アマデウス
アマデウス
Amadeus
1984年製作 アメリカ 180分 1985年2月16日上映
rating 4 4
236 56

『アマデウス』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2018年12月10日

    精神病棟に収容された作曲家サリエリ。面会に来た神父の前で、サリエリは稀代の天才作曲家モーツアルトとの関係について口を開く。 3時間もある映画ですが、一生観ていられるなと思いました。僕は昔からクラシック音楽が好きでしょうがないのですが、じゃあモーツアルトのどこがよいのかと言われたらちょっと難しい。映画みたいに簡単な批評はできないわけです。音楽批評こそ一度プレイヤーになった人じゃないとできないんじゃないでしょうか。言語化が非常に難しい。でもこの映画ではそのモーツアルトの類稀な才能をいち早く見抜いた「凡人の頂点に立つ守り神」であるサリエリが見事にエピソードとして述べる。しかも立ち位置がモーツアルトの味方ではなく、完璧に敵対視しており、その自分の感情に反して圧倒的なまでの音楽を評価せざるをえない。めちゃくちゃラーメン嫌いな人が涙流しながら「うますぎる…」とか言ってたら食べたくなるでしょそういうこと。クラシック音楽、いやクラシック批評音楽としてこの映画は完璧です。近年サリエリ再評価の流れがあるのも面白い。よかったねサリエリ。モーツアルトよりも先の時代の人だったんだね。

  • 翔

    本当に名作。 3時間を超える尺に扱っている題材はウィーンの音楽世界。クラシックの素養教養が少しでもある人じゃないと退屈ではないかと勘繰りたくなるというものだが全然そんなことはない。堅苦しいことを省き現代的な感覚でも身近に感じられるほど軽やかに当時の人間たちが描かれている。それもこの上なく魅力的に。 主人公は二人。最高の凡人サリエリと最低の天才モーツァルト。この二人が本当に愛おしいほど魅力的でかなわん。特にモーツァルト、最低と言ったがその人間臭さと愛嬌が素晴らしい。この物語が進行するにつれ登場人物たちに善と悪の判断を下しにくくなるだろう、でもそれは間違いではないと思う。誰が善で誰が悪か、みたいな単純な話ではない。そこにあるのは才能と立場に差がある人間たちだけ。行動は必然。 レビューをいくらでも書けるほど名作だったけど、僕は好きな作品になればなるほど文字が先行する駄文になってしまう傾向があるので簡潔にここら辺で。 本当に素晴らしい。ヴォルフィ大好きである。

  • けんしろー
    けんしろー 4 2017年1月8日

    傑作中の傑作だと思う。 自分のクラシックの知識の無さで4.5しました。これは絶対大画面と音響のいい所で観るべきだ。 凡人の頂点サリエリの前に天才モーツアルトが現れ自分の人生が狂って行く。 しかしモーツアルトの欠点は才能があるが人から好かれない。人を小馬鹿にして何でも自分優先。そして何よりあの笑い方。 バットマンのジョーカー並みの笑い声 サリエリの気持ちも分かるが 自分の欠点になかなか気付かないモーツアルトが実に辛い。 カット変わりの音楽が印象的です。 そしてど頭の入りの掴みは圧巻です。

  • ヒマラヤ
    ヒマラヤ 4 2016年9月20日

    奔放で無邪気な魅力的な人だった。モーツァルトは本当にピンクだった。

  • syn490

    ずっっっと気になって ずっっっと勧められて やっと観た。大学の頃に。 ハードル上がりすぎたんかな やっぱり半生系苦手、、家族でも友達でもない人の人生に興味ねぇのかな笑

  • mince

    オーストリア。モーツアルトを殺したと泣き叫び許しを乞う老人。自殺未遂で収容された狂人病院の神父に懺悔を求められ自嘲気味に顛末を話し始める「アマデウス」難波11。神よりの才以外何も纏わず生まれ出た男。その才を理解できる男にとって彼は神そのものである。嫉妬に狂う信心深い凡人の残酷よ。2016年7月20日ディレクターズカット版。10時映画祭、西宮と梅田が同じグループに入ってしまい難波まで観に行くことに。でも行った甲斐があって二度は観てるのに3時間あっちゅう間で。

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年7月18日

    新午前十時の映画祭上映企画作品。モーツアルトの生い立ちを、彼を敬愛した男が神父に懺悔として語り継いぐ形で物語は展開する。モーツアルトとの出会いは、ドイツ皇帝に仕える作曲家長としてであった。皇帝は出会うとすぐ彼の音楽的才能を高く評価して専属のオペラ作家として迎い入れた。だが、彼の素行は飲んだくれで女ったらしのダメな男だった。曲を書いても散財し常に借金に追われる生活。それでも男は彼の音楽性を高く評価した。(#16- 099 )

  • ぼー

    2816.02.03[22作目] DVD。ずっと気になっていたがなかなか見れなかった作品。サリエリから見たモーツァルトを軸としていた。音楽には疎いためこの作品を見るまでサリエリのことを知らなかったが、それがこの作品を見る上でより良かったような気もした。知っていたら知っていたでまた楽しめると思う。やっぱり音楽が強烈に使われ、サリエリの語りもとても良かった。誰でも大なり小なりサリエリのようなショックを受けたことがあると思う。やっと見れて良かった。

  • チョコレートカプチーノ
    チョコレートカプチーノ 4 2015年12月5日

    言わずと知れた名作。 3時間と長いですが、全編見逃さないで頂きたいです。 場面場面が記憶に残る、そんな映画だと思います

  • TATSUYA.....
    TATSUYA..... 4 2015年11月8日

    モーツァルトの死については諸説あるけど、この映画の中では病死で扱われている。ちょっとモーツァルトの表現の仕方に悪意を感じる。笑い方とか。この監督はモーツァルトが嫌いなの?って思っちゃう映画。映画としてはすごく面白かったけど盛られすぎな気がする。

  • Fukuco

    Oct.16

  • 間野 裕樹
    間野 裕樹 4 2015年9月4日

    高校の音楽の授業でアマデウスは鑑賞した。みんながお喋りする中で一人のめり込んで観てたのを覚えてる。時代背景がよくわかる資料の様な作品。

  • ちー

    アマデウスコンセプトでカムバしようと考えた人天才だわ… びじゅとはんそりに置き換えて見ることでさらに楽しめる モーツァルトとかまんまびじゅ

  • 重光太郎
    重光太郎 3 2015年5月27日

    造り込みが凄い ストーリーは中々 当時のウィーンはもっと汚いとかは野暮

  • Sakurako Kita
    Sakurako Kita 4 2015年5月12日

    モーツァルトのイメージ全然違った。 やはり天才は変人。 薄命すぎてかわいそう( ; ; )

  • コナガイ
    コナガイ 4 2015年4月19日

    劣等感とどう付き合うか。

  • zun

    1984年公開アメリカ [BS録画]

  • Masako Yo
    Masako Yo 3 2015年1月9日

    見直すと英国の俳優さん知ってるひと いっぱい出てた。 天才ってたいへーん。

  • かりんとこりんと
    かりんとこりんと 0 2015年1月8日

    美しい映像だった記憶

  • Akiyo Inagi
    Akiyo Inagi 4 2014年12月14日

    こちらも観ました。 オリジナルよりちと長いですが。