ダリル/秘められた巨大な謎を追って

ダリル/秘められた巨大な謎を追って

D.A.R.Y.L.
1985年製作 アメリカ 101分 1986年2月22日上映
rating 3.5 3.5
1 0

『ダリル/秘められた巨大な謎を追って』とは

知能・運動能力ともに優れた記憶喪失の少年の驚きの真実と少年を追う組織の暗躍を描いた1985年公開のSF・ファミリー映画。『ネバー・エンディング・ストーリー』の主役を演じたバレット・オリヴァー主演。題名の『D.A.R.Y.L.』はData Analyzing Robot Youth Lifeform(データ分析ロボット少年生命体)の略。監督は後に映画『フリー・フィリー』のオーストラリア出身のサイモン・ウィンサー。

『ダリル/秘められた巨大な謎を追って』のあらすじ

ヘリコプターに追われた1台の車が山岳地帯を走り抜ける。その後、車は崖下に転落。救出された少年ダリルは通りがかった老夫婦に保護されることになる。自分の名前以外は何も思い出せないダリル。一旦施設にいたダリルだったが、里親が決まるまで子供がいないアンディ夫婦に預けられることに。学校に通うことになった彼は知能や運動神経といった優れた能力で周囲を驚かせる。タートルという親友もでき、生活になじみ始めていたある日、ダリルの本当の両親だと名乗る男女が現れる。別れを惜しみつつも、本当の両親だという男女に連れていかれたダリルは、自分自身の驚くべき真実を知ることになる。

『ダリル/秘められた巨大な謎を追って』のスタッフ・キャスト

『ダリル/秘められた巨大な謎を追って』の感想・評価・ネタバレ

  • ののはな
    ののはな 3 2014年12月23日

    幼い頃に観てSFにハマるきっかけになった映画です。 10歳の少年ダリル。彼は名前以外、すべての記憶を失っていた。近くの町に保護された彼は、身元がわかるまで若夫婦に預けられることになる。子どものいない夫婦はダリルを喜んで迎えるが、学校に通い始めたダリルは、あらゆる分野に秀でた天才少年であることが判明する。やがて、ダリルの活躍が載った新聞記事を見たと言って、両親を名乗る男女が現われるのだが……。 昔~の映画なので映像がかなり古臭いです。 WOWOWでやっていてかなり久しぶりに観ました。 思い出補正もあったので、あれ?こんな話だっけ?と感じましたが、彼を取り巻く人々が皆良い人ばかりで、ダリルも可愛く(ネバーエンディングストーリーのバスチアン少年)やっぱり良い映画。ダリルが敵から軍用機で逃げるシーンはハラハラしました。 当時にしては良く出来たヒューマンSF映画だと思います。

『ダリル/秘められた巨大な謎を追って』に関連する作品