GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦

GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦

1986年製作 日本 29分 1986年7月20日上映
rating 0 -
0 0

『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』とは

当時大ブームとなっていたファミコンが生んだヒーロー高橋名人とそのライバル毛利名人との息詰まる闘いの記録の映画。「裏ワザ」という言葉を生んだ高橋名人の超絶テクニックはゲームファンの子供たちのみならず、大人までも夢中にさせた。「頂点に立つ者は二人もいらない」と無敗の男たちが直接バトルを繰り広げる。対決に使われたゲームソフトは1986年6月にハドソンから発売された「スターソルジャー」。対決前に各々で行った特訓シーンではゲーム好きの間では長く語り継がれる名シーンが数多く生まれた。挿入歌は坂上忍が担当している。

『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』のあらすじ

1980年代後半。日本中がファミコンブームに湧いていた。そんな中、子供たちの憧れを一身に受けていた名人高橋と、彼のライバル毛利の戦いの火ぶたが切って落とされた。しかし、簡単には対決しない。まずは各自闘う前の特訓を行う。「力の高橋」の異名を持つ高橋が連射力強化を狙って指の力の特訓を行えば、「技の毛利」の異名を持つ毛利が集中力を鍛える技の数々を披露して見せる。そして、ついに闘いの時はやってくるのだった。

『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』のスタッフ・キャスト

『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』に関連する作品