アウトロー (1976)

The Outlaw Josey Wales
1976年 アメリカ 135分
rating 3.3 3.3
4 2

「アウトロー (1976)」とは

C・イーストウッドがアメリカ建国200年記念作品として製作した監督第5作。南北戦争末期に北軍のテリル大尉に妻子を惨殺された農夫ウェルズが復讐に燃え、南軍の生き残りである反逆団に加わる。しかしテリルの罠によって反逆団は壊滅させられ、ウェルズは流浪の旅を繰り広げていく。一見するとマカロニ・ウエスタン調の復讐劇だが、主人公が旅の途中で先住民族と心を通わせる逸話などが盛り込まれ、アメリカ史の一面を描くロードムービーになっている。イーストウッドが後に公私のパートナーとなるS・ロックと初めて組んだ作品でもある。

「アウトロー (1976)」のスタッフ・キャスト

「アウトロー (1976)」の感想・評価・ネタバレ

  • tophelos
    tophelos 0 2015年5月18日

    2015/05/05 BS クリント・イーストウッド主演、監督の南北戦争末期を舞台にしたウエスタン。本作では家族を無残に殺され復讐に燃える男で、もちろん早撃ちの名手を演じているが、多分に刷り込みのせいもあるとは思うが、やはりイーストウッドはウエスタンが似合う。字幕版で観たのだが、これまた刷り込みでどうしても山田康雄の声が聞こえるような気がしてしかたなかった。そしてこの頃のイーストウッド映画といえば、お約束のソンドラ・ロックももちろん出ているのだが、これがまた可憐で美しい。Wikiによれば本作がきっかけで交際が始まったらしいが、そりゃそうだろうと納得である。なんだか久々に「荒野の用心棒」とか「夕陽のガンマン」も観たくなった。

  • 39takeshi39
    39takeshi39 3.5 2014年12月19日

    2014年12月19日 自宅

「アウトロー (1976)」に関連する作品