カリガリ博士
カリガリ博士
Das Kabinett Des Doktor Caligari
1919年製作 ドイツ 73分 1921年5月14日上映
rating 3.9 3.9
19 10

『カリガリ博士』の感想・評価・ネタバレ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 7日前

    2019/07/10 Amazon prime

  • minako-n
    minako-n 0 2018年3月5日

    ドイツ表現主義の最高傑作なので、文化構想するような勉強してるなら観ておこうと思った。半ば教養のような感じで観たけど 面白かった

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年8月16日

    ドイツ表現主義と言われるのでしょう、世界で最初のホラー映画だとも言われている本作をホラー映画好きを自称している身としては避けて通れませんでした。しかしこれがかなり面白い。 映像の前衛さにはこの時代に鑑賞しても遜色ありません。歪んだ背景、白黒だが伝わってくる陰影、キャラクターのメイクに至るまでハッとさせられます。カリガリ!カリガリ!と文字になってるところよかったですね。視覚的にはとりあえずの満足をしたので、これ以上の期待をせぬまま鑑賞したら、まさかのどんでん返し。最古のどんでん返しじゃないですかね、あれ。びっくりしました。伏線も張られており、とってつけたようなものではありません。脚本のクオリティも高く、現代の映画を半分近く駆逐できるんじゃないでしょうか。期待しすぎるとアレですが、勉強だと思って力を入れて鑑賞すれば満足を超える映画でした。

  • Erika  Yanagi
    Erika Yanagi 4 2014年7月20日

    古ーい映画で、おそらく表現上の都合で仕方なくな演出のはずなんだけど、逆になのか今も新しい。基本的に古い映画苦手なんですけど、終始流れるクラッシック音楽の心地よさも合い間ってモノクロでシュールな世界を楽しめました。

  • 映画記録用(ネタバレ有り)
    映画記録用(ネタバレ有り) 5 2014年3月9日

    DVD セット、ストーリー、演出全てが素晴らしい。 セットはデッサンが崩れ不安定で奇怪な作りになっており、役者のオーバーな演技は非日常感をさらに引き立たせる。 そして何よりも手書きの文字で画面上に次々に書きなぐられる文字は精神的に追い詰められていく様子がびしびしと伝わり、鳥肌もののシーンだった。

  • aimi

    1920年 ドイツ映画 ストーリーが複雑ですごい面白かった。 最後の最後で全ての謎が解ける感じ。 観る前に先にWikiであらすじを読んでしまったのが悔やまれるけど・・・ なんだか薄ら寒い終わり方。 とりあえずメイクが怖い。

  • polo1026
    polo1026 0 2013年11月7日

    ドイツの古典映画の中でもかなり有名な作品だそうで、観て納得。 1918年公開の映画なのに古臭さが一切ない。 最近撮ったと言われても疑問を抱かないであろうと思われるほど、前衛的でかなり風変わりなセットやストーリーの展開。 終始、ぞくぞくするような不気味な歪んだ風景と妖しい登場人物たち。 サイレント映画でここまで独特雰囲気が創り上げられてるものは初めて鑑賞しました。 ラストまでこわい! あんまりストーリーの予備知識なく観る方が衝撃が大きいと思います。

  • tmmyon

    1920年のドイツのサイレント映画。 ドイツ表現主義の映画では一番古いらしい…ってドイツ表現主義ってなんなんだ。 終始クラシックが流れてるので、眠くなったことは否定しないが、本当にすごい。 舞台セットとか演技(特に表情)が声と色がないぶん、オーバーだし眼力が迫力ある。 この映画に影響を受けたのは、ヒッチコック、溝口健二など…

  • 錆犬

    2018/09/26 YouTube 再見