ターミネーター

ターミネーター

1984年製作 アメリカ 108分 1985年5月25日上映
rating 3.6 3.6
535 6

『ターミネーター』とは

ジェームズ・キャメロン監督が『殺人魚フライングキラー』に続いて監督した作品。キャメロン監督は、脚本を担当するゲイル・アン・ハードと協力して脚本を執筆し、映画史に残るSFアクションの傑作を生みだした。最強の殺人マシンを演じたのはアーノルド・シュワルツェネッガー。共演者には、未来から来た戦士・カイル・リース役のマイケル・ビーン、未来の人類の指導者の母となるサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが名を連ねている。

『ターミネーター』のあらすじ

2029年の未来から1984年のロサンゼルスに突如現れた殺人マシン・ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)。彼の目的は、未来で勃発した機械と人間の戦争における人間側のリーダー、ジョン・コナーの母親を抹殺することで、タイム・パラドックスによりジョンが生まれてこないようにするというものであった。ジョンの未来の母であるサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は、ターミネーターに追い詰められるが、ジョン・コナーからの命を受けてサラを守るために未来からやってきた戦士カイル・リース(マイケル・ビーン)に窮地を救われる。不死身と思えるほど屈強なターミネーターから果たしてサラは逃げ切れるのか……。

『ターミネーター』のスタッフ・キャスト

『ターミネーター』の感想・評価・ネタバレ

  • Kawamura

    記念すべきシリーズの一番最初。 裸で出てくるシュワちゃんの肉体美は素晴らしい。そしてシュワちゃんが襲ってくる、怖い。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 4 2016年8月9日

    2016年 80本目

  • ベルコモ
    ベルコモ 5 2016年2月10日

    デデッデッデデから始まるエロティックなテーマ音楽のオープニングは何度見たかわからない。筋肉なSFは表向きでこれラブストーリーなんです。繊細な男と意志の強い女の。これが船の上の物語の基盤になったというか同じ?に考えるとにやにやする。

『ターミネーター』に関連する作品