釣りバカ日誌

釣りバカ日誌

1988年製作 日本 93分 1988年12月24日上映
rating 3.4 3.4
18 1

『釣りバカ日誌』とは

昭和54年から『ビックコミックオリジナル』で連載されている、やまさき十三、北見けんいちの同名漫画を実写化。原作に比べ、釣りよりもドラマ色が濃く描かれている。監督は『いとしのラハイナ』(1983年)の栗山富夫がメガホンを取り、脚本は「男はつらいよ」シリーズの山田洋次とテレビドラマ『太陽にほえろ!』の桃井章による共同執筆。そして、撮影は『俺ら東京さ行ぐだ』(1985年)の安田浩肋が担当した。 主演は西田敏行が務め、石田えり、三國連太郎、谷啓、丹阿弥谷津子らが共演。

『釣りバカ日誌』のあらすじ

香川県の鈴木建設に勤める釣りが大好きなサラリーマンの浜崎伝助(西田敏行)は、周りから「ハマちゃん」と愛称で親しまれていた。ある日、ハマちゃんは東京本社へ転勤の人事異動を言い渡される。東京では釣りが出来ないと嘆くハマちゃんだったが、愛妻・みち子(石田えり)の説得で北品川にある釣宿の2階に引っ越すのだった。しかし、異動先の営業三課では遅刻ばかりで毎日怠けているハマちゃん。 そんなある日、ハマちゃんは食堂で鈴木建設の社長である鈴木一之助(三國連太郎)と出会う。そこで、お互いに社長と社員の関係とは知らないまま二人は意気投合し、後日釣りに行くことに。約束の日、登山の恰好でやって来た一之助をハマちゃんは「スーさん」と呼んだ。釣りを楽しんだ二人は、そのままハマちゃんの家に行き、みち子も歓迎し接待をする。こうして、ハマちゃん夫妻はスーさんを孤独な老人と勘違いしてしまうのであったが......。

『釣りバカ日誌』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌』に関連する作品