おまえうまそうだな

おまえうまそうだな

rating 3.6 3.6
12 2

『おまえうまそうだな』とは

2010年10月16日の公開で、累計150万部を突破した絵本作家・宮西達也による代表作のティラノサウルスシリーズ『おまえ うまそうだな』『きみはほんとうにステキだね』『あなたをずっとずっとあいしてる』の3冊を原案に映画化した、ハートウォーミングストーリー。『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』などの監督・藤森雅也が、大きな肉食系恐竜と小さな草食系恐竜の、本当の父と子にも似た愛情のドラマを描き出している。 声の出演には、かわいい子ども恐竜・ウマソウを、加藤清史郎が好演しており、山口勝平、原田知世、別所哲也ほか。作者の宮西は鉤ヅメ役で、宮西の妻の宮西美奈子もマイアサウラのおばさん役で声優に挑戦している。

『おまえうまそうだな』のあらすじ

草食恐竜・マイアサウラのお母さんはある日、川で流れてきた卵を拾い、巣に持ち帰り自分の卵と一緒に育てることに。そして拾った卵の殻を破って出てきたのは、肉食恐竜であるティラノサウルスの子供だった。お母さんはその子を「ハート」と名付け、ハートを危険視する仲間達から群れを追い出されても自分の子・ライトと同じように愛情を注いで育てた。しかし、ハートはある事件から「自分は平原の王者であるオオアゴ」であることに気付き、お母さんたちを食べてしまうのではないかという恐怖心から、お母さんの元を飛び出してしまう。やがて成長して立派な肉食恐竜・ティラノサウルスとなったハートは、草原で卵を発見するが……。

『おまえうまそうだな』のスタッフ・キャスト

『おまえうまそうだな』の感想・評価・ネタバレ

  • 剣豪
    剣豪 3 7月18日

    草食恐竜に育てられた肉食恐竜の葛藤、成長。 捕食描写もマイルドに描いた、子供向けで分かりやすい作品だが、お決まりの親子愛シーンでホロリとさせられた。

  • m_saito

    赤い実は愛のメタファー

  • kaiken

    出だしの展開からもっと教育的な内容なのかと思ったら意外といいお話だった。いい話しだったんだけど、キャラクタの造形がちょっとポケモンすぎて(”うまそう”の声もテレビアニメっぽすぎて)、どうもそっちに気がいっちゃう。子供はこういう感じがいいんだろうけど。あと最後のたまごのシーンが意味がわからん。たまごはモノリスなの?

『おまえうまそうだな』に関連する作品