パーマネント・バケーション
パーマネント・バケーション
rating 3.6 3.6
37 15

『パーマネント・バケーション』の感想・評価・ネタバレ

  • Natsuki

    歩きまくるラリった若者がおしゃれなだけの作品 ただ雰囲気がいい

  • Kenya Shawshank
    Kenya Shawshank 3 2015年3月16日

    さすがジムジャームッシュ。長回しがかっこいい。上手くお金のかからない映画でここまで渋いものを撮れたなと。

  • tmmyon

    おシャン映画。どこをスクショしても絵になる。でも自己満足ぽい。 オチが良かった。

  • polo1026
    polo1026 0 2012年9月5日

    ジム・ジャームッシュの作品は初めて観ましたが、音楽も映像も独特。眠れない主人公がニューヨークの裏街を徘徊するだけの映画なのに、すんごいおしゃれでスタイリッシュに仕上がってる。他の作品も観てみたくなった!

  • RiN

    ジム・ジャームッシュの処女作であり、彼がまだ学生であったころの作品。 ニューヨークの裏街を夜ごと放浪する不良少年アロイシュス・パーカー(クリス・パーカー)の心の動きを、精神病患者や極彩色など象徴的な映像と、狂ったようにサビ手前のパートを繰り返す「虹の彼方」のメロディで綴る。 筋はあってないような、いずれにせよ結末も、明確な目的も見当たらない類の映画。 とにかくヴィジュアルが洗練されていて、お洒落。色の使い方がクールで、映画というよりは映像作品と言った方が近いイメージ。 冒頭のアイスグレー、街並みのブラウン、精神病院のスモーキーブルー、ポップコーンの売店の鮮やかなグリーンとレッド、主人公クリスの、あやうげなブラックのシルエット。