スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望
Star Wars Episode IV: A New Hope
1977年製作 アメリカ 121分 1978年6月24日上映
rating 3.8 3.8
714 12

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    シンプルイズザベスト! 単純なストーリーだけどやっぱり分かりやすいのが1番!改めて観ると他のスター・ウォーズ作品がこの映画と繋がるところが沢山あって、この映画が壮大な物語の1部ってことがよく分かる。

  • エミデブ
    エミデブ 4 2018年1月18日

    昔は好きだったけど、昔過ぎるので改めて全作観ちゃうぜ! 昔観てた時は、ただライトセーバーとかフォースがかっこいいってだけで観てたけどそのストーリーを理解したいってのもある。 まぁ、そう言うわけでエピソードIVから観始めたんだけど、エピソードⅠから観るのもいつかやってみたい。 全然覚えてないかなぁと思ったら、ほぼ全部のシーンが記憶にあって、でもやっぱり当時は話も理解してなかったから今の方が断然面白く感じる。でもオビ=ワンとベイダー卿の闘いこんなにしょぼかったっけって思ってしまったけど、多分そこはもっと後の作品のイメージがついてしまったのだろう。こんなおじいちゃんの剣道みたいな闘いだったとは。 エピソードIVから始める構想がスゲェ。シリーズ1作目のタイトルが「新たなる希望」って、これ公開当初みんな困惑しなかったのかな。一大スペクタクルを構想し映画にする度胸もさることながら、結果的に世界で最も成功している映画シリーズになってしまうなんて。 それと、ないものを一から作っているのがすごい。SFでもほとんどは地球人が主人公であることが多いのだけれど、もう知らない星の知らない生き物、知らない部族。知らない兵器、知らない勢力、聞いたこともない珍しい名前。これを一から作り上げたことは本当にすごいと思う。 正直、粗さというかツッコミどころもあるんだけど、さすがはワクワクさせてくれる映画だなぁ。もうほとんどの人は身体に染み付いてるんよね。このテーマ曲聴くとワクワクするみたいな。 次はエピソードⅤ! 次の作品では銃撃戦がもう少し当たりますように。お互いに外しすぎて何やってんのって感じです。

  • ベルコモ
    ベルコモ 2 2017年4月21日

    やはり昔のスター・ウォーズは何度見ても無理なところがある。世界観の統制に完璧主義な空気があって人物がゲームのコマのよう。ダサいデザインのダース・ベイダーが権威でとてつもないキャラクターになっているのもどうかと思う。内面はわかるけど。アイコンになるのは現在のレイのような美形であってほしい。フォースのテーマは勇敢だ!

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年1月25日

    粗筋含め既に色々知ってはいるけど、初めてちゃんと観るEp4。やはりオープニングのジャン!はインパクト大。ジョン・ウィリアムズの音楽がなければもっとチープな印象になってたかもしれない。あとメカデザイン、特にストームトルーパーのデザインが(実用性度外視だが)今観てもすごくクールでモダン!けどカッコいいと思ってたはずのハン・ソロが案外食えないヤツで、ベイダーもルークもしょっぱいナードで、でもそこが青春映画っぽくて、王道でありながら今でも古びないキャラクターが魅力。観ててどうしてもアレコレ確認になってしまうけれど、先にEp7を観たおかげで逆にニヤニヤできる。但し、チューイにメダルあげないのは納得いかぬ!

  • 森本航洋
    森本航洋 3 2017年1月14日

    ちょうどいい加減の伏線に、先進的な武器や軍用機。シュールなデザインのモンスター。こんなに盛り込まれて面白くないわけないです。まだまだ続くスターウォーズの感動をこれから味わうんだという優越感に浸りながら次を観ようと思います。

  • はっすぃー
    はっすぃー 3 2016年12月5日

    人気があるのも頷ける。現代でも見応えのある迫力の戦闘シーン、分かりやすい心情描写、かわいいR2-D2。今製作したらc3poはよりロボットっぽくなってしまうが、この感じがベストでとても味である。

  • karinchorin
    karinchorin 4 2016年9月25日

    分かりやすいSF!SF嫌いにしては良いです。さぁスターウォーズシリーズ観始めちゃったから、止まれません〜〜

  • Munenori Tanituji
    Munenori Tanituji 4 2016年6月16日

    スター・ウォーズって4から見るもんだったのね、全く知らずにファントムメナスから見たよ笑

  • sa_yu

    世界観がすごすぎる。スター・ウォーズ実はちゃんとみたことなく、この時代に作られたものとしてはかなり技術高いし、伏線がすごい。これは人気なわけだねぇ(´Д`)

  • chuchupachups
    chuchupachups 3 2016年5月4日

    オビワンとダースベイダーが戦うシーンの、チープなチャンバラ感が否めない。もっと強いはずでしょう!!! 3POとR2D2のコンビ大好き。

  • mazda

    世界滅亡の危機の中、未来を大きく変えるであろう新たなる希望が誕生した、ある意味ここからが始まりのエピソード4。 スターウォーズは456から見始めるというのは間違いないかもしれないけど、123を見た後は必須で456を見なければならないと思う。 結局スターウォーズシリーズの中で私にとってあまりはまれないのがエピソード4というのはスターウォーズを全然見てこなかった初見の時も全作見終わったあとでも正直あまり変わらない。レトロフューチャー的世界観がとにかくダメなのでこの時代に描かれた未来という、映画を視覚的に楽しめないのが大きな要因。 ただ、スターウォーズを他シリーズを観たうえで観たときにタイトル通り、あまりに希望が溢れていて初見との感じ方の差に驚いた。 ルークの登場、行動、言動、ルークがでる全てにおいて希望を感じて、どんなシーンも彼の存在そのものが未来に通じてるのがわかる。 オビワンがルークに父のことを伝える時の「お前の父はダースベイダーに殺られた」という言い方をするシーンがとても印象的だった。アナキンを暗黒面に落としたのは誰でもなく自分自身だったけど、アナキンという1人の人間を否定しない伝え方だと思った。 オビワンとベーダーの師弟の戦いはすごく悲しかったけど、オビワンはそうなることがわかっていたような終わり方に私には見えて、それはオビワンがルークがこの先必ず変えてくれるだろうと、オビワン自身ルークに希望を感じ託したんじゃないかなってそんなラストに思えた。 好きなシリーズじゃないけど、こんなにも希望に溢れた、サブタイトルが素晴らしすぎるランキングとしてはスターウォーズ第1位だと思う。

  • コズエ会長
    コズエ会長 2 2016年2月16日

    2016.2 みんなしゃべりすぎで話を聞かなくて自分勝手、フォースフォースと言うけれど結局よく分からないままに終わっていた。

  • Hiroko  Hiramatsu
    Hiroko Hiramatsu 3 2016年2月13日

    これぞ娯楽作品。宇宙空間、奇妙な生き物、結末はわかりきっているのに、つい食い入るように観てしまう。セットの精巧さ、スケールの大きさも見もの。映画館で観たら宇宙空間にワープした気分になるかもしれない。息子が友達から借りたDVDを日本語吹き替えで鑑賞。

  • えり

    このさわやかなルークは今や、、、という複雑な気持ちもあり。

  • 古俣孝和
    古俣孝和 4 2016年1月29日

    その男はフォースの暗黒面に堕ちた。 フォースを学べ。 フォースはいつも、君と共にある。 宿命の環が閉じる。

  • Tokiya Suzuki
    Tokiya Suzuki 4 2016年1月25日

    多くの人の意見を 取り入れて決めたストーリー だと思われるが、 これまでのエピソード1〜6までを オマージュし過ぎにも感じる。 又、お馴染みメンバーも 年をとってしまっているのが 仕方ないとはいえ悲しい…。

  • のんぴ
    のんぴ 3 2016年1月24日

    復習。生まれる前かー

  • まつり
    まつり 4 2016年1月18日

    新シリーズ公開につられて鑑賞。びっくりするほど面白かった。ハン・ソロ!ハン・ソロ!天の邪鬼で利己主義だけど最終的に良い奴とかズルイよ!姫さまの行動力、女強し!主人公、なぜオープニング一発目のシーンにいないんだ、ああ、これ公開当時は「主人公お前かよ!」ていうやつだったんでしょ、いーなー公開当時に見た人いーなー。R2-D2はできる子!C-3POの空気クラッシャーっぷりにもはや愛嬌さえ感じる、いいね! 知り合いに散々楽しい凄い見るべしと言われて、逆に尻込みしていたシリーズ。個人的に自分の生まれる前の作品で名作と言われると見るのが怖くなる。公開当時の熱狂を味わえないのも悔しいし 6つのエピソードを全て見て、エピソードⅣが一番好きかも。コンパクトでありながら他のエピソードの広がりや、キャラクターの魅力に溢れている

  • Kobayashi Shoki
    Kobayashi Shoki 3 2016年1月17日

    シリーズ一作目。今見ると、映像がしょぼいけど、当時は凄かったのでしょう。

  • Yuri Ishikawa
    Yuri Ishikawa 4 2016年1月14日

    最新作の予習のため鑑賞。 どこにでもいる青年が実はすごい血をひいていて、 師匠的な人に導かれて宇宙の平和のために立ち上がる王道ストーリー。 ドロイドも宇宙人もキャラクターが魅力的。 FFとかいろんなRPGの元ネタはここから来てたんだな〜と今さら知る。