男はつらいよ 寅次郎真実一路

男はつらいよ 寅次郎真実一路

1984年製作 日本 107分 1984年12月28日上映
rating 3.1 3.1
5 0

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』とは

「男はつらいよシリーズ」の第34作目で、人妻に恋をする寅次郎の姿を描く。監督は『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』の山田洋次、脚本は山田洋次と朝間義隆が共同で担当している。出演は渥美清・倍賞千恵子・太宰久雄など。今回のマドンナは大原麗子。ゲスト出演は米倉斉加年・風見章子ら。茨城県の牛久沼や鹿児島県が主なロケ地となっている。キャッチコピーは「せつない恋です今度の恋は つらい旅ですこの旅は 真実一路 遥かです」。

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』のあらすじ

秋のある日、とらやである騒動が巻き起こる。タコ社長の娘・あけみが夕食のおかずがきっかけで夫婦ゲンカし、実家へ戻ってきたのだ。さらに騒ぎの中、旅から寅次郎が戻ってきて、たちまちタコ社長と大ゲンカになってしまった。とらやを飛び出して上野の焼き鳥屋へ入った寅次郎は、そこで富永健吉という男性と知り合いごちそうしてもらう。富永は証券会社に勤めるサラリーマンだという。後日、彼の会社を訪ねた寅次郎だったが、その晩も例の焼き鳥屋で一緒に飲んで、意気投合。すっかり酔っぱらった寅次郎は、茨木県・牛久の健吉の家に厄介になることに。そこで健吉の妻・ふじ子の美しさに見とれてしまう。

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』に関連する作品