シベールの日曜日

シベールの日曜日

Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray
1962年製作 フランス 116分 1963年6月15日上映
rating 4.6 4.6
10 12

『シベールの日曜日』とは

ベルナール・エシャスリオーの小説『ビル・ダブレの日曜日』を基に、戦争で記憶を失った青年と孤独な少女が出会い、互いに想い合う純愛ストーリー。アカデミー外国語映画賞、ヴェネツィア国際映画祭で特別賞を受賞した。監督と脚本のセルジュ・ブールギニョンは、本作が長編映画デビューであった。ふたりの心情を美しく映し出すモノクロの映像、撮影は『大人は判ってくれない』、『恐るべき子供たち』など数々の名作を手掛けた名匠アンリ・ドカエ。音楽は、『史上最大の作戦』『アラビアのロレンス』のモーリス・ジャール。

『シベールの日曜日』のあらすじ

第1次インドシナ戦争後、その影響で記憶を失った青年、ピエールは、看護婦のマドレーヌと一緒に暮らしていた。そんなある時、ふとしたことがきっかけで、両親をなくし天涯孤独の身の上で、寄宿学校に入っている少女・フランソワーズに出会う。マドレーヌが出かけて家に居ない日曜日だけ、森の中に遊びに行く二人。他の人たちとは分かち合うことのできない孤独も、この相手となら共有することができた。特別な感情を抱き、想い合う2人。しかしその純粋な心とは裏腹に、年の離れた男女の仲睦まじい姿は、周囲から歓迎されるものではなかった......。

『シベールの日曜日』のスタッフ・キャスト

『シベールの日曜日』の感想・評価・ネタバレ

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 4 2015年5月15日

    純真無垢ゆえの残酷さと言えばいいのか。。純真と残酷は表裏一体、そう思わざるをえない。そして結末は切なく歯がゆく、やりきれない。 戦争による記憶喪失と後遺症で子供に返ってしまったような男ピエールと、親に捨てられた孤独感から たまたまそばにいた優しい大人の男性に対して子供心に恋愛感情を抱く少女シベール。何の計算や悪意もないはずの少女の口から出る言葉は、ピエール側の目線で見ると”男を惑わす魔性の女” のそれに他ならない。クリクリした目の愛らしい容姿も魔性度を助長する。か弱そうでいて、ほんとは全て計算づくの行動なんじゃないかと思わせるつかみどころのない危うい魅力。。 水面の波紋やガラス越しの風景など映像も印象的。モノクロのアート写真集を思わせるシーンがいくつもあった。 シンプルながら子役の魅力と映像の美しさで 印象深い映画ですが、私は主役の二人ではなく看護婦彼女のマドレーヌに感情移入してしまったため、哀しみ、持って行き場のない怒り、虚無感、そういったものが入り乱れた鑑賞後感となりました。 この子役パトリシア・ゴッジはわずか数作の映画出演の後、20歳になる頃には映画界を去ったようですが、12歳にしてこの容姿と演技力。そのまま続けていたらどんな女優になっていたんだろうか。大人の女優としての彼女を見てみたかった。

  • 吉岡大輔
    吉岡大輔 4 2014年10月23日

    2012/11/24 Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray(再見)

  • Katsuhiko_Miyata
    Katsuhiko_Miyata 5 2014年10月4日

    子役が印象に残る映画と言えば「蜜蜂のささやき」とこの映画が真っ先に思い付く。シュルレアリスムの第一人者巖谷國士さんが書いた「映画幻想の季節」で映画史上5本の指に入る子役だと語っているがほんとその通りだと思う。 ベトナムの戦場で記憶喪失になった病気の青年ピエールが、夜のヴィル・ダウレー駅で幼い少女と出会う。父親に捨てられ、町の修道院学校に寄宿させられた少女フランソワーズは外出を許された毎週日曜日にだけピエールと会う日々を過ごすようになるのだった・・ 「レオン」、「グロリア」の原点と言えるこの映画にはどの映画よりも純粋な愛が存在する。上記の映画が好きな方ならぜひ、観てもらいたい映画だ。

『シベールの日曜日』に関連する作品