月19日

    Part2というよりも、1の延長線上にある映画であって、まだ観てないけど3もきっとこれまでの延長線上にあって、6時間の時間旅行を3つに分けてるだけなんじゃないか。だからこそ1から順にみないと絶対ダメ! だからこそ相変わらず面白い。めっちゃ面白い。30年後の未来こそ全然的中してなかったわけだけど、Part2のメインとしてはそこから引き起こされたパラドックスを修復するため再び30年前に戻ること。 1955年を改めて別の視点で観れるこの斬新なストーリー。 1作目ほどの、未来につながる爽快な伏線こそなかったものの、そのままPart3に繋がる終わり方が、まだワクワクさせてくれるのかと。 どうやら、最近本気で開発して、液体窒素の力でほんのちょっとだけ浮くスケートボードが完成したみたい。未来がこうなるじゃなくって、未来がこの映画に合わせて行くなんてすごいムーブメントだよなぁ。 来月USJに行くから、すごい良いタイミングで観れたなぁ。今からワクワク。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に関連する作品