青い山脈’88

青い山脈’88

1988年製作 日本 107分 1988年10月15日上映
rating 0 -
0 0

『青い山脈’88』とは

石坂洋次郎の小説『青い山脈』の映画化第5弾。閉鎖的な地方都市青森県弘前市の女子高を舞台にした青春ストーリー。主役の舘ひろしが歌った主題歌がラジオで取り上げられたり、舘さんの校医という役どころとキャラクター設定が当時何かと話題に上った作品。また違ったイメージの役を演じた池部良も高い評価を得た。

『青い山脈’88』のあらすじ

閉鎖的な田舎町青森。高校生という異性に興味が出てくる年ごろの女子生徒たち。そんな女子高に転校してきた新子にある日自宅に卑猥なイラスト入りラブレターが届く。それを見た厳格な父から厳しく叱責され、新子はラブレターの差出人を探す決意をし、担任の島崎先生に相談する。島崎は校医の沼田に協力を要請するが、取り合ってもらえない。そんな中、学校では売春問題で一人の生徒が退学することになった。校長や理事長はこの問題をひた隠そうとする。沼田は子供に真剣に向かい合わず、都合の悪いことは見て見ぬふりをする学校側と激しく対立していく。

『青い山脈’88』のスタッフ・キャスト

『青い山脈’88』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『青い山脈’88』に関連する作品