男はつらいよ 知床慕情

男はつらいよ 知床慕情

1987年製作 日本 107分 1987年8月15日上映
rating 2.8 2.8
7 0

『男はつらいよ 知床慕情』とは

「男はつらいよ」のシリーズ第38作目となる作品。今回は北海道の知床を舞台に寅次郎が恋の橋渡しに奔走する。監督は前作『男はつらいよ 幸福の青い鳥』と同じく山田洋次が務め、脚本は山田洋次・朝間義隆が共同で担当する。渥美清と三船敏郎の2大スター共演が大きな話題を呼んだ。出演は渥美清の他、倍賞千恵子・下條正巳ら。本作のマドンナは竹下景子。ゲストとして三船敏郎演じる順吉が惚れるスナックのママ役で淡路恵子が出演している。また作中の挿入歌として森繁久彌の『知床旅情』が使用されている。

『男はつらいよ 知床慕情』のあらすじ

北海道の知床にやってきた寅次郎。無骨だが誠実な老獣医・上野順吉と出会い、意気投合して彼の自宅に居候することに。順吉はやもめ暮らしで、スナック「はまなす」のママ・悦子が家事などをして彼の世話を焼いていた。ある日、順吉の娘のりん子が帰ってくる。駆け落ちして東京で暮らしていたが、結婚生活がうまくいかず里帰りしたのだという。しかし、せっかく戻ったりん子に順吉は冷たい言葉を浴びせてしまう。りん子も囲んで「知床の自然を守る会」と称するバーベキュー・パーティが開かれることになった。そこで悦子は、店をたたんで故郷に帰るつもりであることを一同に告げる。

『男はつらいよ 知床慕情』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 知床慕情』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 知床慕情』に関連する作品