野ゆき山ゆき海べゆき

野ゆき山ゆき海べゆき

1986年製作 日本 135分 1986年10月4日上映
rating 0 -
0 0

『野ゆき山ゆき海べゆき』とは

佐藤春夫「わんぱく時代」を原作として1986年製作。企画・製作協力した株式会社ピー・エス・シー創立十周年記念作品で、白黒版とカラー版の2種類で公開された。監督を務めるのは『青春デンデケデケデケ』の大林宣彦が。『華麗なる一族』の山田信夫が脚本を担当、撮影は『はやぶさ 遙かなる帰還』の坂本善尚がそれぞれ担当している。 出演は『ベル・エポック』の鷲尾いさ子、『容疑者Xの献身』の林泰文、『三毛猫ホームズの推理』の片桐順一郎、『HERO』の佐藤浩一ら。

『野ゆき山ゆき海べゆき』のあらすじ

戦争の暗い影が世間を覆っていた時代。第一尋常小学校に通う須藤総太郎(林泰文)は第二尋常小学校から転校してきた大杉栄(片桐順一郎)の姉・お昌ちゃん(鷲尾いさ子)に淡い恋心を抱いていた。栄は乱暴な性格が災いし、転校することになったのだが、第一尋常小学校でもこのクラスのガキ大将・ボンチャンと権力争いを始める。 争いは加熱し、ついには第一と第二の両小学校を巻き込んだ大喧嘩へと発展していく。お昌ちゃんから両小学校同士の争いの相談を受け、総太郎は武器不使用など一定の規則をもたせた「戦争ごっこ」を提案し、子どもたちは夏休みに「戦争ごっこ」を繰り広げるのだった。 そんなある日、総太郎はお昌ちゃんが親の借金のかたに四国の遊郭に身売りさせられる事を知る。総太郎たちはお昌ちゃんが連れて行かれる当日、掠奪大作戦を開始するのだが。

『野ゆき山ゆき海べゆき』のスタッフ・キャスト

『野ゆき山ゆき海べゆき』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『野ゆき山ゆき海べゆき』に関連する作品