ディア・ハンター

ディア・ハンター

The Deer Hunter
1978年製作 アメリカ 183分 1979年3月17日上映
rating 3.8 3.8
70 34

『ディア・ハンター』のスタッフ・キャスト

『ディア・ハンター』の感想・評価・ネタバレ

  • syn490

    デニーロというよりウォーケン

  • ShogoIoku
    ShogoIoku 3 2016年1月28日

    捕虜になって脱出するくだりは最高!あとはおもんない、、、

  • エミデブ
    エミデブ 5 2015年11月18日

    ロシアンルーレットっていうものを世間的に有名にした映画、らしい。 ベトナム戦争の映画ってたくさんあるけど(それもアメリカが唯一敗戦した大きな戦いだかららしい)自分の中では群を抜いて印象に残ってる大好きな映画がこれ そもそもなんでこの映画を見ようと思ったかっていうと少し興味のあったアーティストがcavatinaって曲を歌っててそれってこの映画の曲に歌詞をつけたものなんだよね。歌詞だけ見るとありがちなスロバーラード。何度も彼女を愛してるよっていうような歌詞が続くタイプの歌詞と同じだよ。 まぁ、そんな曲が理由で観たんだけど最初からその曲が流れちゃって個人的にはもういいかなとか思っちゃったんだよね。だってこの映画3時間もあるし、特に最初の1時間なんて「本当にこれって戦争映画!?」ってことを繰り返してる。まぁ、それが後々いい味を出してるくるんだけどその時は何もわからないから正直、退屈だと思ってた。だって結婚式の様子を何十分も見せられるんだもん、誰だってそう思うよ。 でも、結婚式の翌日にベトナム戦争に行くところからちょっとずつだけど惹かれていった。といっても戦争映画としては特に目立ったところはなかったけど単純に自分がそういうジャンルの映画をよく見るから惹かれたって言った方が正しい。 時間でいうとどれくらいなのかわからないけどストーリーの後半、デニーロを含めた3人が戦争から帰って来てからがまぁすごく好きなんだけど、きっとみんなそうだろうと思うんだよね。でも戦争映画でメインが戦争じゃなてその後の話っていうのってあんまりないんじゃないかな。 3人がバラバラになってね、デニーロは健全に帰ってこれたけど、1人は脚を失って、一人はロシアンルーレットをやるギャンブラーになった。 デニーロが止めに行った時向こうに唾を吐かれるシーンがあるんだけどあれはアドリブらしいっていう豆知識。 ロシアンルーレットのシーンは本当にドキドキしたよ。2人が掛けをしあうなんてね、どっちも負けて欲しくないんだから。 ネタバレ防止のためにすべては言わないけど最後みんなで歌を歌うシーンからエンドロールまでずっと涙が止まらなかったね。やっぱり人の死だとかそういうのって重いもんだよ。 エンドロールも涙で観れなかった映画って今でもこの1本だけだなぁ #ネタバレ

『ディア・ハンター』に関連する作品