タッチ 背番号のないエース

タッチ 背番号のないエース

rating 3.5 3.5
6 0

『タッチ 背番号のないエース』とは

1986年4月12日の公開映画で、『週刊少年サンデー』に連載中のあだち充原作コミックス『タッチ』の劇場版第1弾である。脚本には原田遊人、並木敏、杉井ギサブローが共同執筆し、双生児の兄弟と幼なじみの少女の青春を描くアニメとなっている。 監督には『銀河鉄道の夜』や『あらしのよるに』などの杉井ギサブローが担当し、主題歌は、ラフ&レディの『背番号のないエース』。声の出演者には、三ツ矢雄二、日高のり子、難波圭一、林家こぶ平、銀河万丈ほかが演じている。

『タッチ 背番号のないエース』のあらすじ

双生児の兄弟、上杉達也と和也は、幼なじみの浅倉南と三人揃って明青学園高等部へ進学した。希望に満ち溢れる高校生活をスタートさせた3人だったが……。 中学時代からピッチャーとしてならした和也は、野球部へ入部を決めたが、達也は何か迷っていた。しかし達也は、南の言葉や、達也の運動神経を見抜いた野球部の部長、児島悠子の勧めもあって、野球をやる決心をすることにする。 しかし、野球部の部室まで来た時、和也とマネージャーとして入部した南を、公認カップルのようにはやし立てる部員たちの声を耳にしてしまう。そして、達也はショックを受け、友人、原田に誘われるまま、ボクシング部に入部してしまうのだった。

『タッチ 背番号のないエース』のスタッフ・キャスト

『タッチ 背番号のないエース』の感想・評価・ネタバレ

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 8月25日

    2019年 42本目 huluにて

『タッチ 背番号のないエース』に関連する作品