エアベンダー

エアベンダー

The Last Airbender
2010年製作 アメリカ 124分 2010年7月17日上映
rating 2.1 2.1
47 1

『エアベンダー』とは

『シックス・センス』でデビューを飾り、その後も『アンブレイカブル』『サイン』など排出しているM・ナイト・シャマラン監督。全ての作品をオリジナル脚本で手がけてきた彼が、初めて原作付きの作品を映画化。 かつて火・水・地・気の4つのエレメントで成り立っていた世界で、救世主となるべく生を受けた少年の成長を描く。主演のノア・リンガーは実際にテコンドーの黒帯保持者で、本作のアクションでその実力を遺憾なく発揮している。共演に『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。

『エアベンダー』のあらすじ

かつて気・水・土・火の4つの王国で成り立っていた世界。それぞれの国には、各々のエレメントを操る「ベンダー」が存在していた。更に4つのエレメント全てを操れる救世主「アバター」が、それぞれの国から順番に誕生していた。気の国で生を受けた少年アンは、アバター、即ちエアベンダーであったが、その重責に耐えられず、逃げ出してしまう。そのまま氷の中に閉じ込められてしまうアンだったが、同じ頃、火の国が叛乱を起こし、世界の秩序は崩壊、気の国が消滅してしまう。それから100年後、水の国の兄妹、カタラとサカによって見つけ出されたのは、氷の中で生き続けていたアンだった。

『エアベンダー』のスタッフ・キャスト

『エアベンダー』の感想・評価・ネタバレ

『エアベンダー』に関連する作品