男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

1980年製作 日本 100分 1980年12月27日上映
rating 3.1 3.1
5 0

『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』とは

映画シリーズ第26作目の本作は、寅次郎たちが寅次郎の亡くなった仲間の娘の世話をする心温まる物語である。製作は前作と同じレギュラースタッフが手掛ける。本作で、さくら夫婦は遂に念願のマイホームを購入する。今回のマドンナ役は、国民的アイドル元キャンディーズの伊藤蘭が好演。そして、高校の先生役で2代目“おいちゃん”の松村達雄が再登場する。また、『思えば遠くへ来たもんだ』(1980年)で映画デビューを果たした村田雄浩をゲストに迎える。

『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』のあらすじ

「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は北海道で仲間の常が病死したことを知り、墓参りに常の故郷である奥尻島に向かう。そこで、寅次郎は偶然常の一人娘のすみれ(伊藤蘭)と出会う。そして、東京で働きながら勉強をしたいと語るすみれを連れて、寅次郎は故郷・葛飾柴又に戻るのであった。事情を聞き、妹のさくら(倍賞美津子)をはじめ「とらや」の皆はすみれを応援する事となる。すみれは「とらや」に住み込み、仕事と学業に励んでいた。しかし、ある日すみれが夜になってもすみれは帰って来ない。朝、帰ってきたすみれは迷惑をかけたことを謝ると、北海道からやってきた恋人の菊地貞夫(村田雄浩)と結婚することを報告するのであった......。

『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』の感想・評価・ネタバレ

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 4 2014年4月27日

    シリーズ中でも出色の出来だと思います。 伊藤蘭が通う定時制高校の先生、名優松村達雄さんの朗読する、浜口国雄の詩「便所掃除」が素晴らしい。 生徒役で田中美佐子が出てますが(科白なし)、美しくて1人光ってます。

『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』に関連する作品