Bugってハニー メガロム少女舞4622

Bugってハニー メガロム少女舞4622

rating 0 -
0 0

『Bugってハニー メガロム少女舞4622』とは

ファミリーコンピュータ用アクションゲーム、『高橋名人の冒険島』の世界観にてアニメ化された、『Bugってハニー』の劇場アニメ化作品。1987年劇場公開。高橋原人を倒そうとする、ダイキュラーと高橋原人との争いを描く。 監督には、『タッチ3 君が通り過ぎたあとに』や『鉄子の旅』の永丘昭典が務める。アニメーション制作には、『超時空世紀オーガス』や『あしたのジョー2』の東京ムービー新社。 声優には、舞役に荘真由美、リオ役に難波圭一、高橋原人役に水島裕。

『Bugってハニー メガロム少女舞4622』のあらすじ

ゲームの中の仮想の世界・トイコンワールド。そこでは、巨大鉛筆型コンピュータの「ハニコム」によって、人々の平和が保たれていた。トイコンワールドに住む人間は「メモリー」を持っているコンピュータ人間と呼ばれているのだ。 主人公のリオは、トイコンワールドに住んでいる「コンピュータ人間」のメモリーを修理する仕事に就いていた。しかし、ある日の事、リオのガールフレンドであるメガロム少女・舞のメモリーが、ダイキュラーという人物に盗まれてしまう。一方舞のメモリーを奪ったダイキュラーには、舞を掌握して、あの高橋原人を倒そうという目的があった。

『Bugってハニー メガロム少女舞4622』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『Bugってハニー メガロム少女舞4622』に関連する作品