激突!
激突!
DUEL
1971年製作 アメリカ 90分 1973年1月13日上映
rating 3.8 3.8
80 8

『激突!』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年7月31日

    スティーヴン・スピルバーグ初期監督作品。初監督作品が『バニシングIN TURBO』だったロン・ハワードと同じく、あの時代の映画監督は低予算カーアクション映画からキャリアを始めるのがセオリーだったのでしょうか。 仕事に向かうため荒野を赤い自動車で疾走する一人の男は、人間の顔が見えない正体不明の巨大なトラックに因縁をつけられます。助けを呼ぼうとすると邪魔され、撒こうとしてもバレる。一つ一つ可能性の芽を紡いで、カーチェイスをせざるをえなくなります。シンプルなプロットながらよくできています。 序盤のカフェで疑心暗鬼になるシーンもすごくよかった。自分を落ち着かせ、なんとか打開策を考えようとするも、焦燥感で頭が回らない。イライラとまずそうなサンドイッチを食べる。ビリヤードの暗喩もしっとりと効きます。 カーチェイスのエッセンスを凝縮したかのような映画です。あらゆる演出が最先端カーチェイスムービーに引けを取らないクオリティです。20代のスピルバーグの凄まじい才能を感じさせます。

  • HEROHALU

    記録用

  • Ryoco

    日常あるある…な出来事がオーバーヒートしてしまったようなストーリー。 面白かったけど1番気になるところ、暴走トラックの運転手の正体、最後生きてるのか死んでるのか(笑) 主人公が休憩したダイナーで犯人のヒントがあったから最後に答え合わせが欲しい! もしも自分だったらトラックのナンバーを控えて警察に通報します(笑)

  • コナガイ
    コナガイ 4 2015年6月4日

    幼い時に父と見たのが記憶に残っていてふたたび。シンプルだけどカメラアングルが凝ってる気がした。トラック運転手の顔が最後まで見えないのもイイ。ザ・サスペンス。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 4 2015年3月15日

    監督:スティーヴン・スピルバーグ 1971年公開 至極簡単なストーリーだが、観入ってしまう。完全に他の映画とはかけ離れた世界観。というより演出力。

  • 高嶋 諭
    高嶋 諭 4 2015年3月10日

    車運転してて煽られるたびに思い出すこの映画。

  • シロクマ
    シロクマ 4 2015年1月24日

    「映画の面白さは予算で決まるものではない」という好例。執着質な人に絡まれる恐怖。運転手の顔がわからない恐怖。

  • Mr.KEITAMAN
    Mr.KEITAMAN 4 2014年12月29日

    めちゃ怖

  • なぶ

    迫り来る理不尽な恐怖にドキドキしっぱなしだった。人もお金もかけてなさそうなのにここまで面白い映画は作れるとは天晴!

  • roseちゃん
    roseちゃん 4 2014年10月5日

    これってスピルバーグのかなぁ? だとしたら最高

  • hitomi

    幼少のみぎりにハラハラドキドキして観たが再観 ありそうで無さげな状況がリアリティを誘い演出が上手く引き込まれる 金をかけずCGなどには頼らなくても素晴らしい映画が撮れる見本のような映画

  • しゅん@HCME
    しゅん@HCME 3 2014年9月8日

    主人公の男が追い抜いたトレーラーにひたすら追い掛け回されるだけの映画 だがそれがおもしろい ちなみにこれスピルバーグ監督の作品なんです。

  • kqon

    ギリギリ

  • わんにゃんハルメギド
    わんにゃんハルメギド 3 2014年6月30日

    うわうわうわうわ、怖い怖い怖い。 トロトロ走るトレーラーを追い越したら運転手に殺されそうになる話なんだけど、トレーラーの運転手、一度も姿を見せないし殺そうとする理由も全くわからない。 よくあるシチュエーションだからこそこういうこともあるんじゃねぇの的な怖さと、不可思議の恐怖が入り混じって明日からずっと左車線走ろうと心に決めた。

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 4 2014年6月16日

    スピルバーグ監督の作品。怖いというよりは凄いと感じてしまった映画。初めて観たのは確か中学1年。

  • 森本航洋
    森本航洋 5 2014年5月30日

    会話とか人間ストーリーは全然ないんだけど、独特の雰囲気と緊迫感が堪らなく怖い。 腕のある監督だからこそできる演出。 むっちゃ面白い。

  • さくら
    さくら 3 2014年5月23日

    #eiga #movie ただゆっくり走るトラックを追い越しただけなのに、その後ずっと付け狙われる話。単純なんだけど怖かった。運転してるとき追い越しできなくなりそう。 トラック運転手は腕と足しか見えないから、それがまた不審感を煽ってくる。たくさんついてるナンバープレートは戦利品?台詞はほとんど主人公のひとりごと。表情、目の動きでこっちまで緊張してしまう。スピールバーグ初監督作品。

  • zun

    1971年公開アメリカ Duel スティーブン・スピルバーグ初監督作品/リチャード・マシスン原作脚本(運命のボタン,アイ・アム・レジェンド ほか) [地上波 日本語吹替版]90分

  • Teppey

    シンプルだけど、妙にリアルな恐怖を感じました。 トラックの運転手のことが未知過ぎて、ラストにはちょっと不満があった。

  • nieve822
    nieve822 0 2012年3月18日

    スピルバーグ初監督作。一人の男と殺人トラック、ただそれだけ。なのにこんなに恐ろしいのは何故?ラジエーターの点検は忘れずに。/★4.0/ #eiga #映画