男はつらいよ 柴又より愛をこめて

男はつらいよ 柴又より愛をこめて

1985年製作 日本 106分 1985年12月28日上映
rating 3.3 3.3
7 1

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』とは

「男はつらいよ」シリーズの第36作目となる作品。今回の寅次郎は、タコ社長の娘を探して式根島を訪れる。監督は前作『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』に引き続き、山田洋次が担当。脚本は山田洋次と朝間義隆の共同執筆となっている。撮影は高羽哲夫。出演は渥美清・倍賞千恵子ら。今回のマドンナ役は栗原小巻で、本作は『二十四の瞳』へのオマージュが随所に散りばめられている。その他ゲストとして個性派俳優の川谷拓三も出演。

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』のあらすじ

タコ社長の娘・あけみが、夫婦ゲンカのすえ家出した。テレビの尋ね人コーナーに出演したりして必死に探すタコ社長だったが、その後寅次郎のツテであけみが静岡県の下田にいることがわかる。寅次郎は彼女を連れ戻すため、下田に赴くことに。仲間の協力であけみを見つけ出した寅次郎だったが、あけみは「帰りたくない」と駄々をこねる。そして彼女の希望で式根島に渡ることになったが、連絡船の中で知り合った式根島の小学校の同窓生たちを出迎えた美しい真知子先生に一目惚れ。あけみを放り出して自分も同窓会に参加してしまう。一方、あけみは旅館の息子・茂から突然プロポーズされていた。

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』に関連する作品