踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

2010年製作 日本 141分 2010年7月3日上映
rating 3.1 3.1
258 2

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』とは

大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」劇場版の7年ぶりとなる第3作。監督は『曲がれ!スプーン』の本広克行、脚本は『誰も守ってくれない』の君塚良一がそれぞれ手がける。本作では、音楽担当がこれまでの松本晃彦から菅野祐悟に変更。いかりや長介が演じる和久平八郎は病死した設定になっている。出演は織田裕二・柳葉敏郎・深津絵里ら。また今回は新キャラクターとして、伊藤淳史演じる和久平八郎の甥・和久伸次郎が登場する。サブタイトルに付けられた「ヤツら」とは青島たちが前作までに逮捕した犯人たちであり、本作では犯人が彼らを解放するように要求してくる。

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』のあらすじ

最悪の猟奇殺人事件から7年。テロリスト対策として高度なセキュリティが敷かれた新湾岸署が開署することになり、強行犯係係長に昇進した青島俊作警部補のもと、その引越し準備が勧められていた。しかしその最中にバスジャックや銀行強盗事件が立て続けに発生、さらに引越し業者に変装した若者たちに拳銃を盗まれてしまう。やがて盗まれた拳銃による殺人事件が勃発し、湾岸署に特別捜査本部が設置された。青島は管理補佐官の鳥飼と共に捜査を開始するが、とうとう湾岸署が占拠され、犯人はかつて青島が逮捕した9名の犯罪者たちの解放を要求してくる。そして青島は犯罪者たちの中で唯一解放されていた日向真奈美と直接対決をすることになる。

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』のスタッフ・キャスト

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』の感想・評価・ネタバレ

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』に関連する作品