男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

1988年製作 日本 1988年12月24日上映
rating 2.7 2.7
5 0

『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』とは

『男はつらいよ』シリーズの40作目。『ダウンタウンヒーローズ』の山田洋次と、朝間義隆が共同で脚本を執筆。監督も山田洋次が手がけている。『釣りバカ日誌』の第1作と同時上映された。本作は、ベストセラーとなった俵万智の『サラダ記念日』を原作としている。今回のマドンナは三田佳子。また、ゲストとして三田寛子・尾美としのりらが出演している。ロケ地は長野県の小諸、長崎県の島原など。上映中に元号が昭和から平成に変更されたため、本作が昭和最後の作品となった。キャッチコピーは「『愛してる』なんて カンチューハイ2本で言えるなら こんなに苦労しねってことよ」。

『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』のあらすじ

信州・小諸を訪れた寅次郎は、キクエという一人暮らしの老婆と知り合い、家に泊まらせてもらう。翌朝、医師の原田真知子が、キクエを入院させるため家にやってくる。病院ではなく家で死にたいというキクエだったが、寅次郎の説得で何とか入院させることができた。寅次郎は真知子に一目惚れし、真知子も彼に好意を持つが、夕食が終わると帰ってしまう。東京に戻っても真知子を忘れられない寅次郎は、真知子の姪・由紀に会うため早稲田大学へ。それから数日後、真知子が由紀を連れて「とらや」を訪ねてくる。寅次郎たちは楽しい一日を過ごしたが、しばらくして小諸で出会ったキクエが危篤だという連絡が入る。

『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』に関連する作品