麻雀放浪記

麻雀放浪記

1984年製作 日本 109分 1984年10月10日上映
rating 3.6 3.6
13 2

『麻雀放浪記』とは

1984年公開。原作は阿佐田哲也の同名小説。原作は4部からなる長編だが、第1部となる青春篇を映画化。戦後一人の若者がさまざまな勝負師たちと出会い、人生を学んでいくストーリーである。イラストレーターの和田誠の初監督作品。脚本も自ら手掛け澤井信一郎と共同執筆している。イラストレーターならではのカットの細かい絵コンテが話題になった。 出演者は主演の真田広之をはじめ、鹿賀丈史、加藤健一、名古屋章、高品格、加賀まりこ、大竹しのぶなど実力派の顔ぶれが並んでいる。出目徳役の高品格は、日本アカデミー賞を始め各映画賞で助演男優賞を受賞した。

『麻雀放浪記』のあらすじ

敗戦直後、学校にも行かずブラブラしていた「哲」は、ふとしたきっかけから、バクチの場に足を運ぶようになる。そこで「ドサ健」というバクチ打ちに出会う。儲けさせてもらった哲はドサ健と行動を共にするが、相手は一筋縄ではいかない男だった。アメリカ兵の秘密クラブでドサ健に置いていかれた哲は、アメリカ兵に痛いめに合わされる。 介抱してくれたのがカジノのママで、それをきっかけにママの元で麻雀の修行をすることになった。そこで麻雀の魔術師「出目徳」と出会う。彼のみごとな技に魅せられ麻雀にのめり込んでいく哲。出目徳に仕込まれた哲は、宿敵である「ドサ健」に勝負を挑む。

『麻雀放浪記』のスタッフ・キャスト

『麻雀放浪記』の感想・評価・ネタバレ

  • Kozai Szatosi
    Kozai Szatosi 4 2018年12月22日

    敗戦のさなかで賭麻雀を知った学生と博打に取り憑かれたろくでなしの噺。 冒頭の焼け野原のミニチュアから見せる見せる。ボロ屋の賭場で丁半をする冒頭から惹き付けられるし、バー奥の麻雀部屋や居酒屋の凝りようもスゴい。 また、ルールを知らなくても楽しめるほど、麻雀の場面がずっと見てられる。麻雀をいかに飽きさせずに見せるか、という参考になる。最近の将棋映画も見習うべき。 加賀まりこと大竹しのぶはどこまでも可愛いし鹿賀丈史や真田広之はズバ抜けて映えるが、終盤のどうしようもなさ、暗澹たる結末は、ネオレアリズモのよう。 画面に向かってやってくる彼らの姿が、いつまでも脳裏に焼き付く。

  • tmmyon

    戦後の貧しいときに少しお金を持ってた人達が、賭け事にずぶずぶハマって、終いには家の権利とか、女を売りに出したりと人間の欲とか意地とかを見れて面白かった。 鹿賀丈史と大竹しのぶの関係が共依存でドロドロしてた笑

  • Mayumi Hisada
    Mayumi Hisada 4 2014年3月24日

    原作の内容を坊やとママ、ドサ健とまゆみで対比させる構成で凝縮。 戦後の青春ドラマな仕上がりとバクチ打ちの業の深さにニヤニヤ。 若い頃の鹿賀丈史がカッコよすぎた。

『麻雀放浪記』に関連する作品