バイオハザード IV アフターライフ

バイオハザード IV アフターライフ

Resident Evil: Afterlife
2010年製作 アメリカ 97分 2010年9月10日上映
rating 3.2 3.2
484 3

『バイオハザード IV アフターライフ』とは

人気サバイバル・ホラーゲーム『バイオハザード』の実写映画化第4弾。アンデッドがうごめく街を舞台に、ヒロイン・アリスと全ての元凶・アンブレラ社との戦いが再び始まる。監督はポール・W・S・アンダーソン。アンダーソンは1作目以来の監督復帰となる。 主演は引き続きミラ・ジョヴォビッチ。2作目以来の登場となるジル・バレンタイン役は、シエンナ・ギロリーが続投。その他、TVドラマ『プリズンブレイク』のウェントワース・ミラーや、中島美嘉など、個性的な顔ぶれが出演している。

『バイオハザード IV アフターライフ』のあらすじ

前作より8年前。T-ウィルスは世界中に蔓延、東京でも感染者が出始める。それから9年後。アンブレラ社は東京の地下に要塞をかまえ、ウェスカー議長の号令でT-ウィルスの研究を続けていた。 ただ一人T-ウィルスの克服に成功したアリスは、超人的な力を手に入れていた。アリスは地下要塞を襲撃、アンブレラ社が生産したアリスクローンを逆に奪い、アンブレラ本社を襲撃する。そんな中、ウェスカーは、本社を爆発させて逃走し、その余波で、アリスも超人的な能力を失ってしまうのだった……。

『バイオハザード IV アフターライフ』のスタッフ・キャスト

『バイオハザード IV アフターライフ』の感想・評価・ネタバレ

『バイオハザード IV アフターライフ』に関連する作品